FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > ヒトラー~最期の12日間~
ヒトラー~最期の12日間~ 
2005年08月17日 (水) | EDIT |
ヒトラー~最期の12日間~ヒトラー~最期の12日間~/DER UNTERGANG
2004年/ドイツ/155分
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演: ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ/ウルリッヒ・マテス
公開: 2005年07月09日

1942年のある夜、若い女性数人が森を走り抜けてゆく。たどり着いた先は、通称「狼の巣」と呼ばれる東プロイセン司令本部。そこでは今から、ドイツ総統たるアドルフ・ヒトラーの個人秘書採用面接が行われるところだった。そこで個人秘書として採用されたユンゲの目を通して描かれる、ヒトラーとその側近たちの最期の12日間。そこにいたのは狂信的な独裁者でもなく怪物でもなく、死を目前にしたただの老人だった…


「ヒトラーや戦争を美化しすぎている」という批判もあるらしい。確かにそれも一理あるけれど、それを置いておいても見応えのある映画だと思う。
ユンゲ本人のインタビューが最初と最後に流れるのだけど、彼女は当時、ユダヤ人殺戮などの事実を知らなかったそうだ。知らなかったというか知らされていなかったんだろうね、彼女に限らず。
そして日本でも同じことはあっただろうし、きっとどこの国でもあることなんだろう。
知らなかった、若かっただけでは済まされない、後悔しているとユンゲは語っていて、この最後のインタビューが入ることで、「ヒトラーや戦争を美化している」風にはなっていなかったと思うけどね。

原題は「DER UNTERGANG」で、没落や破滅などの意味だそう。素直に訳した方が良かったような…
ヒトラーが死んだ後も映画は続いてる訳だし、まさにドイツの終焉という感じの描き方だと思うので。邦題の付け方って難しいね。

評価;★★★★★(5.0)
かなり見応えありました。オススメ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/10)
ブルーノ・ガンツアレクサンドラ・マリア・ララ
商品詳細を見る

ヒトラー~最期の12日間~エクステンデッド・エディション<終極BOX> [DVD]ヒトラー~最期の12日間~エクステンデッド・エディション<終極BOX> [DVD]
(2006/11/10)
ブルーノ・ガンツアレクサンドラ・マリア・ララ
商品詳細を見る

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション [DVD]ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション [DVD]
(2006/01/14)
ブルーノ・ガンツアレクサンドラ・マリア・ララ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演者:ブルーノ・ガンツ、 アレクサンドラ・マリア・ララ、 コリンナ・ハルフォーフ、 ウルリッヒ・マテス
収録時間:176分
レンタル開始日:2006-11-09

Story
歴史的衝撃作『ヒトラー~最期の12日間~』に20分の未公開シーンを追加したロングバージョン。ヒトラーの死に対する“答え”やヒトラーユーゲントを軸にした凄惨なベルリン攻防戦などエピソードを多数追加し、第三帝国の陥落をよりリアルに描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ヒトラー ~最期の12日間~ エクステンデッド・エディションヒトラー ~最期の12日間~ エクステンデッド・エディションヒトラー ~最期の12日間~ エクステンデッド・エディションヒトラー ~最期の12日間~ エクステンデッド・エディション

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴァー・ヒルシュビーゲル ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ララ コリンナ・ハルフォーフ ウルリッヒ・マテス 第74回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック