週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ら~ろ > ロッジ LODGE
ロッジ LODGE 
2016年01月04日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
ロッジ LODGEロッジ LODGE/DON'T BLINK
2014年/アメリカ/92分
監督: トラヴィス・オーツ
出演: ミーナ・スヴァーリ/ブライアン・オースティン・グリーン/ジョアンヌ・ケリー/ザック・ウォード/フィオナ・グーベルマン

仲間内で“エアブルック・ロッジ”へやって来たジャックと恋人のトレイシー、トレイシーの弟ルーカス、トレイシーの友人クレアとアメリア、ジャックの友人アレックス、サムと恋人のシャーロット、ジャックの元恋人のエラとその彼氏ノア。受け付けをしようとするが、ロッジの中に人影はなく、ロッジの中は食事中で中座したような様子のままだった。10人は数人ずつに分かれて周辺の様子を探りに行くが、生き物が一切見当たらない、ロッジの周りは季節外れに暑いのに近くの湖が凍っている、浴槽に湯を貯めたままなど、皆どこかがおかしいと感じながら戻ってくる。本能的に危険を感じたアレックスは逃げようと言うが、車はガス欠で、ロッジのガススタンドは鍵がないと給油できないため、途中で立ち往生することを懸念したジャックはロッジの中に入ることを提案する。すると、ジャックと一緒にいたはずのトレイシーが見当たらないことに気付く。全員でトレイシーを探すが彼女はどこにもおらず、その後ノアも消えてしまう。全員ロッジの中に入ったものの、原因も思いつかず、解決策も見つからない。そしてルーカス、アメリアと次々と姿を消していく。何が起こっているのか? ジャックたちは不安に駆られながら時を過ごすが…


WOWOWでやっていた“戦慄の密室スリラー特集”のうちの1作。どうやらDVDスルーのようです。
大学生たちが集まった山奥のロッジで、何の前触れもなく人が1人ずつ消えていく。ここから出ようとしても出られない。
設定だけ聞けば間違いなくシチュエーションスリラー。消え方も、どうやって消えるのか、いつ消えるのかがわからないから、緊張感もあったし、無名(に近い)俳優ばかりなので、誰が残るのかもわからないから、その部分でも推理を楽しめたところもあった。
消え方が、本当に突然で痕跡もないので、宇宙人の仕業としかオチはつけられないんじゃないかなーと思っていたら、
ラストに ( ゚Д゚)ポカーン
え? え? これで終わるの? ていうか、なにこれ?
何故人が消えるのか、消えた人はどうなったのか、異常気象とか、全て投げっぱなし。オチはどこ?っていうか、オチてませんけど。
こんなシチュエーションスリラーはありえないでしょ…

いわゆる不条理系になるのでしょうが、ググったら、ラストで出てくる黒服にサングラスの男が不思議な武器を持っている。これがエンドロールで“MEN IN BLACK”となっているということで、そういうこと?となんとなく察することは出来るんですが、答えはなし。

しかしヒドイなー!! 鏡に「瞬き禁止」とか書いてあるんだけど(原題の「DON'T BLINK」ね)、夜中の通販番組かっての。でも瞬きしまくってるし。この場合、瞬きというより目を離すと消える、って感じなので、目を離すなと訳すべきではないかと思いました。

ミーナ・スヴァーリといえば「アメリカン・ビューティー」でケヴィン・スペイシーを惑わせた娘ですが、あれ以来初めて観たかも。こんな顔してたっけと思ってしまった。しかもトップクレジットなのに、最初に消えてしまうという。

評価:☆(0.5)
こりゃDVDスルーになるはずだわ。わたしは不条理系がダメなんで、余計に受け付けなかった。久々に時間を返せと思いました。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【TSUTAYA DISCUS】

【TSUTAYAだけ】ロッジ LODGE【TSUTAYAだけ】ロッジ LODGE

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:トラヴィス・オーツ ミーナ・スヴァーリ ブライアン・オースティン・グリーン ジョアンヌ・ケリー ザック・ウォード フィオナ・グーベルマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック