週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スポンサー広告 > モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズHOME > ま~も > モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ 
2015年11月03日 (火) | EDIT |
 第28回東京国際映画祭にて鑑賞
モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズモンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ/UN MONSTRUO DE MIL CABEZAS
2015年/メキシコ/75分
監督: ロドリゴ・プラ
出演: ジャナ・ラルイ/セバスティアン・アギーレ・ボエダ/エミリオ・エチェバリア/ウーゴ・アルボレス/ノラ・ウエルタ

ソニア・ボネは、ガンで苦しむ夫に新しい治療を受けさせたいと、新薬の処方を認めてもらえうよう保険会社に申請していたが、却下され、そして夫の病状は悪化の一途をたどっていた。業を煮やしたソニアは、高校生の息子ダリオを連れ、保険会社の調整担当ヴィジャル医師に会いに行く。ソニアが来ていると知ったヴィジャルは逃げるように帰宅し、ソニアはヴィジャルの自宅まで後を付けて夫の検査結果を渡し、見て欲しいと頼み込む。ヴィジャルが来週書類を見ると追い返しにかかると、ソニアはそれでは間に合わないと銃を出して彼を脅す。ヴィジャルは、会社の方針で一定数以外は許可しないことになっており、許可の権限があるのはCEOのサンドバルと人事課ピエトロだと告げると、ソニアはサンドバルらの居場所を聞き出し、彼に会いに行く。しかし、サンドバルらと話をするうちに、ソニアはピエトロを撃ってしまい…


TIFFコンペティション3作目、これで最後。記事が追い付かなーい
すっごいテンポいいな!と思ったら、これも75分。でも説明不足なところもなく、どうしてこういうことに至ったかという経緯もわかるし、コンパクトに上手くまとめられているなという印象。
全て終わった後の裁判の証言によって、回想という形で語られるのも面白いと思いました。

保険料を払っていても肝心な時に使えないんじゃ、どうして!? となるのも無理はない。しかも明確に理由は示されず、挙句の果てには、調査担当は申請却下すると報奨金を得られるなんて聞くとねえ…。「シッコ」とか観ていて知ってはいたけど、やっぱり日本とは保険の制度も全然違うんだなあということが良くわかった。
ソニアは別にお金の困っている訳でもない、ひたすら夫を何とかしたいだけという思いが動機というところが身につまされる。
最初は息子も暴走する母親を止めていたけど、だんだん母ちゃんを守らなきゃ!という感じに成長する(というのも語弊があるかもしれないが)感じも良かったな。

カメラが正面を外していたりとか、ガラス越しとか、変わった撮り方が多くて、カメラワークもちょっと面白かったです。

評価:★★★☆(3.5)
個人的には、こういう普通の人がやむにやまれず犯罪に手を染めてドツボにハマっていく系が好きなので、楽しめました。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:ロドリゴ・プラ ジャナ・ラルイ セバスティアン・アギーレ・ボエダ エミリオ・エチェバリア ウーゴ・アルボレス ノラ・ウエルタ 第28回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんにちは!
こんにちは。
ソニアだったんだ…!ヒロインの名前…!ずっとモニカだと思っていました。自ブログ直します…。
それは置いておいて、カメラワークについては恐らく、色んな人の視点というものを表現したかったからこのようになったのではないかと思います。
息子の目には母の行動はどう映ったのでしょうかしらね。
2015年12月02日(水) 12:32 |   | ここなつ #/qX1gsKM[ EDIT]
ここなつさん
コメントありがとうございますv-411

> ソニアだったんだ…!ヒロインの名前…!ずっとモニカだと思っていました。自ブログ直します…。

記憶は定かじゃないですが、メモ取っていたのでたぶん。

> それは置いておいて、カメラワークについては恐らく、色んな人の視点というものを表現したかったからこのようになったのではないかと思います。
> 息子の目には母の行動はどう映ったのでしょうかしらね。

最後のひざまくらのシーンが印象的でした。
暴走しちゃったけれど、元々、夫を助けたいというところから来ている訳ですしね。
理解していると思いますよ。
2015年12月03日(木) 19:46 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
29日のことですが、映画「モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ」を鑑賞しました。 TIFF、4本目 在宅介護していた夫の容体が急変、妻は主治医に連絡を取ろうとするが取り合ってくれず どうにかしようと妻は息子を連れて主治医を尾行し自宅へ押しかけるが・・・ なん...
2015年11月21日(土) 17:03:08 |  笑う社会人の生活
コンペティション作品。メキシコ映画である。メキシコの社会状況を鋭く描写した作品。だが、よくハリウッド映画でテーマに選ばれるような移民問題とか麻薬問題とかの話ではない。ある意味もっと性質が悪いかもしれない。 ある家庭に医者が往診している。病人はその家の主。妻モニカと高校三年生の息子ダリオが見守る中、かなり衰弱しているようだ。痛みを訴える夫。「先生見ましたか?大袈裟に痛がれば息子はキスしてくれる...
2015年12月01日(火) 13:51:35 |  ここなつ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。