週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ま~も > マイ・ファニー・レディ
マイ・ファニー・レディ 
2016年01月11日 (月) | EDIT |
 YEBISU GARDEN CINEMAにて鑑賞
マイ・ファニー・レディマイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY
2014年/アメリカ/93分
監督: ピーター・ボグダノヴィッチ
出演: オーウェン・ウィルソン/イモージェン・プーツ/キャスリン・ハーン/ウィル・フォーテ/リス・エヴァンス
公式サイト
公開: 2015年12月19日

NY5番街のバーで、若手人気女優のイザベラ・パターソンがインタビューを受けていた。彼女には元コールガールという噂があり、インタビュアーがそれを聞くと、彼女はあっさりとそれを認める。そして女優になったきっかけは、ある1人の男との出会いから始まったと言う。
4年前、“グロー・スティック”という名前でコールガールをしていたイザベラは、デレク・トーマスという客の呼ばれてホテルへ出向く。彼はベッドだけでなく、食事をしたり、いつもの客とは少し様子が違っていた。そしてこの仕事を辞めると誓うなら3万ドルをあげるから、それを夢をかなえる元手にしろと言う。女優になるという夢のためにこの仕事をしていたイザベラは、デレクに感謝して3万ドルを受け取る。そしてとイザベラがある舞台のオーディションを受けに会場へやってくると、そこにはあの時の客、デレクがいた。実はデレク・トーマスは偽名で、彼はアーノルド・アルバートソンという演出家だった。そしてその舞台では、彼の妻の女優デルタ・シモンズと共演することに。何も知らないデルタはイザベラの芝居を絶賛し、彼女を推す。アーノルドとイザベラは、2人の関係が周りに知られないように画策するが―――――


今年の1発目です  昨年中に観ておきたかったのですが、タイミングがつかめず、年を越してしまいました。
ピーター・ボグダノヴィッチって初めて観たかも。なんせ前作が2001年製作っていうし。元々の作風を知らないせいかもしれないけど、全体的な雰囲気がちょっとウディ・アレンぽい、ドタバタのラブコメ。

ヒロインのイジー、イジーを呼んだ客の演出家アーノルド、その妻である女優のデルタ、デルタをずっと狙っている共演の俳優セス、アーノルドが演出する舞台の脚本家ジョシュ、ジョシュの恋人であるセラピストのジェーン、ジェーンの患者でありイジーに執着する客の判事、判事が雇った探偵が微妙に絡み合って、ごちゃごちゃしているように見えて(実際ごちゃごちゃはしているんだが)、綺麗に着地するのは見事。これって舞台でもいけるんじゃないかな。でも、イジーの両親もやってくるのはちょっとやりすぎかなー。

ちょいちょい笑えるシーンが多くて、終始クスクス笑いながら観ていました。
アーノルドが、イジーだけじゃなくて他のコールガールにも同じことをしていたのはともかく、デルタにも同じセリフをかましていたのには笑ったわ~しかもパクリ(笑)
しかし、デルタやジェーンの思いっきり(と見える程)のビンタ (`ー´)ノ☆)>o<)/バシィ! 、すっごい痛そうでした。。。  もちろん実際は手加減していると思いますが…

ヒロインのイモージェン・プーツ(「28週後...」の美少女 )も可愛いし、オーウェン・ウィルソンもキャスリン・ハーンももちろん非常にいい味出していた。
ラストでタラが出てきたのにはびっくり  まさかの登場でした。

評価:★★★★(4.0)
可愛らしいラブコメで、わたしは結構好きだなあ。ウディ・アレン作品が好きならハマるのでは。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ピーター・ボグダノヴィッチ オーウェン・ウィルソン イモージェン・プーツ キャスリン・ハーン ウィル・フォーテ リス・エヴァンス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
りおさんも楽しめたみたいね!タラ笑ったよね!私もアレン風って書いた☆
私はこれをベスト10入りしたのよ〜
みんなハマってるし面白かった★
2016年01月18日(月) 01:05 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

> りおさんも楽しめたみたいね!タラ笑ったよね!私もアレン風って書いた☆
> 私はこれをベスト10入りしたのよ〜
> みんなハマってるし面白かった★

単純に楽しめました。
ベスト10も納得だなあ。
ピーター・ボグダノヴィッチがアレンぽいのか、アレンがピーター・ボグダノヴィッチっぽいのか…??
2016年01月19日(火) 00:42 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
私も観ました~
こんにちは。
私もこの作品、観たい観たいと思いつつ機を逃し、今週末で上映終了になると聞き焦って観に行きました。
劇場で観て良かったです。帰り路の気持ちがふんわりとなる感じ。でも、私はくすくす笑いではなく、場内で爆笑してしまいましたが。
2016年01月29日(金) 12:59 |   | ここなつ #/qX1gsKM[ EDIT]
ここなつさん
コメントありがとうございますv-411

> 帰り路の気持ちがふんわりとなる感じ。

ああ、なんかわかりますー!
観に来て良かったなーって思いますよね。
わたしはあんまり映画で爆笑ってないんですよね。
くすくすでも、他の映画に比べたらかなり笑った方ですわ。
2016年01月30日(土) 22:26 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
こんにちは。
ウディ・アレン作品が好きならはまりますよね。楽しかったです。
2016年02月11日(木) 20:00 |   | Nakaji #-[ EDIT]
Nakajiさん
コメントありがとうございますv-411

> ウディ・アレン作品が好きならはまりますよね。楽しかったです。

楽しかったですね~
個人的には、ウディ・アレンよりもこちらの方が好みでした(笑)
2016年02月13日(土) 04:30 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
懐かしやピーター・ボグダノヴィッチ監督作品『マイ・ファニー・レディ』を観ました。
2016年01月12日(火) 22:51:57 |  大江戸時夫の東京温度
注・内容、台詞に触れています。『マイ・ファニー・レディ』SHE'S FUNNY THAT WAY 監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ出演 : オーウェン・ウィルソンジェニファー・アニストンイモージェ
2016年01月14日(木) 13:34:44 |  映画雑記・COLOR of CINEMA
片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために...
2016年01月16日(土) 22:43:40 |  我想一個人映画美的女人blog
ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかったり、斜に構えた部分がなかったり、という点では、アレンのそれとは全然違う。ストレートに。ドタバタはあくまでドタバタに。ニヤリやクスリではなくて爆笑できるのが気持ちいい。今や映画界での若手スターのイ...
2016年01月29日(金) 13:00:25 |  ここなつ映画レビュー
「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男たち女たちが織りなす、複雑に絡まり合った愛憎の行方をユ...
2016年01月31日(日) 11:48:59 |  パピとママ映画のblog
マイ・ファニー・レディ '14:米 ◆原題:SHE'S FUNNY THAT WAY ◆監督:ピーター・ボグダノヴィッチ「ブロンドと柩の謎」「マスク(1984)」 ◆主演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、リス・エヴァンス、ウィル・フォーテ、ジェ...
2016年02月11日(木) 20:23:42 |  C’est joli ここちいい毎日を♪