週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


叫 
2007年03月01日 (木) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
叫
2006年/日本/104分
監督: 黒沢清
出演: 役所広司/小西真奈美/葉月里緒菜/伊原剛志
公式サイト
公開: 2007年02月24日

湾岸で、赤い服を着た若い女の他殺死体が発見される。死因は窒息死。遺体は地面に出来た海水の水たまりに頭を突っ込んでいた。捜査にあたっていた刑事、吉岡登は、現場で自分の持っているコートのボタンを見付ける。そして吉岡の痕跡が遺体の周辺から発見されるが、吉岡には身に覚えがない。そして第2の殺人事件が起こる。被害者は男子高校生、同じく海水に頭を突っ込んだ状態で発見される。これは連続殺人だと確信する吉岡。やがて、男子高校生の親が犯人として逮捕されるが、犯人は取調室で目に見えぬ何かに怯えてしまい、事情聴取にならない。その頃から、吉岡のもとに赤い服を着た女の幽霊が出没するようになる。これは現実なのかそれとも妄想なのか―――――自分は犯人ではないと断言出来なくなってくる吉岡。そしてまた海水を使った殺人事件が起きる…


映画サービスデーなので何を観ようか迷ったんだけど、これを選択しました。
立ち見出てたよ。狭い劇場だったとは言え、ちょっとびっくり。
黒沢節炸裂してますねー。
予告で「本格ミステリ」とか言っていたけど、これ、本格ミステリじゃなくて不条理ホラーでしょ。まぁ、黒沢清だとわかって観にくる人には、そんなこと百も承知でしょうけど。
白黒はっきりさせたいわたしみたいな人間は、不条理ホラーは観ちゃいけないよね。わかっていたのに、予告がよさげだったので、ついつい観てしまった orz

そんな訳で、オチもいつもどおりって感じかな。
どうでもいいところで言うと、赤い服の女が幽霊なら、せめて影くらいはCG処理して消して欲しいんですけど…。普通に影が映っていて萎えていたら、びゅーーーーーんと飛んでいきましたからね。赤い服の女。両隣の人が失笑していた。同じく ( ´,_ゝ`)プッ
歩き方も、明らかに足で歩かずにすぃ~っとやってくるシーンと、普通に足で歩いているシーンがあって、一貫性がないし。その辺は統一して欲しいところよ。

役者陣は良かったんじゃないですかね。役所広司は相変わらず素敵だし
葉月里緒菜、超久しぶりに観たわ。確かに怖かった(笑)
中村中の歌は雰囲気に合っていて、めちゃめちゃいいね~

評価:★★(2.0)
雰囲気は好きなんだけど、やっぱりわたしは黒沢清とは合わないわ。好きな人にはたまらないんでしょうけどねー


DVDの購入はコチラ
【amazon】

叫 プレミアム・エディション [DVD]叫 プレミアム・エディション [DVD]
(2007/08/01)
役所広司
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:黒沢清
出演者:役所広司、 小西真奈美、 伊原剛志、 葉月里緒菜
収録時間:131分
レンタル開始日:2007-08-01

Story
黒沢清監督、役所広司主演によるミステリーホラー。連続殺人事件の捜査を進めるうちに、自分が犯人なのではないかと思い始めた刑事・吉岡。そんな中、赤い服を着た女が突然出現し、それをきっかけに過去と未来が交錯する謎の世界に巻き込まれていく。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
叫(さけび)叫(さけび)叫


関連商品はコチラ
【amazon】

ノベライズ
叫(さけび) (角川ホラー文庫)叫(さけび) (角川ホラー文庫)
(2007/01/06)
林 巧
商品詳細を見る
これを読めば何か慰められますかね…

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:黒沢清 役所広司 小西真奈美 葉月里緒菜 伊原剛志 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。