週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > グリーン・デスティニーHOME > か~こ > グリーン・デスティニー
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


グリーン・デスティニー 
2007年02月20日 (火) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
グリーン・デスティニーグリーン・デスティニー/臥虎藏龍
2000年/アメリカ、中国/120分
監督: アン・リー
出演: チョウ・ユンファ/ミシェル・ヨー/チャン・ツィイー
公式サイト

名剣“碧名剣(グリーン・デスティニー)”の使い手であるリー・ムーパイは、瞑想修行を途中で止め、同じ弟子であるユー・シューリェンの元を訪れる。弟子であった碧眼狐(ジェイド・フォックス)に殺された師匠の敵を討とうとしていたムーパイだったが、ジェイド・フォックスの行方を掴めず、ついに剣を置くことを決めたのだった。ムーパイはシューリェンが北京へ行くついでに剣をティエに預けることを頼み、師匠の墓参りの後でシューリェンを追って北京へ向かうことにする。シューリェンがティエを訪ねた同じ日に、北京の貴族ユイ長官の娘シャオロンが訪ねてきていた。シャオロンは近々親が決めた相手の元に嫁ぐことが決まっていたが、シューリェンに、武侠の道を極めたいと話す。ムーパイに恋心を抱いているシューリェンは、結婚が女の幸せだと諭すのだった。その夜、グリーン・デスティニーが何者かに盗まれる。犯人を追っていったシューリェンは、犯人がシャオロンではないかと疑問を抱く。北京へたどり着いたムーパイは、北京へ逃げてきていたジェイド・フォックスと対峙し、もう一度グリーン・デスティニーを手にすることを決めるのだが―――――


この時期になると、WOWOWでもNHK-BS2でもアカデミー賞受賞作を放映してくれます。これはその内のひとつ。2000年度のアカデミー賞外国語映画賞他4部門で受賞しています。
何この映画… ( ´Д`)

名剣をめぐって奪い合う話なのかと思ったら、全然違うじゃん。グリーン・デスティニー、ほぼ関係なし。
家のしがらみから逃れて武侠の道を究めたかった才能あるおじょーさまが、あっちこっちを巻き込んで最終的に思い通りに生きるみたいな話。ていうか、チョウ・ユンファが主役じゃないよねこれ。

原題の意味を調べてみましたら、「藏龍臥虎」という中国の成語(四字熟語ですね)の前後を入れ替えたものだそうです。「藏」は隠れるという意味があるそうで、隠れた龍に臥した虎、つまり、まだ表に現れていない才能を持つ者、要するにシャオロンのことだから、邦題が間違っておったのだね。

それはそうとしても、あんまりにもストーリーにツッコミどころがありすぎ。ワイヤーアクションがどうとかそういう問題じゃないね既に。
いくら大事なもんか知らんが、櫛を奪った盗賊を追って馬で砂漠を駆けて、挙げ句の果てにその盗賊とやっちゃうという…どんなおじょーさまだ。

ワイヤーアクションに限って言えば、能力のある者が常人よりも高く飛んだりというレベルではなく、人として有り得ない飛び方をしていたのがね…。魔法使って飛んでるの?って感じなんだもん。

PROMISE」と言い「LOVERS」と言いこの「グリーン・デスティニー」と言い、わたしはどうもこの手の中国のアクション映画と相性が悪いらしい。観てないけど、たぶん「HERO」も駄目だろうな。。。

評価:☆(0.5)
劇場で観ていたら、たぶん怒って帰っていたと思う。
何でこれがアカデミー賞外国語映画賞獲ったんだろ…。ワイヤーアクションが物珍しかったんですかねえ…。謎だ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

グリーン・デスティニー ― コレクターズ・エディション [DVD]グリーン・デスティニー ― コレクターズ・エディション [DVD]
(2002/08/01)
チョウ・ユンファミシェル・ヨー
商品詳細を見る

グリーン・デスティニー [Blu-ray]グリーン・デスティニー [Blu-ray]
(2010/04/16)
チャン・ツィイーチャン・チェン
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:アン・リー、ユエン・ウーピン
出演者:チョウ・ユンファ、 ミシェル・ヨー、 チャン・ツィイー、 チャン・チェン
収録時間:120分
レンタル開始日:2001-06-22

Story
『マトリックス』でその技術力の高さを世界中に知らしめた、ユエン・ウーピンのワイヤーアクションが冴えるアクション大作。2000年度アカデミー賞で、最優秀外国語映画賞、最優秀撮影賞、最優秀作曲賞、最優秀美術賞の4部門を獲得した。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
グリーン・デスティニー コレクターズ・エディショングリーン・デスティニー コレクターズ・エディショングリーン・デスティニーグリーン・デスティニー

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:アン・リー チョウ・ユンファ ミシェル・ヨー チャン・ツィイー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「MUSA-武士-」からチャン・ツィイー繋がり!性格的にはワガママで生意気って似ている感じですが、彼女の魅力の1つである美しい身のこなしが堪能出来ますねぇ~。  「LOVERS」もそうなんだけど、コチラもワイヤー・アクションばりばり!でもその時に、コメント頂いた?...
2007年11月29日 (木) 21:33:41 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『グリーン・デスティニー』剣の名手ウーバイ(チョウ・ユンファ)は、長年惹かれあっていた女弟子シューリン(ミシェル・ヨー)と、残りの人生を生きようと決心、伝説の名剣と言われた、グリーンディスティニーを都に献上することにした。輸送を頼まれたシューリンはグリ...
2009年01月07日 (水) 21:37:56 |  *モナミ*SMAP・映画・本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。