週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > か~こ > 疑惑のチャンピオン
疑惑のチャンピオン 
2016年07月31日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
疑惑のチャンピオン疑惑のチャンピオン/THE PROGRAM
2015年/イギリス/103分
監督: スティーヴン・フリアーズ
出演: ベン・フォスター/クリス・オダウド/ギョーム・カネ/ジェシー・プレモンス/リー・ペイス
公式サイト
公開: 2016年07月02日

「世界一過酷なレース」と称される自転車のロードレース、ツール・ド・フランス。ステージIIIの精巣がんを乗り越えて奇跡の復活を果たし、その後、1999年から前人未到の7連覇を果たしたランス・アームストロングは、まさにヒーローだった。しかしそれは、トレーナーのミケーレ・フェラーリ医師が率いる組織的なドーピングの結果だった。あまりに超人的なアームストロングの動きに、サンデー・タイムズのデイヴィッド・ウォルシュ記者はドーピングを疑うが―――――


自転車競技にはまるで明るくないので、この事件も全然知らなかったのですが、予告が面白そうだったので鑑賞。
スポーツである以上、勝敗がある。参加することに意義があるなんて言っても、やっぱりスポーツは勝つ、1位にならないと意味がないと、選手が勝利にこだわるのはわかる。
そして、選手の純粋に勝ちたい、1位になりたい気持ちだけではなく、そこに金、名誉が絡むと、ドーピング問題はどうしても付きまとうもの。
邦題は「疑惑のチャンピオン」となっているけど、原題は「THE PROGRAM」。アームストロングがフェラーリ医師に言う、「俺に勝つためのプログラムを授けてくれ」。このことなんだね。勝つためのプログラム=ドーピング。
1998年のチーム・フェスティナのドーピング・スキャンダルについて触れられていたけど、ググってみたら、ツール・ド・フランスって毎年のようにドーピング問題が持ち上がっているんだね。常態化しているように思える。ドーピングしないと勝てないということは、正直もう限界なんじゃないかと思う。でも、観ている方は前回以上の記録を期待する。

どのスポーツでも起こりうることだけど、アームストロングの場合は、マイナースポーツだったロードレースに光を当てたという功績もあって、長いこと見逃されてしまったってのいうのも問題なんだな。密告した選手が圧力をかけられるシーンがあったってことは、ドーピングは暗黙の了解だったってこと。
アームストロングは永久追放されたけれど、それだけで済む問題なんだろうかと思ってしまう。ドーピングをしない選手がいる訳で、もちろんドーピングに手を染める選手は悪いけれど、勝つことによって利権が得られる、そのためにはドーピングをせざるを得ないという、根本的なところが解決されない以上、ドーピングの手口は巧妙になるだけだし、決してなくならない気がする。

冒頭で、1人で山を登っているシーン。聞こえるのは、自分の息遣いと、自転車をこぐ音だけ。このシーンでぐっと引き込まれましたね。
ドキュメンタリータッチなので割と淡々と進むんですが、わたしはロードレースは全くわからないけど、退屈することはありませんでした。
走る自転車の後方から、低い位置のカメラで撮っているのは、一緒に走っているような臨場感があった。

ベン・フォスターは熱演でしたねえ  非常に良かったです。
ブラック・スキャンダル」の時も思ったけど、ジェシー・プレモンスってマット・デイモンに似てない?

評価:★★★★(4.0)
スポーツの在り方というか、色々考えさせられる。時期的にロシアの問題もあって、非常にリアルで、根深い問題なんだと実感しました。折しも今年はオリンピックイヤー。
正しい心は天国へ、邪悪な心は地獄へ。
ドーピング問題が起こらないことを祈ります。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:スティーヴン・フリアーズ
出演者:ベン・フォスター、 クリス・オダウド、 ギヨーム・カネ、 ジェシー・プレモンス
収録時間:103分
レンタル開始日:2016-12-21

Story
ドーピングの疑いによりその地位を失った自転車レースの絶対王者、ランス・アームストロングの栄光と転落の全貌を描く実話ドラマ。勝利への野心に満ち溢れるアームストロングは重度のがんに冒され、脳にも転移していると医師に申告されてしまう。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCAS】【DMM.com】
疑惑のチャンピオン疑惑のチャンピオン疑惑のチャンピオン疑惑のチャンピオン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スティーヴン・フリアーズ ベン・フォスター クリス・オダウド ギョーム・カネ ジェシー・プレモンス リー・ペイス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。
時期的にもタイムリーな作品でした。
けれど、ドーピングをするアスリートのことをひと括りで断罪できない私もおりました。
彼らにしてみれば、勝負に賭けることが人生の全てであり、野望というよりも、生きることそのもののような気がしました。
2016年08月04日(木) 11:00 |   | ここなつ #/qX1gsKM[ EDIT]
ここなつさん
コメントありがとうございますv-411

> 時期的にもタイムリーな作品でした。
> けれど、ドーピングをするアスリートのことをひと括りで断罪できない私もおりました。
> 彼らにしてみれば、勝負に賭けることが人生の全てであり、野望というよりも、生きることそのもののような気がしました。

そうですね…
スポーツと商業の関係を考えると、単純にアスリートだけが悪いとも言いきれないと思います。
ドーピングをしてまでもというのが良いか悪いかは別としても、アスリートとして勝ちたいと思う気持ちは当たり前だと思いますし、難しい問題ですよね。
2016年08月05日(金) 03:07 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ストップ [E:paper] ドーピング 公式サイト http://movie-champion.com7月2日公開 原案: Seven Deadly Sins: My Pursuit of Lanc
2016年08月01日(月) 12:05:14 |  風に吹かれて
ツールドフランス前人未到の7連覇を達成したアメリカ人ランス・アームストロングの黒く汚れた栄光についての物語。彼は類い稀な才能と克己心をもってレースに挑んだが、その裏では薬物の力を借りた組織ぐるみのドーピングが行われていたのだ。このことが白日のもとに晒されて以降、彼は7連覇のチャンピオンの資格を剥奪され、今日、このような作品が作られることとなった。ランス役を演じるのは「マット・デイモンでもジェ...
2016年08月04日(木) 11:01:03 |  ここなつ映画レビュー
アメリカ人青年ランス・アームストロングは、1993年に自転車ロードレースの最高峰“ツール・ド・フランス”にデビューするが、間もなく精巣ガンに侵されていることが判明する。 大手術の後、彼は競技生活に復帰するため、スポーツ医学の権威であるイタリア人医師ミケーレ・フェラーリの指導を仰ぐことに。 フェラーリはサイクリストのパフォーマンスを向上させる独自のドーピング・プログラムの実践者だった…。 スー...
2016年08月06日(土) 12:02:25 |  象のロケット
11日のことですが、映画「疑惑のチャンピオン」を鑑賞しました。 25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング 競技外ではガン患者を支援する活動に尽力する彼は人々から賞賛を集め まさに英雄 し...
2016年09月01日(木) 06:51:48 |  笑う社会人の生活
疑惑のチャンピオン '15:イギリス ◆原作:THE PROGRAM ◆監督:スティーヴン・フリアーズ「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」「あなたを抱きしめる日まで」 ◆主演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギヨーム・カネ、ジェシー・プレモンス、リー・ペイス、デニス・メノシェ、エドワード・ホッグ、ダスティン・ホフマン、エレイン・キャシディ ◆STORY◆選手として...
2016年12月15日(木) 21:37:37 |  C’est joli ここちいい毎日を♪
▲チャンピオン 五つ星評価で【★★★濃い主人公と薄いその他】 自転車レース、ツール・ド・フランス7冠のチャンピオンはドーピングを行っていた。 これはもう映画の前提であ ...
2017年01月23日(月) 00:18:52 |  ふじき78の死屍累々映画日記