週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スポンサー広告 > 母と暮せばHOME > は~ほ・う゛ > 母と暮せば
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
母と暮せば 
2015年11月21日 (土) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
母と暮せば母と暮せば
2015年/日本/130分
監督: 山田洋次
出演: 吉永小百合/二宮和也/黒木華/浅野忠信/加藤健一
公式サイト
公開: 2015年12月12日

長崎で助産婦として暮らしている福原伸子は、1945年08月09日、原爆で長崎医科大学に通っていた息子の浩二を亡くす。既に夫と上の息子も亡くしていた伸子は天涯孤独となり、浩二の恋人だった佐多町子が頻繁に訪れ、世話を焼いてくれることをありがたく思っていた。浩二の遺体は見つからなかったため、伸子は浩二の生存を諦めきれずにいたが、3年が経って漸く息子の死を受け入れる気持ちになっていた。そんなある日、伸子の前にひょっこり浩二の幽霊が現れる。それ以来、浩司は時々伸子の前に現れるようになり、伸子は浩二が生きていた頃と変わらず、2人で色々な話をするようになるが―――――


最初にタイトル聞いた時、パクリかと思ったんですよね(笑) そもそも、井上ひさしに「父と暮せば」と対になる、長崎を舞台にした作品の構想があったそうで、そこからインスピレーションを得て山田洋次が脚本を書いたそうな。
父と暮せば」がすっごく良かったので、対になる作品ということで期待しすぎたのかもしれない。それにしても、ちょっとどうかと思う内容でした。
父と暮せば」は、生き残った自分を責めている娘に対して、未来を向いて生きるように父親の幽霊が励ますという展開なので、こちらも死んだ息子が母親を励ます話なのかと思ったら、全然違った。「父と暮せば」は、遺された者は死んだ者の命を継いでいくというところがテーマだと思うのだけど、こっちはテーマがいまいちわからない。
町子のエピソードは「父と暮せば」から引っ張ったものですが(死んだ友人の母親に責められたというのもあった気がする)、全体から見るとこれはオマケみたいなもんで、基本、母親と息子の幽霊のぐだぐだ思い出話。またこれが長いんだ。一瞬眠気に襲われました。
父と暮せば」は4日間の出来事なんですが、浩二は夏に初めて出てきて、秋になっても出てくるし、年末にもまだいるし、っていうかお前いつまでいるの? って思った。挙句の果てには、弱った母を連れて行っちゃった。そりゃ母親としては息子と一緒にいられるので、本望かもしれないけどさあ…

それ以外にも、余計なエピソードが多すぎる気がする。戦死した長男が夢枕に立ったシーンはホラーかと思った。あれいらないでしょ。
町子が民子に付き添って復員局に行くシーンで、父親の死を聞いた民子が、祖父に泣いてはいけないと言われて堪えているのに、なんでお前が泣くの? お祖父さんには黙っててあげるから、ここでは泣いてもいいんだよと言ってあげられないのか。このシーン自体いらないなあと思った。ま、そうすると本田望結の出番ないけど(笑)

ストーリー展開だけではなく、演出も肌に合わなかった。詳しく知っている訳ではないけれど、町の様子も、原爆投下から3年後には見えなかったなあ。
浩二が幽霊ということを表そうとしているのか、浩二が持ったレコード が宙に浮いていたりするのもダメだったけど、ラストの葬儀から合唱の件は ( ゚Д゚)ポカーン でした。何じゃあれ。

キャスティングに文句はないんですが…
さすが永遠の17歳、ニノは学ランが似合う(笑)
浅野忠信が出ているのは、「父と暮せば」に出ているので敢えてキャスティングしたんだろうな。役どころとしては同じだし。浅野忠信演じる黒田が、町子に連れられて福原家に挨拶に来るシーンでは、 (;_;) ホロリとしました。あそこくらいかな。

評価:★(1.0)
井上ひさしが書いていたら、絶対にこうはならなかっただろうなと思えてならない。役者は良かっただけに、非常に残念です。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

   

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:山田洋次
出演者:吉永小百合、 二宮和也、 黒木華、 浅野忠信、 加藤健一、 広岡由里子、 本田望結、 小林稔侍、 辻萬長、 橋爪功
収録時間:130分
レンタル開始日:2016-06-15

Story
山田洋次監督・脚本、吉永小百合、二宮和也主演で贈る母と息子の愛情を描くドラマ。1948年の長崎で助産婦をして暮らす伸子。彼女の前に3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二が現れる。その日から浩二は度々伸子の前に姿を見せるようになり…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
母と暮せば母と暮せば母と暮せば (ブルーレイディスク)母と暮せば (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:山田洋次 吉永小百合 二宮和也 黒木華 浅野忠信 加藤健一 本田望結 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
映画で・・・
キスシーンはありましたか??
2015年11月23日(月) 11:12 |   | リーザス #-[ EDIT]
リーザスさん
コメントありがとうございますv-411

> キスシーンはありましたか??

ご自分でご覧になって確認された方が良いと思いますよ。
2015年11月23日(月) 19:30 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
教えていただけませんか?
先に知っておきたいんです。
あった場合に、あると知らずに行ってショックを受けるのは嫌なので。
2015年11月23日(月) 19:34 |   | リーザス #NNZ72WTo[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画『母と暮せば』を試写会で観ました。予告編や山田洋次監督密着のメイキング・ドキ
2015年12月04日(金) 00:00:41 |  大江戸時夫の東京温度
1948年8月9日。 長崎で助産婦をしている伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。 その後、浩二は時々伸子の前に現れ、二人はたくさんの話をするようになった。 一番の関心は浩二の恋人・町子のこと。 「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。 そんなふたりの時間は、永遠に続くように見えたが…。 ヒューマンドラマ。
2015年12月07日(月) 18:17:47 |  象のロケット
まるで吉永小百合による朗読の再現劇。  
2015年12月12日(土) 17:43:58 |  Akira's VOICE
「おとうと」「小さいおうち」の山田洋次監督が、吉永小百合と二宮和也を主演に迎えて贈るヒューマン・ファンタジー・ドラマ。戦後の広島を舞台にした父と娘の物語『父と暮せば』を手がけた井上ひさしが生前に構想していた長崎が舞台の物語というアイデアを山田監督が受け...
2015年12月12日(土) 23:18:04 |  パピとママ映画のblog
母と暮せば@一ツ橋ホール
2015年12月15日(火) 12:25:54 |  あーうぃ だにぇっと
戦争で生き残った遺族の生き辛さを表現している物語だ。色々なエピソードが登場するけど、息子の言葉は母の心の葛藤なのだ。子供が父の消息を尋ねるシーンが感動的だった。あれが未来に向かう本来の姿だ。
2015年12月16日(水) 23:30:36 |  とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
映画「母と暮せば」を鑑賞しました。
2015年12月23日(水) 18:54:47 |  FREE TIME
『母と暮せば』監督 : 山田洋次音楽 : 坂本龍一出演 : 吉永小百合、二宮和也黒木華、浅野忠信、他 物語・1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに3年前に原爆で失ったは
2016年01月14日(木) 12:48:42 |  映画雑記・COLOR of CINEMA
母と暮せば 長崎に落とされた原爆で亡くなった筈の息子の亡霊が、 3年ぶりに母親の前に現われて、婚約者の行く末を案じる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 構想:井上ひさし
2017年01月22日(日) 15:03:38 |  cinema-days 映画な日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。