fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 0~9 > 25年目のキス
25年目のキス 
2006年11月08日 (水) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
25年目のキス25年目のキス/NEVER BEEN KISSED
1999年/アメリカ/107分
監督: ラージャ・ゴスネル
出演: ドリュー・バリモア/デヴィッド・アークエット/ジョン・C・ライリー/リーリー・ソビエスキー/マイケル・ヴァルタン
公式サイト(英語)

ジョジー・ゲラーは、いつか記者になることを夢見ながら、今は新聞社で原稿整理係に甘んじる25歳。ある日、社長の命令で、17歳としてサウス・グレン高校に潜入取材をし、若者たちの実態を取材するはめに。これは記者になれるチャンスだと張り切るジョジーだが、高校時代“バイ菌ジョジー”と呼ばれ虐められていた彼女は、高校に編入しても周りから浮いてしまい、人気者のガイのグループには嫌われ、“今時の若者”の実態はなかなかつかめない。そんな中、ジョジーはアルディスと親しくなるが、“分母クラブ”に属する彼女とその仲間たちは地味で、記事になるようなネタはない。ジョジーは、他誌に記事をすっぱ抜かれて業を煮やした上司ガスに監視カメラを付けられ、もっと過激なネタを探すように命じられる。すると、ジョジーの弟ロブが年齢を偽りサウス・グレン校に編入してきた。そして人気者になったロブが、脚色したジョジーのプロフィールを触れ回ったために、彼女は一躍人気者に。ジョジーはガイたちの仲間になることに成功し、ついにガイに卒業パーティー(プロム)のパートナーに誘われる。しかし25歳のジョジーの心には、いつの間にか担任教師のサムが居た。そして卒業パーティー(プロム)の日、ジョジーはプロム・クイーンに選ばれるが―――――


実は、あんまりドリューの出演作って観ていないのです。「E.T.」、「チャーリーズ・エンジェル」シリーズ、「50回目のファースト・キス」ぐらいかなあ。「スクリーム」も観たけど、あれは出演したと言ってもちょい役だしね。
映画の前半は、ドリューが超ぶっさいく。しかもちょっとイタい子の役なので、観るのはしんどかった。後半はどんどん可愛くなって、前半との対比がすごい。

ジョジーがサムを好ましく思っていることは、何となくは伝わるものの、でもジョジーはガイの仲間たちになって楽しそうに過ごしていたり、ガイに誘われて嬉しそうにしていたので、最後の展開はちょっと無理があるような。。。取材のためとは言え、アルディスとは疎遠になってガイの仲間たちと親しくなったのに、最後の最後にああいう展開になるのもなあ。

エンド・ロールは、スタッフとキャストの昔の写真がクレジットと一緒に映っていて、こういうのもいいなあと思いました。

評価:★★☆(2.5)
軽く観られるラブコメ。ドリューは本当にラブコメが良く似合う!


DVDの購入はコチラ
【amazon】

25年目のキス [DVD]25年目のキス [DVD]
(2010/06/25)
ドリュー・バリモアデイビッド・アークェット
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ラージャ・ゴスネル
出演者:ドリュー・バリモア、 デイビッド・アークェット、 ジョン・C・ライリー、 リーリー・スビエスキー
収録時間:108分
レンタル開始日:2004-03-05

Story
『スクービー・ドゥー』のR・ゴスネル監督、『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』のD・バリモア主演のラブコメディ。彼氏イナイ歴25年の女の子が、潜入ルポで高校生活を再体験。イヤな過去を乗り越えて、素敵な女性へと成長する爽快ムービー。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
25年目のキス25年目のキス25年目のキス25年目のキス

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:ラージャ・ゴスネル ドリュー・バリモア デヴィッド・アークエット ジョン・C・ライリー リーリー・ソビエスキー マイケル・ヴァルタン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック