週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > ら~ろ > ルーム
ルーム 
2016年04月30日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
ルームルーム/ROOM
2015年/アメリカ/118分
監督: レニー・アブラハムソン
出演: ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー
公式サイト
公開: 2016年04月08日

5歳のジャックは、部屋でママと2人で暮らしている。葉っぱはホンモノ。木はニセモノ。テレビの中の人たちはニセモノ。ママはホンモノ。そして時々やって来るアイツ、オールド・ニックもホンモノ。ある日、ママは部屋の外には世界があるとジャックに教える。これまで嘘を言っていたけれど、テレビの中の人たちもホンモノだって。ママはジャックが生まれる前から、この部屋に閉じ込められていると言う。
「ジャックが死んだふりをすれば、アイツはジャックを外に捨てに行く。そうしたら、誰かを呼んで。ママを助けて」
ジャックがママの言うとおり死んだふりをすると、オールド・ニックがやってきてジャックを部屋の外へと運び出していくが―――――


ブリー・ラーソンがオスカーを獲得したこの作品。タイミング的にとんでもない事件が発覚したので、ちょっと観るの辛いなとも思ったのですが…。ま、観たのは3週間くらい前ですけど。 (^_^;)
子供目線で語られている部分が多いからか、そこまでキツくなくてちょっと安心しました。
脱出するまでのサスペンスではなく、助かった後の描写がきちんとされているのが良かった。まぁ、実際のPTSDはこんなもんじゃないでしょうけど。
ジョイが部屋にいる時は、ジャックは、いつかこの子を連れてこの部屋を出るという支えだったはず。そして、この状況を共に耐える同志でもあったと思う。でもやっと外に出られて、日常を取り戻した時、ジョイはジャックがいることによって、自分の身に起きたこと、失ったものを再認識させられてしまう。
特にあの実父の態度はキツイよなあ。父親にとっての娘ってなんか違うらしいし、ジャックを直視できないロバートの気持ちもわかるけれど…。ナンシーとレオの目線が優しいのは、子供を産むことの意味を良くわかっている女親であるということと、レオは実父ではないというところもあるのかもしれないと思った。
事件によって人生が変わったのは自分だけじゃないとジョイを諭すナンシーの台詞があったけど、はっきりとは描かれていないけど、おそらくロバートとナンシーが離婚した原因の1つはこの事件でしょうね。それもやっぱりジョイにとってはショックだっただろうし…

ジョイはジャックの存在を辛く思ってしまうけれど、でもジャックの存在によって立ち直るきっかけを掴めた。どんな状況で産んだにせよ、母親としての自覚がジョイの中にあったからだろうなと思った。
ラスト、単純に慣れ親しんだ部屋にさよならをしたジャックと対照的なジョイの表情にも、未来を感じられて良かった。

まぁ、子供が死んだ、外に捨ててきてと言われたらまず生死を確認するでしょというツッコミはあるけどねー。あそこもう少し上手く作って欲しかったわ。犯罪行為をしているんだから、オールド・ニックだって用心しているはず。

ジャック役のジェイコブ・トレンブレイくんがすっごく可愛くて、演技も素晴らしかった。部屋の外に出て、トラックの荷台で初めて四角くない空を観た表情が抜群にいい

評価:★★★☆(3.5)
女としては観ていてちょっとキツイけど、ジェイコブくんの可愛さに救われた。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

  

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

ルームルーム

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:レニー・アブラハムソン ブリー・ラーソン ジェイコブ・トレンブレイ ジョーン・アレン ショーン・ブリジャース ウィリアム・H・メイシー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。
この作品を鑑賞して、ジョイとジャックの母子関係だけでなく、ジョイと実両親との関係も描かれているのがぐっときました。
ある意味、一番難しい年頃の時にいなくなった娘、なのですものね…。
そうか、ジャックを直視できないロバートの気持ちは、ジョイに寄り添うことをためらいがちな行動は、そういうことだったのですね…。なねほど、です。
2016年05月06日 (金) 16:39 |   | ここなつ #/qX1gsKM[ EDIT]
ここなつさん
コメントありがとうございますv-411

> この作品を鑑賞して、ジョイとジャックの母子関係だけでなく、ジョイと実両親との関係も描かれているのがぐっときました。
> そうか、ジャックを直視できないロバートの気持ちは、ジョイに寄り添うことをためらいがちな行動は、そういうことだったのですね…。なねほど、です。

だと思います。
普通に嫁にやるのだって、父親って色々思うようなのに、
ましてやあの状況で子供がいるっていうことは…って思っちゃうのはわかるんですよ。
たぶんロバートは、一生ジャックを孫と認められないんじゃないかな。
その辺りも、きちんと描いていたのは良かったですね。
2016年05月08日 (日) 15:40 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
子役が主役 公式サイト http://gaga.ne.jp/room 原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」 閉じ込められた[部屋]
2016年05月02日 (月) 11:05:37 |  風に吹かれて
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだろう。実際に7割方その思いで鑑賞していた。ジャックの目線で観る時にも、自分が育てた幼子の姿になぞらえて感情移入したと言っていいだろう。自分自身...
2016年05月06日 (金) 16:40:09 |  ここなつ映画レビュー
【出演】  ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン 【ストーリー】 施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャックと、母親ジョイ。彼女はオールド・ニックによって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こ...
2016年05月12日 (木) 00:25:23 |  西京極 紫の館
若い母親と幼い息子ジャックが暮らしているのは天窓が一つあるだけの狭い<部屋>。 二人はそこで、歯磨きや入浴をし、ストレッチや駆けっこをして遊ぶ。 簡単な料理や、ケーキだって作れる。 この部屋が二人の世界すべてだった。 しかし母親は、5歳になったジャックに外の世界を見せようと決意する…。 ヒューマンドラマ。
2016年06月03日 (金) 06:57:09 |  象のロケット