週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > トランボ ハリウッドに最も嫌われた男HOME > た~と > トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 
2016年08月18日 (木) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/TRUMBO
2015年/アメリカ/124分
監督: ジェイ・ローチ
出演: ブライアン・クランストン/アドウェール・アキノエ=アグバエ/ルイス・C・K/デヴィッド・ジェームズ・エリオット/エル・ファニング
公式サイト
公開: 2016年07月22日

米ソ対立が深まりつつあった1947年。アメリカでは共産主義的思考を持った者を迫害する、いわゆる赤狩りの動きが猛威を振るっており、ハリウッドでも、俳優ジョン・ウェインが中心となって活動している“アメリカの理想を守るための映画同盟”が活発な動きを見せていた。売れっ子脚本家ダルトン・トランボは、スタジオ労働者のストライキを支援するなど、その行動は共産主義的であると目をつけられており、トランボを始めとする10人の仲間たち“ハリウッド・テン”は、ついに下院非米活動委員会に召喚される。「現在あるいか過去にあなたは共産党員であったことがあるか?」という質問に、トランボは合衆国憲法を元に証言を拒否するが、議会侮辱罪に問われ、最高裁に上告するも破れて収監されることになってしまう。1年後、出所したトランボを待っていたのは、圧力をかけられた映画スタジオがハリウッド・テンを解雇し、彼らには全く仕事の依頼がなくなったという事態だった。生活費を稼ぐため、トランボは、B級映画専門のキングス・ブラザース社に脚本を持ち込み、偽名を使って脚本を書き続けるが―――――


第88回米アカデミー賞で、ブライアン・クランストンが主演男優賞にノミネートされていましたので、観ようと思っていたこの作品。TOHOシネマズデイのせいもあるだろうけど、満席でした。
「ローマの休日」は大好きな映画だけど、こんな裏話(…でもないのか?)があったなんて知らなかった。
トランボのことは知らなかったのですが、伝記ものはちょっと知識を仕入れて行った方がよりわかると学習したので(今更?)、とりあえずWikipediaで少し情報を仕入れてから観たのですが、大正解。
そう言えば「ヘイル、シーザー!」にハリウッド・テンと思しき人物が出ていたなあ、こういうことかーと今更ながらに理解。「グッドナイト&グッドラック」も、主となる人物は違うけれどこの時代の赤狩りをテーマにしているし、割と題材にされているんですね。

トランボが非常に魅力的に描かれています。実際にこういう台詞を言ったかどうかはわかりませんが、さすが脚本家というか、ユーモアあるなあと思いました。切り返しがいちいち上手い。それでいて、どんな扱いを受けても不屈の精神を持ち続ける。覚醒剤を飲んでまでも膨大な数の脚本を書き続けるバイタリティというか、タフさ。

偽名で書いても大ヒットするってことは、やはり天才なんだなぁ。それで結局周りを黙らせてしまう。彼の才能をわかっていた人は、彼の思想がどうとかは関係なく、支援したってことだよね。自分の名前を使えばよいと言ったイアン・マクレラン・ハンターや、トランボを採用したキング兄弟、オットー・プレミンジャー、カーク・ダグラス。同様に支えた家族は大変だったろうけど、報われて良かったと思った。
ラストのスピーチのシーンも、とても良かったです。

ブライアン・クランストンは、レオの鬼気迫る演技に迫力負けしちゃったかな。トランボは魅力的だったし、地味に良かったと思いますけどねえ。
ダルトンを支えた妻クレオを演じたダイアン・レインや娘ニコラ役のエル・ファニングも好演していました。

評価:★★★☆(3.5)
Wikiっていったおかげもあるかもしれないけど、伝記としてわかりやすいし良く出来ていると思います。トランボの脚本、原案の映画ってほとんど観たことがないけど、機会を見つけて観てみたいなあ。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジェイ・ローチ ブライアン・クランストン アドウェール・アキノエ=アグバエ ルイス・C・K デヴィッド・ジェームズ・エリオット エル・ファニング ダイアン・レイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
赤狩り時代の脚本家 公式サイト http://trumbo-movie.jp7月22日公開 原作: トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 (ブルース・クック著/世界文化社)監督: ジェイ・ローチ  「
2016年08月19日 (金) 11:32:53 |  風に吹かれて
1940年代から50年代にかけてアメリカで猛威をふるった赤狩りによってハリウッドを追われながらも、偽名で活動を続け、「ローマの休日」など数々の名作を世に残した不屈の脚本家ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した感動の伝記ドラマ。いわれなき汚名による迫...
2016年09月01日 (木) 12:09:33 |  パピとママ映画のblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。