週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 僕の、世界の中心は、君だ。HOME > は~ほ・う゛ > 僕の、世界の中心は、君だ。
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


僕の、世界の中心は、君だ。 
2007年08月07日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
僕の、世界の中心は、君だ。僕の、世界の中心は、君だ。/파랑주의보
2005年/韓国/97分
監督: チョン・ユンス
出演: チャ・テヒョン/ソン・ヘギョ/イ・スンジェ
公式サイト

テミョン高校の同窓会に10年振りに現れたキム・スホ。これまで同窓会に顔を出さなかったのは、スホが初恋の相手、ペ・スウンを忘れられなかったからだった。
高校時代、皆の憧れの的だったスウンに売店でコロッケを買ったことがきっかけでつきあい始めたスホとスウン。2人は幼い恋を育んでいたが、初めて泊まりがけで出かけたアンゲ島で、スウンが突然倒れる。貧血と診断されたスウンだったが、実は白血病だったのだ―――――


言わずと知れた「世界の中心で、愛をさけぶ」の韓国版リメイク。そもそもオリジナルが…なので(長澤まさみは可愛かったけど)、全く観る気はなく。
…なんで録画したんだろう? (;・∀・)
オリジナルの基本的なポイントは押さえていて(ああ、でも例の「助けてくださぁ~い」は無かったな)、それに韓国版ならではのエピソードもちょっと盛り込んでいるという感じかな。
韓国のお家芸でぐぐっと泣かせてくれるのかと思ったけど、
全く泣けなかった。
じーさんの初恋のエピソードはすごく良かったんだけど、それ以外はどうも… (^_^;)

そもそもオリジナルが、長澤まさみで持っていたからなあ。ヘギョちんも可愛いんだけど、このために髪の毛を剃った長澤まさみには敵わないでしょーよ。
しかし「秋の童話」の時もそうだったけど、ホントヘギョって死にそうに見えない…(笑)
今回も、病院から抜け出した途端に具合悪そうになっているからねー(韓国映画&ドラマの難病ものでは良くあることだけど)

オリジナルでは、行方不明となった婚約者を捜して故郷を歩くにつれて、思い出も甦ってくる、(後々問題は起こりそうだけど)今の恋人と前を向いて生きていくという設定になっていたんだけど、韓国版は2人の思い出シーンがほとんどで(しかも無駄に長い)、「死ぬまで君を想い続けていくよ」なんだね…。いーのかそれで?

気持ち悪いエピソード(柔道部の先輩とスホの妹のラブとか)もあったし、全体的にどうかと思う出来だけど、一番無茶なのが、三十路のチャ・テヒョンに高校生役をやらせたことじゃなかろうか。韓国って、若い俳優いないのか?

評価:★(1.0)
じーさんのエピソードと、ヘギョが可愛かったからおまけ。
これ、肝心の韓国では流行ったのかなー

 オリジナルのレビューはコチラ 世界の中心で、愛をさけぶ


DVDの購入はコチラ
【amazon】

僕の、世界の中心は、君だ。 [DVD]僕の、世界の中心は、君だ。 [DVD]
(2009/07/22)
チャ・テヒョンソン・ヘギョ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:チョン・ユンス
出演者:チャ・テヒョン、 ソン・ヘギョ、 イ・スンジェ
収録時間:96分
レンタル開始日:2006-12-21

Story
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと『秋の童話~』のソン・ヘギョが贈る韓国版“セカチュー”。平凡な学生・スホに想いを寄せる美少女・スウン。ふたりはポケベルを使って互いの絆を深めていくが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
僕の、世界の中心は、君だ。僕の、世界の中心は、君だ。僕の、世界の中心は、君だ。僕の、世界の中心は、君だ。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:チョン・ユンス チャ・テヒョン ソン・ヘギョ イ・スンジェ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。