週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 映画賞 > 第89回 米アカデミー賞発表!
第89回 米アカデミー賞発表! 
2017年02月27日 (月) | EDIT |
今年も自宅鑑賞でーす。
司会はジミー・キンメル。WOWOWは、安定のジョン・カビラ&高島彩、スタジオゲストは、お馴染みの町山智浩と斉藤工、そして監督枠は初の大友啓史。レッド・カーペット・ナビゲーターはこちらも安定の尾崎英二郎と、初レポーターの板谷由夏。板谷由夏は大興奮しちゃって可愛かった。そりゃ興奮するよね~

いきなり歌曲賞“CAN'T STOP THE FEELING”のジャスティン・ティンバーレイクのパフォーマンスからスタート! 歌いながら会場に入ってきて、客席も巻き込み大盛り上がり!
そして司会のジミー・キンメル登場。メル、マット、メリル、ノミニーたちをいじりまくります。20回ノミネートのメリルはすごいわ。

■助演男優賞
マハーシャラ・アリ「ムーンライト」
ジェフ・ブリッジス「最後の追跡」
ルーカス・ヘッジズ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
デヴ・パテル「LION ライオン ~25年目のただいま~」
マイケル・シャノン「NOCTURNAL ANIMALS」

デヴ・パテルくんきてほしかったー。ザンネン。マハーシャラ・アリはとてもいいスピーチでした。プレゼンターは昨年助演女優賞を獲得したアリシア・ヴィカンダー。
歴代受賞者の映像が流れる演出は非常に良かったと思う。

■メイクアップ・ヘアスタイリング賞
「幸せなひとりぼっち」
「スター・トレック BEYOND」
スーサイド・スクワッド

■衣裳デザイン賞
「マリアンヌ」
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
「ラ・ラ・ランド」

プレゼンターは黒いドレスのケイト・マッキノンとジェイソン・ベイトマン。衣装デザインは4度目のオスカーだって。

プレゼンターのタラジ・P・ヘンソン、ジャネール・モネイ、オクタヴィア・スペンサーが出演した実話映画「HIDDEN FIGURES」のモデルとなった女性キャサリン・ジョンソン氏の登壇。
■長編ドキュメンタリー映画賞
「海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~」
「I AM NOT YOUR NEGRO」
「ぼくと魔法の言葉たち」
「O.J.: MADE IN AMERICA」
「13th ―憲法修正第13条―」

リン=マヌエル・ミランダ、アウリィ・カルバーリョによる歌曲賞ノミニー“HOW FAR I'LL GO”のパフォーマンス。プレゼンターはドウェイン・ジョンソン。「モアナと伝説の海」に声優として出演しているんだよね。

続いて、映画芸術科学アカデミー会長、シェリル・ブーン・アイデックスのスピーチ。
ジミー・キンメルが、皆お腹すいたでしょ?って、天井からパラシュートでキャンディが降ってきました。
■音響編集賞
「メッセージ」
「バーニング・オーシャン」
「ハクソー・リッジ」」
「ラ・ラ・ランド」
ハドソン川の奇跡

■音響(録音)賞
「メッセージ」
「ハクソー・リッジ」
「ラ・ラ・ランド」
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」
「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

プレゼンターはソフィア・ブテラとクリス・エヴァンス。

ここで特別賞の紹介。ジャッキー・チェンがレッドカーペットにいたのはなんで?と思っていたのだけど、このためだったんですね。プレゼンターはヴィンス・ヴォーン。

■助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス「FENCES」
ナオミ・ハリス「ムーンライト」
ニコール・キッドマン「LION ライオン ~25年目のただいま~」
オクタヴィア・スペンサー「HIDDEN FIGURES」
ミシェル・ウィリアムズ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

ヴィオラ・デイヴィスって初受賞だっけ。2回目かと思ってた。感動的なスピーチでした。 プレゼンターはマーク・ライランス。

■外国語映画賞
「ヒトラーの忘れもの」デンマーク
「幸せなひとりぼっち」スウェーデン
「セールスマン」イラン
「TANNA」オーストラリア
「ありがとう、トニ・エルドマン」ドイツ

影響を受けた相手とのコンビってことで、プレゼンターはシャーリーズ・セロンとシャリー・マクレーン。アスガー・ファルハディは欠席なので代理人がメッセージを読み上げていたけど、こういう政治的な事情で出席できないってのはなあ…残念だわ。

歌曲賞“THE EMPTY CHAIR”スティングによるパフォーマンス。しっとり歌い上げます。
プレゼンターはデヴ・パテルくん。

■短編アニメ映画賞
「BLIND VAYSHA」
「BORROWED TIME」
「PEAR CIDER AND CIGARETTES」
「PEARL」
「ひな鳥の冒険」

■ 長編アニメ映画賞
「KUBO AND THE TWO STRINGS」
「モアナと伝説の海」
「MY LIFE AS A ZUCCHINI」
「レッドタートル ある島の物語」
「ズートピア」

プレゼンターはヘイリー・スタンフェルドとガエル・ ガルシア・ベルナル。ガエル意外に小さいな。ヘイリーがおっきいのかガエルが小さいのか??

■美術賞
「メッセージ」
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ヘイル、シーザー!
「ラ・ラ・ランド」
「パッセンジャー」

プレゼンターはジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン。ダコタはクリーム色というか薄いピンク?のクラシックな感じのドレス。

何故かここで、観光ツアーの一般人をドッキリで会場に招き入れるという。何か観ていてヤラセくさくてちょっとなあって思っちゃった。ピザ屋の時もそうっちゃそうなんだけどさ。

■視覚効果賞
「バーニング・オーシャン」
「ドクター・ストレンジ」
「ジャングル・ブック」
「KUBO AND THE TWO STRINGS」
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」

プレゼンターは「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」コンビ、フェリシティ・ジョーンズとリズ・アーメッド。

■編集賞
「メッセージ」
「ハクソー・リッジ」
「最後の追跡」
「ラ・ラ・ランド」
「ムーンライト」

影響を受けた相手とのコンビシリーズ2、セス・ローゲンとマイケル・J・フォックスがデロリアンとともに登場。セスはあのスニーカー履いていたよ。
ジミー・キンメルがサニー・パワーくんを持ち上げて、何故か「ライオン・キング」のワンシーンを再現。何故かというか、「LION ライオン ~25年目のただいま~」のもじりなんだけどさ。

■短編ドキュメンタリー映画賞
「最期の祈り」
「4.1 MILES」
「JOE's VIOLIN」
「WATANI: My HOMELAND」
「ホワイト・ヘルメット ―シリアの民間防衛隊―」

■短編実写映画賞
「ENNEMIS INTERIEURS」
「LA FEMME ET LE TGV」
「SILENT NIGHTS」
「SING」
「TIMECODE」

プレゼンターはサルマ・ハエックとデヴィッド・オイェロウォ。

ここでジミー・キンメルがトランプ大統領あてにtweet。あちらはあんまり興味ないんじゃない?って気もするけど。
続いて科学技術賞の紹介。プレゼンターはジョン・チョーとレスリー・マン。

■撮影賞
「メッセージ」
「ラ・ラ・ランド」
「LION ライオン ~25年目のただいま~」
「ムーンライト」
「沈黙―サイレンス―」

プレゼンターは影響を受けた相手とのコンビ3、ハビエル・バルデムとメリル・ストリープ。ハビさま久しぶり。

twitter上で挙げられている悪口っていうか、中傷のtweetを本人が読み上げるという罰ゲーム的なことをやらされるセレブたち。可哀想。。。デ・ニーロは放送禁止用語を口にしていましたが(笑)
そして、エマ・ストーン、ライアン・ゴズリングの「ラ・ラ・ランド」コンビによる歌曲賞2曲“CITY OF STARS”、“AUDITION (THE FOOLS WHO DREAM)”の紹介。ジョン・レジェンドによる2曲のメドレー。

■作曲賞
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
「ラ・ラ・ランド」
「LION ライオン ~25年目のただいま~」
「ムーンライト」
「パッセンジャー」

プレゼンターはサミュエル・L・ジャクソン。
■歌曲賞
“CAN'T STOP THE FEELING”「TROLLS」
“AUDITION (THE FOOLS WHO DREAM)”「ラ・ラ・ランド」
“THE EMPTY CHAIR”「JIM: THE JAMES FOLEY STORY」
“HOW FAR I'LL GO”「モアナと伝説の海」
“CITY OF STARS”「ラ・ラ・ランド」

プレゼンターはスカヨハ。

サラ・バレリスによる“BOTH SIDES NOW”歌唱の追悼パフォーマンス。プレゼンターはジェニファー・アニストン。アンジェイ・ワイダとかジョン・ハートは年齢もあるからまだしも、アントンは若いしねえ…。オム・プリも亡くなっていたんですねえ。

■脚本賞
テイラー・シェリダン「最後の追跡イ」
デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
ヨルゴス・ランティモス/エフティミス・フィリップロブスター
ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
マイク・ミルズ「20センチュリー・ウーマン」

影響を受けた相手コンビ…のギャグ版か。プレゼンターはベンアフと「ゲスト」と紹介されたマット・デイモン。マットいじられまくり。喋っている途中で、ジミー・キンメルの指示によりオケに遮られちゃって(笑)

■脚色賞
「メッセージ」
「FENCES」
「HIDDEN FIGURES」
「LION ライオン ~25年目のただいま~」
「ムーンライト」

プレゼンターはエイミー・アダムス。クリーム色っぽいドレス、流行っているのかな?
今度はここでクッキーとドーナツが天井から降ってきた。

■監督賞
ドゥニ・ヴィルヌーヴ「メッセージ」
メル・ギブソン「ハクソー・リッジ」
デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
バリー・ジェンキンズ「ムーンライト」

最年少記録を塗り替えました。32歳! すごいなあ。プレゼンターはハリー・ベリー。

■主演男優賞
ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
アンドリュー・ガーフィールド「ハクソー・リッジ」
ライアン・ゴズリング「ラ・ラ・ランド」
ヴィゴ・モーテンセン「はじまりへの旅」
デンゼル・ワシントン「FENCES」

プレゼンターはブリー・ラーソン。ケイシー良かったねー (TдT) 何だか弟を見守るような気分なのよ(笑)

■主演女優賞
イザベル・ユペール「ELLE」
ルース・ネッガ「ラビング 愛という名前のふたり」
ナタリー・ポートマン「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」
エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」
メリル・ストリープ「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

エマもすっかりベテランだなあ。プレゼンターはレオ。

■作品賞
「メッセージ」
「FENCES」
「ハクソー・リッジ」
「HIDDEN FIGURES」
「最後の追跡」
「ラ・ラ・ランド」
「LION ライオン ~25年目のただいま~」
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
「ムーンライト」

プレゼンターはウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ。
「ラ・ラ・ランド」のプロデューサーがスピーチを始めたんだけど、途中でストップ。ここで、実は「ムーンライト」が作品賞とわかり、皆 ( ゚Д゚)ポカーン ステージも会場もテレビで観ているこっちも大混乱。
WOWOWのスタジオでジョン・カビラが解説していたのは、どうやら主演女優賞の封筒を間違えてウォーレン・ベイティに渡してしまい、作品名だけ見てフェイ・ダナウェイは「ラ・ラ・ランド」と言ってしまったとのこと。確かに、ベイティが封筒を開けてから間があったんだよね。で、フェイ・ダナウェイに見せて、「ラ・ラ・ランド」ってなったんだけど…。
前代未聞ですよ。こりゃ語り継がれちゃうな。「ラ・ラ・ランド」関係者は気の毒。

気を取り直して。作品賞は逃したけれど、それでも「ラ・ラ・ランド」は最多6部門で賞を獲得しましたからね。スピーチは政治色がすごく出るのではないかと思っていたのだけど、そうでもなかったかな。
さて、これから観たい作品が目白押しです  作品賞ノミニーはだいたい毎年観るのでね。
「LION ライオン ~25年目のただいま~」は04月07日公開予定、「ムーンライト」は4月公開予定、「メッセージ」は05月19日公開予定、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は05月公開予定、「ハクソー・リッジ」は06月24日公開予定。「FENCES」、「HIDDEN FIGURES」は今のところ未定。「最後の追跡」はネット配信なんだよね。これはどうなるんだかわかりませんが。「ラ・ラ・ランド」は絶賛公開中です。
さてさて、みなさんの予想は当たりましたか?

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:アカデミー賞
GENRE:映画
TAG:米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック