fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > さ~そ > さらば、ベルリン
さらば、ベルリン 
2007年10月02日 (火) | EDIT |
 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞
さらばベルリンさらば、ベルリン/THE GOOD GERMAN
2006年/アメリカ/108分
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
出演: ジョージ・クルーニー/ケイト・ブランシェット/トビー・マグワイア/ボー・ブリッジス/トニー・カラン
公式サイト
公開: 2007年09月22日

1945年、長く続いた第二次世界大戦の片をつけるため、アメリカ、イギリス、ソ連の首脳はドイツ、ポツダムで会談を行うことになっていた。記者ジェイク・ゲイスメールはその取材のため、数年ぶりにドイツに足を踏み入れる。ジェイクは戦前この街で駐在記者をしており、その時の部下レーナ・ブラントと恋仲であったが、彼女は既婚者であったため、不倫の関係だった。ジェイクはレーナのことが忘れられずにいたが、思わぬ形でレーナと再会する。レーナは娼婦となっており、またジェイク付きの運転手であるタリー伍長の恋人でもあった。変わり果てたレーナを見て、呆然とするジェイク。そのタリーが、ソ連領で銃殺死体となって発見される。しかしアメリカもソ連も、タリーの死について深く追求しようとしない。ジェイクは謎を解くために奔走するが…


パーフェクト・ストレンジャー」に引き続いて鑑賞。
どうでもいいことですが、ポイントカード会員になりました。ここでしかやっていない映画も多いし、多分元は取れるであろう。500円だし。そうやって、あちこちの映画館のポイント会員になって、収拾が付かなくなってる気もするが…
全編モノクロで、場面の移り方とかラストシーンとか、40年代っぽく作っています。
特に車を運転しているシーンで気付いたんだけど、リアプロジェクションという、当時良く取られていた手法を真似て撮っているんだって。
リアプロジェクションっていうのは、わたしも詳しくないのでググってみたんですが、俳優が演技している後ろにスクリーンがあって、その後ろから背景を映し出すという手法のこと。背面投射型とも言うそうです。
当時撮られた記録映画を使っていたりするらしいんだけど、全編モノクロで撮っているため、違和感がなかった。映像的には、ソダーバーグのこだわりを感じられて、とても良かったと思う。

がー、しかし。

肝心のストーリーが非常にわかりづらい。
いや、「シリアナ」よりはマシだけど、でもかなりわかりづらくて、つまらなかった。全然引き込まれないし、これでサスペンスって言われてもなぁ… (;・∀・)
まず、エミールが狙われている理由が良くわからなくて、そこからレーナにシフトしていったのもわからないし、レーナが夫を捨てて国外へ出たがった理由もわからない…
こんなにわからないだらけで、まったく理解出来てないんじゃ?と思われてもしょうがないけど、ストーリーの流れは何となくわかる。けど、細部がわからん。
途中で視点が変わる(タリー→ジェイク)のも、個人的には余計にわかりづらくなっただけじゃ…という気もする。

ジョージは相変わらず濃いくて素敵なんですが、あの軍帽?がイマイチ似合っていない気がする…
ケイト・ブランシェットは、何となく「L.A.コンフィデンシャル」のキム・ベイシンガーを思い出しました。ただ、両方とも役柄が娼婦だったからかもしれないけど。

評価:★☆(1.5)
とにかくめちゃめちゃわかりづらい。映像を観に行くって感じかな。
観に行く時は覚悟していってください。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

さらば、ベルリン [DVD]さらば、ベルリン [DVD]
(2010/04/21)
ジョージ・クルーニーケイト・ブランシェット
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演者:ジョージ・クルーニー、 ケイト・ブランシェット、 トビー・マグワイア
収録時間:108分
レンタル開始日:2008-02-08

Story
『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグ監督とジョージ・クルーニーがタッグを組んで贈るクライムサスペンス。従軍記者・ジェイクは取材に訪れたベルリンで、かつての不倫相手と運命的な再会を果たすが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
さらば、ベルリンさらば、ベルリンさらば、ベルリンさらば、ベルリン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スティーヴン・ソダーバーグ ジョージ・クルーニー ケイト・ブランシェット トビー・マグワイア ボー・ブリッジス トニー・カラン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
TB&コメントありがとうございました
判り辛かったのもありますが、話がフラフラと迷走してましたね。
筋が1本通ってなかったのが痛かったです。
コロコロ変わるナレーションも感情移入出来ない一因だったかと思います。
キャストは良かったのに勿体無い使い方でした。
2007年10月09日(火) 21:54 |   | くまんちゅう #TO.QWiMc[ EDIT]
くまんちゅうさん
コメントありがとうございますv-411

何度も頭の中で、ん?これはどうだったっけ? えっと…さっきこうじゃなかった?って組み立てながら観ていたんですが、それでも理解不能な部分がありました。
タリーも、ナレーションかと思いきや死んでしまうし…
ホント、キャストと雰囲気は良かったので勿体無いなあという感じですね。
2007年10月11日(木) 20:44 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さらば、ベルリンThe Good German(2006年/アメリカ/スティーブン・ソダーバーグ監督/英語版公式サイト)舞台は廃虚となったベルリン。かつて戦争記者として活躍したアメリカ人ジェイクは、ポツダム会議の取材...
2007年10月06日(土) 00:35:50 |  辛口だけれど映画が好きです
第2次大戦直後のドイツの首都ベルリンを舞台にした、オールドファッションドモノクロ
2007年10月06日(土) 02:42:00 |  Wilderlandwandar
【THE GOOD GERMAN】2007/09/22年公開製作国:アメリカ 監督:スティーヴン・ソダーバーグ原作:ジョゼフ・キャノン『さらば、ベルリン』(早川書房刊)出演:ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア、ボー・ブリッジス、トニー・カラン1940?...
2008年02月14日(木) 12:50:28 |  映画鑑賞★日記・・・