週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 黄金のアデーレ 名画の帰還HOME > あ~お > 黄金のアデーレ 名画の帰還
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


黄金のアデーレ 名画の帰還 
2015年11月22日 (日) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
黄金のアデーレ 名画の帰還黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD
2015年/アメリカ、イギリス/109分
監督: サイモン・カーティス
出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー
公式サイト
公開: 2015年11月27日

1998年、LAに住むユダヤ人のマリア・アルトマンは、亡くなった姉ルイーザの遺品の中から、戦時中にナチスがウィーンの自宅から奪っていったクリムトの絵画“黄金の女”の返還を求めて、弁護士とやり取りしていた手紙を見つける。マリアが家族とウィーンに住んでいた頃、自宅には、伯父フェルディナント・ブロッホ=バウアーが妻アデーレをモデルにクリムトに描かせた肖像画が飾られていた。やがてナチスが台頭しユダヤ人への迫害が始まるようになり、マリアの自宅にあった数々の美術品や宝飾品はナチスに奪われてしまい、その中にはアデーレの肖像画もあった。そして絵画は現在、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿にある美術館に収められていた。マリアは姉の遺志を受け継ぎ、アデーレの肖像画を取り戻すため、友人の息子であるランディ・シェーンベルク弁護士に力を貸して欲しいと頼む。ランディは始めは渋っていたものの、“黄金の女”の価値を知り、引き受けることに。オーストリア政府はナチスに奪われた財産を持ち主に返還する美術品返還審問会を行っており、ランディは嫌がるマリアを説き伏せ、2人でウィーンへやってくる。アデーレは美術館への寄贈を遺言していたが、その遺言の所在が不明だったため、ランディとマリアは、現地の記者フベルトゥス・チェルニンの協力を得て、アデーレの遺言状を探し出す。遺言状からは、正当な所有者はマリアであることが示し出され、これを元に2人は審問会へ絵画の返還を訴える。しかし、これ程の名画をオーストリア政府が手放すはずはなく、訴えは却下されてしまう―――――


試写が当たりましたので、行ってきました。最近、意図している訳ではないのですが、ナチスものが続いております。
実話が元になっているため、もちろん調べればどうなったかはわかるけど、それにしても邦題でネタバレするってどうなの? (-_-;) まぁ、そういう意味ではオチはわかっているので、安心して観ることができるとも言えるけど。

美術品返還審問会なんてやっているんですねえ。まぁ、確たる証拠があるのに却下するってことは、パフォーマンスなんでしょうけど。
予告でも流れているけど、マリアの審問会でのスピーチは、ぐっときます。奪われてしまった自分の人生、家族、それは取り戻せないから、せめて思い出だけでも取り戻したい、それがあの画だと。
画の名前も変えられてしまったというのも酷いよなあ。今は“アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I”となっているようですが、IIもあるんですね。IIはオーストリアにあるようですが、こちらはマリアの所有じゃなかったということなのかな。

最初は金目当てだけだったランディが、実際にオーストリアに行って、変わってくる心理がすごく伝わってきた。だって、ランディにもルーツなんだもんね。もう金のためじゃなくなってきている。自分の思いも重なって、ランディは暴走してしまうけれど、それに応えるために、自分のトラウマを乗り越えてマリアもオーストリアにやってくるシーンはじーんとしました。

フベルトゥスは、協力してはいるけど、「絶対無理だ」とか言ったりして、ちょっとキャラがブレているなあという印象。父親がナチスに関わっていることで、贖罪をしようとしていることが最後にわかるけど、「顔のないヒトラーたち」のトーマスに比べて中途半端。これくらいの描き方なら、別にいなくても良かった気がするよ。

マリアが亡命するために逃げるシーンは緊迫感ありました。マリアは無事に逃げられたのはわかっているけれど、現在のマリアが独り身で、夫と離ればなれになるのかと思っていたので。

ヘレン・ミレンは上品なお婆ちゃん役がぴったり。ランディを振り回す様は、「あなたを抱きしめる日まで」のフィロミナを思い出しましたが。
ダニエル・ブリュール、久しぶりに観ましたが、ちょっと勿体ない使い方でした (´・ω・`)ショボーン

評価:★★★(3.0)
邦題でネタバレしてなきゃ、もうちょっと見方も違っただろうけど、悪くないです。109分なので、無駄なくサクサク進むし。
“アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I”は、今もNYのノイエ・ギャラリーで常時観られるようになっているとのこと。いつか観に行ってみたいです。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:サイモン・カーティス ヘレン・ミレン ライアン・レイノルズ ダニエル・ブリュール ケイティ・ホームズ タチアナ・マズラニー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
お早うございます。
今朝、ネットで調べてようやく分かったのですが(注)、ジャーナリストのフベルトゥス・チェルニンは、実際には、本作で取り扱われている件で大きな働きをしたようです(言われてみれば、ドイツ語の読めないランディがウィーンで資料探しなんてできませんし)。
でも、映画でそのように描けば、焦点がボケてしまうと制作側は考えたのかもしれません。
元々娯楽映画なのですから事実通りに描く必要はないとはいえ、おっしゃるように、「これくらいの描き方なら、別にいなくても良かった気」がします(何しろ、『ラッシュ』のダニエル・ブリュールですから、「ちょっと勿体ない使い方」です!)
なお、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ」も「Ⅰ」と同時にマリア側に返還され、オークションの際に「Ⅰ」とは別の人に落札され、今はニューヨーク近代美術館(MOMA)に寄託されているとのことです。

(注)「舞台はウィーン」というブログの「映画「黄金のアデーレ」の嘘」を始めとするクリムト関連の記事をお読みください(http://wienok.blog119.fc2.com/blog-entry-1883.html)。
2015年12月09日 (水) 06:51 |   | クマネズミ #nmxoCd6A[ EDIT]
クマネズミさん
コメントありがとうございます

>ジャーナリストのフベルトゥス・チェルニンは、実際には、本作で取り扱われている件で大きな働きをしたようです

へえ、そうなんですね。
それならもう少し活躍させても良かったと思いますが…

>なお、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ」も「Ⅰ」と同時にマリア側に返還され、オークションの際に「Ⅰ」とは別の人に落札され、今はニューヨーク近代美術館(MOMA)に寄託されているとのことです。

なるほど、じゃあちゃんと返還されて、どちらも見ることが出来るんですね。
いつか本物を見てみたいですねえ…
2015年12月10日 (木) 08:28 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで
2015年11月24日 (火) 14:58:56 |  風に吹かれて
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...
2015年11月26日 (木) 00:43:35 |  まぜごはん
1998年、アメリカ・ロサンゼルス。 小さなブティックを経営するユダヤ人女性、マリア・アルトマンは82歳。 彼女は故郷のオーストラリア政府に、ナチスに没収された伯母の肖像画の返還を求めようとしていた。 それは評価額約1億ドル(100億円)以上と言われるクリムトの名画。 返還は不可能と思われたが、マリアは友人の息子で弁護士のランディ・シェーンベルクに訴訟を依頼することに…。 実話から生まれたヒ...
2015年11月26日 (木) 14:18:54 |  象のロケット
評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
2015年11月28日 (土) 20:03:30 |  映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
クリムトの有名な名画を巡る実話をヘレン・ミレン主演で映画化したドラマです。 予告編を観て、1枚の絵の運命はどうなるのだろうと気になっていました。 第二次世界大戦でオーストリアを狂気に包んだ戦争の酷さと主人公の人生が胸を打つような作品でした。
2015年11月29日 (日) 14:02:45 |  とりあえず、コメントです
【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸...
2015年11月29日 (日) 22:49:02 |  ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
モデルになった叔母との記憶やナチスから逃れる様子が時節表現されており、重厚なドラマになっている。過去の歴史を清算しつつ未来へ向けての素晴らしいメッセージになっている。演技、脚本、美術、演出、音楽すべての面で最高の評価を与えたい。間違いなく今年の洋画ベスト
2015年11月30日 (月) 23:19:07 |  とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...
2015年12月01日 (火) 22:38:03 |  パピとママ映画のblog
↑アホでもわかるやん、全部ネタバレしてどないしますねん。(爆) ま〜実話なんですから、ネタバレとかいうもんでもないのでしょうけど。 そもそも主人公マリアのおばさまが肖像画を書かせた相手がクリムトだったってのが スゲーなそれって、そんなとこから感動してた...
2015年12月04日 (金) 11:04:17 |  ペパーミントの魔術師
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...
2015年12月05日 (土) 06:39:14 |  映画的・絵画的・音楽的
画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした...
2015年12月12日 (土) 17:30:00 |  勝手に映画評
3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。
2015年12月12日 (土) 23:14:23 |  だらだら無気力ブログ!
黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
2015年12月20日 (日) 09:20:00 |  あーうぃ だにぇっと
長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」(写真:左) 世紀末美術のひとつとして有名なこの名画は、戦争に翻弄された。オーストリアで成功していた裕福なユダヤ人家族がその名画を所有していた。(アデーレ・ブロッホ=バウアーは、家族の親戚にあたる) ところが時代が第2次世界大戦に...
2016年06月16日 (木) 01:56:09 |  日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。