週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ラストキング・オブ・スコットランドHOME > ら~ろ > ラストキング・オブ・スコットランド
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ラストキング・オブ・スコットランド 
2007年03月22日 (木) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
ラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランド/THE LAST KING OF SCOTLAND
2006年/アメリカ、イギリス/125分
監督: ケヴィン・マクドナルド
出演: フォレスト・ウィッテカー/ジェームズ・マカヴォイ/ケリー・ワシントン/ジリアン・アンダーソン
公式サイト
公開: 2007年03月10日

1970年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、志願してウガンダのムガンボ村の診療所にやってきた。それは、イディ・アミン将軍が軍事クーデターによってオボテ大統領を倒した日でもあった。国民の期待を背負って、アミンは新大統領に就任する。ムガンボ村にやって来たアミンの演説を聞き、ニコラスはアミンのカリスマ性に引きつけられる。その帰り道、ニコラスは偶然アミンの怪我の治療をすることになり、それをきっかけにアミンに気に入られ、大統領の主治医としてアミンの側に就くことになる。アミンはニコラスに会議に代理で出席させるなど、主治医以上として取り扱い、ニコラスはやがてアミンの最も信頼する側近の1人となる。しかし、アミンは権力を握ると独裁者へと変貌し、自分の意に添わない相手は次々と抹殺していく。自分の意見がきっかけで、アミンに仕えてきたジョナ・ワッサワ保健大臣が行方不明となったことを知ったニコラスは、アミンが恐ろしくなり、ウガンダから逃げようとするが―――――


2006年度の第79回米アカデミー賞主演男優賞を予想通り持っていったフォレスト・ウィッテカー。ウガンダの「人食い大統領」とまで呼ばれた、悪名高きイディ・アミンを演じています。
イディ・アミンのことは、あまり良く知らないで観たのだけど、知らなくてもちゃんとわかります。知っていると、また違う感想になるのでしょうけど。
アミンは実在の人物ですが、スコットランド青年のニコラスはフィクションです。

前半はアミンが大統領になってからの絶頂期を描いていて、これは普通の伝記ものかと思わせておいて、後半、ニコラスがいかにしてアミンから逃げるかというサスペンスになっていくので、わたしはかなり引き込まれて観てしまいました。前半と後半の温度差は非常に激しいです。
アミンが壊れていく様が非常に怖かった。壊れていくというか、本当は元々彼の中にあった性格が表に現れただけなのかもしれないけど…
それに相応しくない人間が権力を握ると、こうなってしまうという例ですね。アミンに限らず、世で悪名高い権力者たちはみんなそうだよね。

フォレスト・ウィッテカーの演技は確かに上手かったけど、わたしはあんまりアミンにカリスマ性を感じなかったので、ニコラスがどうしてあんなにアミンに心酔したのかは、ちょっと理解出来なかった。その辺はちょっと弱いかな…

アミンの行く末?をちゃんと予言していたサラ。彼女は、外国人という立場でウガンダに住んでいるからなのか、アミンの演説の場の雰囲気に飲まれずに、冷静に彼を判断した。ニコラスは雰囲気に飲まれてしまった…。いずれは国に帰るという責任の軽さなのか、同僚の医師が言ったように、黒人だからと見下していたのか。大統領付きの主治医だけでも特別扱いなのに、それ以上の扱いを受けて浮かれてしまったのか。アミンの奥さんにも手を出してしまうという…しかも妊娠させるって…あり得ねえ…

migさん同様、ジェームズ・マカヴォイを観て、この人なんだっけなんだっけ… (ー’`ー;) と思っていたら、お前、「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のタムナスかーーーーーーー!!! Σ( ̄□ ̄;)

評価:★★★★(4.0)
アミンにカリスマ性を感じられるかどうか、前半と後半の温度差に付いていけるかどうかで評価は分かれるかも。フォレスト・ウィッテカーの演技にちょいおまけ。
あ、後半、痛くてグロいシーンがあるので、苦手な人は要注意っす。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ラストキング・オブ・スコットランド (特別編) [DVD]ラストキング・オブ・スコットランド (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
フォレスト・ウィテカージェームズ・マカヴォイ
商品詳細を見る

ラストキング・オブ・スコットランド [Blu-ray]ラストキング・オブ・スコットランド [Blu-ray]
(2010/03/26)
フォレスト・ウィテカージェームズ・マカヴォイ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ケヴィン・マクドナルド
出演者:フォレスト・ウィテカー、 ジェームズ・マカヴォイ、 ケリー・ワシントン、 ジリアン・アンダーソン
収録時間:123分
レンタル開始日:2007-10-05

Story
フォレスト・ウィテカーのアカデミー賞主演男優賞をはじめ、映画賞を総なめにした社会派サスペンス。70年代ウガンダに実在した悪名高いイディ・アミン大統領の実像を、当地へ渡り彼の側近を務めたスコットランド人青年医師の視点から描く。R-15作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランドラストキング・オブ・スコットランド

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケヴィン・マクドナルド フォレスト・ウィッテカー ジェームズ・マカヴォイ ケリー・ワシントン ジリアン・アンダーソン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『何よりも恐ろしいのは、人間の本性』  コチラの「ラストキング・オブ・スコットランド」は、3/10公開になったジャイルズ・フォーデンの小説を映画化したR-15指定の政治サスペンスなんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ウガンダの「人食い大統領」と言われた...
2007年11月05日 (月) 22:09:14 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
あらすじ1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる...
2008年02月16日 (土) 21:53:47 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
『ラストキング・オブ・スコットランド』を観ました悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像に迫る政治サスペンスです>>『ラストキング・オブ・スコットランド』関連原題:THELASTKINGOFSCOTLANDジャンル:ドラマ/サスペンス上映時間:125分製作国:2001年・ア...
2008年09月21日 (日) 19:15:43 |  おきらく楽天 映画生活
何よりも恐ろしいのは、人間の本性
2009年09月05日 (土) 17:14:33 |  Addict allcinema おすすめ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。