fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > バッド・エデュケーション
バッド・エデュケーション 
2006年06月24日 (土) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
バッド・エデュケーションバッド・エデュケーション/LA MALA EDUCACION
2004年/スペイン/105分
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルティネス/ハビエル・カマラ/ルイス・オマール/ダニエル・ヒメネス・カチョ
公式サイト

1980年、マドリード。映画監督エンリケの元へ、少年時代の親友イグナシオが訪ねてくる。イグナシオは役者志望で、エンリケの新作に使って欲しいと言い、自分が書いたという脚本を渡す。エンリケはイグナシオが残していった脚本を読み進める内に、内容に引き込まれていく。それは、少年時代の2人をモデルにした話だった。幼い頃、神学校の寄宿舎で生活を共にしていた2人。イグナシオは、マノロ神父に性的虐待を受けていた。それでもイグナシオが学校から逃げ出さなかったのは、エンリケに恋をしていたからだった…
エンリケはこの脚本を元にして新作を撮り始めるが、イグナシオに違和感を覚える。そしてイグナシオの実家を訪ね、彼が抱える秘密を知ってしまったエンリケは―――――


トーク・トゥ・ハー」がめちゃめちゃ好みだったので、観てみました。これも結構評判いいみたいだしね。
映画の持つ雰囲気はとても好み。
でも、ストーリーとしては…うーん。ただのゲイの物語にしか思えん。

神父が性的虐待を働くってのは、よく題材として取り上げられるよね。閉鎖的な空間だし、性欲を抑えているとかそういうイメージがあるので、そういう話が想像しやすいのかな。そう言えば「マグダレンの祈り」もそうですね。あっちは女の子なので、結構悲惨。妊娠とか性病とかの問題も出てくるし。

イグナシオがゲイになってしまったのは、マノロ神父に受けた性的虐待のせいってばかりじゃないよね? もちろんトラウマなんかはあったと思うけど、でもヤク中になってたり、その頃のことで脅迫したり、なんか同情出来ないなぁ…そりゃもちろん、神父が悪いんですけどさ。

ガエル・ガルシア・ベルナルは、女装したりおっさんと絡んでみたりお尻&陰毛を晒してみたりと超頑張っちゃってますが、わたしはどっちかっていうと、フェレ・マルティネスの方がいい味出してたなと。

でも、これゲイが駄目な人は観られないだろうなぁ…神父はともかく、主人公たちがゲイである必要性が感じられないというか。エンリケは、別にゲイじゃなくても良かったんじゃない? 愛情ではなくて友情でも、充分話は通じたと思うんだけど。

評価:★★★(3.0)
雰囲気は好き。しかしこの映画、本当にゲイしか出てきやしない。
アルモドバルの自伝的な話らしいのですが、この人ゲイだったのね。まぁ、別に作品の出来とは関係ないからいいけど。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

バッド・エデュケーション [DVD]バッド・エデュケーション [DVD]
(2009/01/28)
ガエル・ガルシア・ベルナルフェレ・マルチネス
商品詳細を見る

バッド・エデュケーション [DVD]バッド・エデュケーション [DVD]
(2005/11/25)
ガエル・ガルシア・ベルナルフェレ・マルチネス
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ペドロ・アルモドバル
出演者:ガエル・ガルシア・ベルナル、 フェレ・マルチネス、 ハビエル・カマラ、 レオノール・ワトリング
収録時間:105分
レンタル開始日:2005-11-25

Story
『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル監督が、ガエル・ガルシア・ベルナルとフェレ・マルチネス共演で描く半自伝的物語。80年のマドリード。気鋭の映画監督・エンリケの下に、イグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に現れる。R-15作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
バッド・エデュケーションバッド・エデュケーションバッド・エデュケーションバッド・エデュケーション

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ペドロ・アルモドバル ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネス ハビエル・カマラ ルイス・オマール ダニエル・ヒメネス・カチョ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック