週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > イングリッシュ・ペイシェントHOME > あ~お > イングリッシュ・ペイシェント
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


イングリッシュ・ペイシェント 
2007年03月05日 (月) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
イングリッシュ・ペイシェントイングリッシュ・ペイシェント/THE ENGLISH PATIENT
1996年/アメリカ/162分
監督: アンソニー・ミンゲラ
出演: レイフ・ファインズ/ジュリエット・ビノシュ/クリスティン・スコット・トーマス/ウィレム・デフォー/コリン・ファース

1944年、飛行機事故で全身大火傷を負い、記憶喪失となった英国人患者(イングリッシュ・ペイシェント)がイタリアの野戦病院に運び込まれる。戦隊はイタリアのリボルノへ移動しようとしていたが、イングリッシュ・ペイシェントは重傷のため、移動は無理だと判断した看護師のハナは、近くにある寂れた僧院に彼と共に残ることを決める。ハナの献身的な看護に、彼は少しづつ記憶を取り戻していき、断片的な記憶をハナに話し始める。
彼はハンガリーの伯爵、L・デ・アルマシー。英国地理学協会に所属していた冒険家のアルマシーは、アフリカの砂漠で、“国際砂漠クラブ”の仲間たちと地図を作製していた。ある日、スポンサーであるクリフトン夫妻が現れ、アルマシーは夫妻の妻キャサリンに心を奪われる。あるアクシデントでお互いに好意を抱いていることに気付いた2人は、やがて不倫の関係へとはまり込んでいく―――――


これも、NHK-BS2のアカデミー賞受賞作特集でやっていました。第69回(1996年度)の作品賞を獲得しています。
看護婦と謎めいた過去を持つイングリッシュ・ペイシェントが恋に落ちる話かと思っていたら、全く違いましたね。あまりにも想像と違うので、逆に清々しい気分になりました(笑)
“イングリッシュ・ペイシェント”というタイトルが、まるで生きていないと思うのだけど。その意味はラスト近くにしか出てこないし、ええーそれだけ?って感じがした。

全体のストーリーも、アルマシーの過去を描きたいのか、現在の戦争の悲惨さ、ハナの状況を描きたいのか、良く分からなかった。アルマシーの過去を描きたいなら、ハナの恋愛模様なんかあんまり関係ない気がするし、ハナ(戦争)の状況を描きたいなら、アルマシーの過去はさらっとやってもいい気がするし…。
アルマシーの過去にしても、不倫の恋を、無理矢理戦争と結びつけているだけという印象。
カラヴァッジョも何のために出てきたのか。アルマシーの記憶を喚起するためだけとしか思えなかった。

評価:★(1.0)
単なる不倫物語にしか思えなかった…


DVDの購入はコチラ
【amazon】

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]イングリッシュ・ペイシェント [DVD]
(2009/12/16)
レイフ・ファインズジュリエット・ビノシュ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:アンソニー・ミンゲラ
出演者:レイフ・ファインズ、 ジュリエット・ビノシュ、 ウィレム・デフォー、 クリスティン・スコット・トーマス、 コリン・ファース、 ナヴィーン・アンドリュース 、 ジュリアン・ワドハム、 ユルゲン・プロホノフ、 ケヴィン・ホエイトリー
収録時間:168分
レンタル開始日:2002-03-22

Story
第二次世界大戦のさなか、撃墜された複葉機から大火傷を負って記憶を失った男が救出された。廃墟と化した修道院で従軍看護婦の手当てを受けた彼は、徐々に悲しい記憶を取り戻していく。第69回アカデミー賞で作品賞ほか9部門を制覇したロマンス大作。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
イングリッシュ・ペイシェントイングリッシュ・ペイシェントイングリッシュ・ペイシェントイングリッシュ・ペイシェント

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:アンソニー・ミンゲラ レイフ・ファインズ ジュリエット・ビノシュ クリスティン・スコット・トーマス ウィレム・デフォー コリン・ファース 第69回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
長編小説『イギリス人の患者』を 映画化した作品。 記憶を失った男が野戦病院に運び込まれ ハナと出会う。 徐々に記憶を取り戻していくのだが ダラダラとした内容で俺にはイマイチ あわなかった。 男と女同様、映画もあう合わないは重要で あると痛感した。 評価 : 4/1..
2008年04月13日 (日) 18:37:52 |  Watch IT!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。