週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > さ~そ > スキャナー・ダークリー
スキャナー・ダークリー 
2006年12月13日 (水) | EDIT |
 シネセゾン渋谷にて鑑賞
スキャナー・ダークリースキャナー・ダークリー/A SCANNER DARKLY
2006年/アメリカ/100分
監督: リチャード・リンクレイター
出演: キアヌ・リーヴス/ロバート・ダウニー・Jr/ウディ・ハレルソン/ウィノナ・ライダー/ロリー・コクレイン
公開: 2006年12月09日
公式サイト

右脳と左脳が分断されてしまうという、危険なドラッグ“物質D”が蔓延している近未来のアメリカ。麻薬捜査官のボブ・アークターは、自ら“物質D”を摂取してジャンキーのジム・バリスたちに接触し、おとり捜査を行っていた。しかし、捜査本部にジャンキーのボブに対しての密告があり、ボブは自分で自分を監視するはめに陥る。“自分を監視している自分”と“自分に監視されている自分”―――――ボブの中に2つの人格が現れ、次第にボブは壊れていく…


人生は、奇跡の詩」とどっちを観ようか迷って、結局こちらにしてみました。「人生は、奇跡の詩」は来週…観られるかなあ…
はっきり言って、ストーリーはつまらない。全然ハマれなかった。盛り上がりどころも特にないし、だからナニ?みたいな…。原作もこんな話なのかなあ。
かなりの時間、寝てしまいました。下手すると半分くらい寝てたかも?

migさんも書いていらっしゃるけれど、これはかなりマニア受けな作品。好き嫌いというより、受け入れられるか受け入れられないかがはっきり分かれると思う。わたしは駄目だったけど、migさんは割と好感触だし。

実際に俳優が演じた映像の上をアニメーターが描いていくという、“ロトスコープ”なる実験的な手法を使ったということは、評価されるのかもしれないケド…
キアヌたちが実際に演じたのは、2年前らしい。その後の“ロトスコープ”の処理に19ヶ月かかったっていうんだから… (;・∀・)

評価:★(1.0)
マニアにはなれなかったということで…。でも、原作ファンの方には、こういう手法を使ったことでどれだけ世界観が忠実に映像化されているか、観て確認して欲しいかも。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

スキャナー・ダークリー 特別版 [DVD]スキャナー・ダークリー 特別版 [DVD]
(2009/09/09)
キアヌ・リーブスウィノナ・ライダー
商品詳細を見る

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
(2010/04/21)
キアヌ・リーブスウィノナ・ライダー
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:リチャード・リンクレイター
出演者:キアヌ・リーブス、 ウィノナ・ライダー、 ロバート・ダウニー・Jr、 ウディ・ハレルソン
収録時間:100分
レンタル開始日:2007-05-25

Story
『マイノリティ・リポート』の原作者、フィリップ・K・ディックのベストセラー小説を、特殊な技法で映像化した近未来サスペンス。自らジャンキーになりすまし、薬物の供給源を探る麻薬捜査官・ボブだったが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
スキャナー・ダークリー 特別版スキャナー・ダークリー 特別版スキャナー・ダークリースキャナー・ダークリー


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)
(2005/11)
フィリップ・K. ディック
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・リンクレイター キアヌ・リーヴス ロバート・ダウニー・Jr ウディ・ハレルソン ウィノナ・ライダー ロリー・コクレイン フィリップ・K・ディック 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
TBさせていただきました。
TBさせていただきまいした。

斬新な映像が、未来を効果的に表現していたと思います。
2007年10月17日 (水) 18:54 |   | タウム #-[ EDIT]
タウムさん
コメントありがとうございますv-411

映像は確かに斬新でしたが、ストーリーには引き込まれなかったので
それが残念な作品でした。
2007年10月19日 (金) 04:52 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「スキャナー・ダークリー」 まずはその画面が目を引く。 実際に撮影したフィルムをデジタル処理していて、実写でもないアニメでもないって感じ。 おそらくは、麻薬捜査官が身...
2007年10月17日 (水) 18:53:49 |  本読め 東雲(しののめ) 読書の日々