週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ヒトラー暗殺、13分の誤算HOME > は~ほ・う゛ > ヒトラー暗殺、13分の誤算
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ヒトラー暗殺、13分の誤算 
2015年11月14日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
ヒトラー暗殺、13分の誤算ヒトラー暗殺、13分の誤算/ELSER
2015年/ドイツ/114分
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演: クリスティアン・フリーデル/カタリーナ・シュットラー/ブルクハルト・クラウスナー/ヨハン・フォン・ビューロー
公式サイト
公開: 2015年10月16日

1939年11月08日、ドイツとスイスとの国境で、不審な行動をしていたヨハン・ゲオルク・エルザーという男が逮捕される。その頃、ヒトラーが恒例の演説をしていたミュンヘンのビアホール“ビュルガーブロイケラー”で爆発が起き、悪天候のためヒトラーは爆発の13分前にホールを後にしていたものの、巻き込まれた一般人が8人死亡する。ビアホールの常連であり、所持品の中から設計図が見つかったエルザーは、ヒトラー暗殺未遂事件の犯人として、刑事警察局長アルトゥール・ネーベと秘密国家警察(ゲシュタポ)局長ハインリヒ・ミュラーから取り調べを受けることになる。過酷な取り調べを受けてもエルザーは黙秘を続けていたが、家族や婚約者のエルザを盾に取られ、漸く単独犯であることを自白する。しかし、これだけな大がかりな計画を単独で出来る訳がないと睨むヒトラーの意を受け、黒幕を白状させようと、更に厳しい取り調べが続くが―――――


ミケランジェロ・プロジェクト」とはしごしていたんですが…ははは、記事にするのがちょっと遅くなってしまいました。
ヒトラー暗殺未遂事件が数多くあったということは、「ワルキューレ」を観た時に調べて知ったんだけど、その中でも、これは政治的な背景がある訳ではなく、個人が企てた暗殺未遂事件ということで、異色だよね。
観る前は何となくサスペンスなのかなあと思っていたんですが、サスペンスとはちょっと違いますね。ヨハン・ゲオルク・エルザーという人が、何を考えて、どうしてこういうことをするに至ったのかという背景を知る映画という感じ。

エルザーが過酷な取り調べ(というか拷問 )を受けながら、回想する形で彼の過去が流れるんですが、本当に、音楽に親しみ、暴力を嫌い、自由を愛するごくごく普通の青年。というより、どちらかというと人妻に手を出したり、ダメ寄り?(笑) その普通の青年が、1939年の時点で、こいつはヤバい、このままではドイツはおかしくなってしまうと判断して、個人の考えのみでヒトラー暗殺を企てたということに意味があると思う。
偶然、ヒトラーは予定よりも早く演説を切り上げたせいで、暗殺は成らなかった訳だけど、これも運命ということかなぁ。「自分の考えが正しければ暗殺は成功したはず。失敗したのは考えが間違っていたから」というエルザーの台詞がずしんときました。
この時エルザーを取り調べたネーベは、後にヒトラー暗殺に加担して処刑されるというのも、運命の皮肉というか…
結局、エルザーはダッハウに送られた訳ですが、あと半月解放が早ければ…と思わずにいられない。

しかし、エルザーママも略奪婚、エルザも略奪婚でDV旦那と結婚し、エルザーと不倫とか、どんだけ乱れてるんだこの村 (;・∀・) とか思っちゃった(笑)

主役のクリスティアン・フリーデルと、ネーベ役のブルクハルト・クラウスナー、ミュラー役のヨハン・フォン・ビューローも良かったです。

評価:★★★☆(3.5)
思っていたのとちょっと違ったけど、良かったです。派手な展開がある訳ではありませんが、娯楽作ではないので、こういう方が個人的には好きかな。
何だかここのところ、意図的ではないんですけど、ナチスものづいているなー


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演者:クリスティアン・フリーデル、 カタリーナ・シュットラー、 ブルクハルト・クラウスナー、 ヨハン・フォン・ビュロー
収録時間:114分
レンタル開始日:2016-05-03

Story
『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督による実話サスペンス。1939年11月8日。ミュンヘンで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早くその場を切り上げた。その13分後、会場に仕掛けられた時限爆弾が爆発し…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ヒトラー暗殺、13分の誤算ヒトラー暗殺、13分の誤算ヒトラー暗殺、13分の誤算ヒトラー暗殺、13分の誤算

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴァー・ヒルシュビーゲル クリスティアン・フリーデル カタリーナ・シュットラー ブルクハルト・クラウスナー ヨハン・フォン・ビューロー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もし成功していたら... 公式サイト http://13minutes.gaga.ne.jp10月16日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー ~最期の12日間~」 「インベージョン
2015年11月16日 (月) 08:55:52 |  風に吹かれて
何か思ってたのと違った。
2015年11月21日 (土) 23:44:35 |  だらだら無気力ブログ!
「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督が、1939年11月8日にミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実の物語に迫るドラマ。主演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、共演にカタリーナ・シュットラー、ブルクハル...
2015年12月22日 (火) 17:57:08 |  パピとママ映画のblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。