週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > デジャヴHOME > た~と > デジャヴ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


デジャヴ 
2007年03月21日 (水) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
デジャブデジャヴ/DEJA VU
2006年/アメリカ/127分
監督: トニー・スコット
出演: デンゼル・ワシントン/ポーラ・パットン/ヴァル・キルマー/ジム・カヴィーゼル
公式サイト
公開: 2007年03月17日

海軍の水兵たちとその家族が乗ったフェリーが爆破され、543名もの犠牲者を出す事件が起こった。アルコール・タバコ・火器・爆発物取締局(ATF)捜査官、ダグ・カーリンは、残留物からこれがテロ事件だと見抜く。そして現場近くで見付かった女性の遺体は、フェリー爆破事件の被害者と同じく火傷を負っていたが、フェリー爆破事件よりも数分前に発見されており、また口元には粘着テープの跡があったため、ダグは彼女が何者かに拉致監禁され、フェリー爆破事件の被害者を装って捨てられたと推理する。ダグの能力を買ったFBI捜査官プライズワーラは、ダグを特別捜査班にスカウトする。そこでは、政府が極秘に開発した、4日と6時間前の映像をあらゆる角度から見ることが出来るという“タイム・ウィンドウ”という映像装置が設置されていた。しかも“タイム・ウィンドウ”は巻き戻し・早送りが出来ないため、フェリー爆破事件に関係の深そうな映像を抽出し判断するように言われたダグは、現場近くで見付かった遺体、クレア・クチヴァーが事件の鍵を握っていると考え、4日前のクレアの日常を追っていった。ところが、あることに気付いたダグがペンライトの光を映像に当てると、画面の中のクレアはその光に反応する。過去の映像であるはずなのに何故? そこでダグは“タイム・ウィンドウ”の驚異的な秘密を知らされる―――――


せっかくの休日でレディースデーなので、2本立て~。先週は高熱出してたし、来週はたぶん仕事の関係で無理だし、今月はこの2本で劇場での鑑賞は打ち止めかも。 (´;ω;`)
「デジャヴ」というタイトルの割には、まったく既視感関係なし。
サスペンスなんだとばっかり思っていたら、サスペンスはサスペンスだが、まさかタイム・トラベルものとは思わず…えええー!? Σ(・ω・ノ)ノって感じでした。

ストーリーは、タイムトラベルものによくある展開かなあ。緊迫感はそこそこありましたが、それ以上ではないというか。
“タイム・ウィンドウ”、胡散臭さ爆発。あの仕組みが最初はよくわからなくて、???状態だったけど、要するにカメラだけ過去に行けるというように考えればいいのかな。
“タイム・ウィンドウ”の付属品というか、過去を観られるゴーグルを付けて、過去の映像を観ながら現在の道を走るというのはなかなか新しかったし、あのカーチェイスは面白かった。

タイム・トラベルものと言えば、やはり気になるのはタイム・パラドックス。これもちょっとラストがなぁ…。こんなのアリか~~~!?って感じ。一応、それに繋がる台詞は、その前にちゃんと言ってはいるんだけど…ハッピーエンドにするために無理矢理ああいうラストにしたって感じで、納得いかんなあ。
ちゃんと拾っている伏線もあるんだけど、犯人が吐く「運命なんだ」とかいう思わせぶりな台詞、何かあるのかと思っていたら、特に何もないし…

いやしかし、一番ビックリしたのはヴァル・キルマーですよ。全然気付かなかった。太っちゃってまあ。ちょいとヤバくないですかね? (;・∀・)

評価:★★★(3.0)
深く考えずに観る分には、そこそこイケます。デートムービーなんかにいいんじゃないでしょうか。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

デジャヴ [DVD]デジャヴ [DVD]
(2010/03/17)
デンゼル・ワシントンポーラ・パットン
商品詳細を見る

デジャヴ [Blu-ray]デジャヴ [Blu-ray]
(2010/09/22)
デンゼル・ワシントンポーラ・パットン
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:トニー・スコット
出演者:デンゼル・ワシントン、 ポーラ・パットン、 ヴァル・キルマー、 ジム・カヴィーゼル
収録時間:126分
レンタル開始日:2007-08-03

Story
ジェリー・ブラッカイマーがトニー・スコット監督と組んで放つアクションサスペンス。“デジャヴ”をテーマに謎とスリル、過去と現在が交錯するストーリーが展開。多くの犠牲者を出したフェリー爆破事件を捜査するダグは、ある女性の遺体を発見する。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
デジャヴデジャヴデジャヴデジャヴ

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:トニー・スコット デンゼル・ワシントン ポーラ・パットン ヴァル・キルマー ジム・カヴィーゼル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「あれ?ここ、前に来たことがあるような…?」とか「あれ?この人、前に会ってる気が?」っていう経験をすることの多い私ですが、まぁ得てして私の物忘れの激しさ?...
2007年09月20日 (木) 01:13:29 |  Subterranean サブタレイニアン
 『すでに起こった事件を、あなたは防げるか? すでに殺された女性を、あなたは救えるか? すべての答えは【デジャヴ】の中に―。』  コチラの「デジャヴ」は、ジェリー・ブラッカイマー製作&トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演の3/17公開になったSF系...
2007年11月06日 (火) 22:30:42 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『デジャヴ』を観ました『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマー製作の初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたSFタッチのサスペンス・アクションです>>『デジャヴ』関連原題:DEJAVUジャンル:サスペンス/...
2008年06月06日 (金) 23:16:24 |  おきらく楽天 映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。