週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 生きうつしのプリマHOME > あ~お > 生きうつしのプリマ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


生きうつしのプリマ 
2016年07月28日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
生きうつしのプリマ生きうつしのプリマ/DIE ABHANDENE WELT
2016年/ドイツ/101分
監督: マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演: カッチャ・リーマン/バルバラ・スコヴァ/マティアス・ハービッヒ/グンナール・モーラー/ロバート・ジーリンガー
公式サイト
公開: 2016年07月16日

しがないクラブ歌手のゾフィ・クロムベルガーの元に、ある日、父親のパウルから、切羽詰まった声で呼び出しの電話がかかってくる。翌日、訪れた実家で見せられたものは、1年前に亡くなった母エヴェリンに瓜二つのオペラ歌手、カタリーナ・ファビアーニのネットニュースだった。パウロはカタリーナとコンタクトを取りたいと、強引にゾフィをNYに行かせようとするが、カタリーナはメトロポリタン・オペラ・ハウスで歌う程の著名な歌手であり、同じ歌手ではなるものの世界が違うとゾフィは大いに戸惑う。パウロのあまりの強引さに、ゾフィはやむなくNYへ行き、カタリーナの楽屋を訪ねるが、話を切り出しかねていた。カタリーナのエージェント、フィリップと親しくなったゾフィは、彼の協力を得て、再びカタリーナに会うことができたものの、カタリーナは他人の空似と取り付く島もない。ゾフィはフィリップと、老人ホームにいるカタリーナの母親ローザに会いに行く。ローザは認知症だったが、エヴェリンの写真を見せると、エヴェリンの名前を口にする。やはりカタリーナと母エヴェリンと何か関わりがあると確信したゾフィだが―――――


邦題はダサいなーと思っていたのですが(最近多いな)、予告を観て非常に気になっていたので行ってきました。
ミステリっちゃミステリなんだけど…ちょい消化不良。
公式サイトには

気まぐれでミステリアスなカタリーナに振り回されながら

なんて書いてあるけど、いやいや振り回していたのは親父でしょ。
自分が行く!というのをゾフィが心配だから代わりに行くならわかるけど、ほぼ無理矢理に近い状態でゾフィをNYに行かせてるし、おまけにしつこくしつこくゾフィに電話して催促したりして、イライラした
子供の存在は知らなかったにしろ、相手は容易に想像がついていた訳でしょ。それなのに、別人の名前を出してゾフィに会いに行かせたり、何がしたかったのかわからん。知ってるんなら最初から話せよ、「永遠の0」かよと思いました。

亡くなった母親とそっくりな人を見つけた娘が、その人と母親の関係を調べていく。現実世界だったら、自分に似た人は世界に3人はいるなんて言うし、他人の空似ってところだろうけど、映画ですから、まぁ普通に考えて血縁関係ありですよね。っていうか、それ以外はないでしょう。そこはいいんだけど、主軸となるエヴェリンと2人の兄弟の関係がまるで共感できない。
  • エヴェリンは結婚後にローマへ1人で旅行をしていた
  • パウルとラルフはカタリーナの存在を知らなかった
  • カタリーナの方が姉
  • 「ラルフにエヴェリンを奪われた」というパウルの台詞
ってことは、つまり、エヴェリンは不倫相手の子供を妊娠して、ローマで産んで友人に預け、その後ゾフィを産んだってことだよね。で、不倫相手とはその後も手紙で連絡を取ったり会ったりしていた。
パウルにラルフを殺させないため、離婚は出来なかったとか言っていたという台詞があったが、なんじゃそりゃ ┐(´ー`)┌ ですわ。悲劇のヒロインぶっているけど、いがみ合っている兄弟2人ともと関係を持つ時点で、お前が更に波風立てているんじゃん。

ミスリードのためなんだろうけど、エヴェリンが結婚前に妊娠していたとかっていうのも、上手くないなーと思う。
エヴェリンがパウルの夢枕に立つのもよくわからない。エヴェリンに復讐されると言っていたということは、妻が実は自分を愛していなかったと気付いていたということ?

ゾフィが「弟は殺してやると脅し、兄は死んでやると脅す」と言っていたけど、要は似た物兄弟ってことなんだな。じじい2人の喧嘩には笑いました。ゾフィも笑っていたけど。

カタリーナは自分の出生に疑いを抱いて、それを心の奥に抱えていたけれど、自分の出生の秘密が明らかになって、実の親とも会うことが出来た。そこはすごく良かったなーと思いました。それを見守る義妹ゾフィの態度も温かくて。

カッチャ・リーマンって、「帰ってきたヒトラー」の新局長だったのか。気付かなかった…
バルバラ・スコヴァと姉妹と言われても、似てないですよね。ま、しょうがないけど。

評価:★★(2.0)
材料は悪くないんだけど、いまいち作りが上手くないかなあ。あんまりミステリと思って観ない方がいいかも。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演者:カッチャ・リーマン、 バルバラ・スコヴァ、 マティアス・ハービッヒ、 グンナール・モーラー
収録時間:101分
レンタル開始日:2017-01-06

Story
『ハンナ・アーレント』のマルガレーテ・フォン・トロッタ監督によるミステリードラマ。父から話があると呼び出されたゾフィは、ネットのニュースを見て唖然とする。そこには、1年前に亡くなった最愛の母・エヴェリンに生き写しの女性が映っていた。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCAS】【DMM.com】
生きうつしのプリマ生きうつしのプリマ生きうつしのプリマ生きうつしのプリマ

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マルガレーテ・フォン・トロッタ カッチャ・リーマン バルバラ・スコヴァ マティアス・ハービッヒ グンナール・モーラー ロバート・ジーリンガー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。