週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ハンニバル・ライジングHOME > 小説 著者:は~ほ > ハンニバル・ライジング
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ハンニバル・ライジング 
2007年10月14日 (日) | EDIT |
ハンニバル・ライジング〈上〉ハンニバル・ライジング〈下〉ハンニバル・ライジング
著  者: トマス・ハリス
訳  者: 高見浩
出版年: 2007年
出版社: 新潮文庫/新潮社

1944年、リトアニアのレクター伯爵は、ドイツ軍の襲撃から逃れるために家族と共に城から脱出し、近くの森にあるロッジに避難していた。3年半、彼らはそこで生き延びたが、シュトゥーカ爆撃機に襲撃され、幼いハンニバルと妹ミーシャを残し、家族は全員死んでしまう。その後2人のいるロッジに残兵たちが逃げ込んで来て、ミーシャは殺されてしまった。
2年後、ハンニバルは孤児収容所となったレクター城に引き取られていたが、妹の死がトラウマなって言葉を失い、毎夜悪夢にうなされていた。ある日、フランスにすむ父親の弟ロベールがハンニバルを迎えに来る。ハンニバルは、叔父と叔父の妻である日本人の紫、そして下男、家政婦たちとしばらくは穏やかな日々をすごす。ハンニバルはある日、叔母と出かけた市場で、肉屋のポールが彼女をひどく侮辱したのに腹を立て、ポールを手にかける。フランス警察のポピール警視はハンニバルがポールともめていたことを聞き、彼を疑うが―――――


映画がちょっとアレだったんで…どうしようかと思ったんだけど、とりあえず読まねばなるまい。でも、全作手元にあるわけじゃないので(あ、「羊たちの沈黙」だけはあるか)、少々細かいところは忘れております。
まぁ…復讐物語だよね。妹を殺し、レクター城の宝物を奪った犯人に対しての。
コルナスを殺した時の「ぐしゃっという感触は心地よかった」という描写が出てきて、ああ、彼は楽しんでいたのか…とは思うんだけど、それまではやはり復讐物語という感じだなあ。

さすがにトマス・ハリスが脚本を手がけただけあって、あの映画はかなり忠実だったということがわかりました。端折り方が上手い。映画では、叔父さんは既に死んでいたけど、この原作では叔父がハンニバルを迎えにきて、しばらくは一緒に過ごしています。この叔父が芸術家なだけあって、ちょっと普通の人とは違う感じ。

しかし、トマス・ハリスがこんなに親日家とは思わなかった。紫婦人の名前の読みは“ゆかり”ではなく“むらさき”なので、あり得ない…と思っていたんだけど、これは紫式部から来ているそうな。和歌も詠んだりしちゃうしね~
映画ではちょっとどうよと思うシーンがかなりあったけど、本ではそうでもない。これは、映画化した監督と原作者の理解度とか翻訳の違いかもね。
でも、今までの作品で、ハンニバルが少々日本語を話すとか、日本について造詣が深いなんて表現はなかったと思うんだけど。だから余計に、何だか取ってつけたような気がしてしまう。わたしが忘れているだけかな?

しかし…全体的には、やはり蛇足な感じ。怪物の過去なんて知りたくはないのだよ。

評価:★★☆(2.5)
読めないことはないですが、「レッド・ドラゴン」からなる前3作とは違う感じですね。

 映像化作品のレビューはコチラ ハンニバル・ライジング


本の購入はコチラ
【amazon】

全2巻
ハンニバル・ライジング 上巻 (新潮文庫)ハンニバル・ライジング 上巻 (新潮文庫)
(2007/03)
トマス ハリス
商品詳細を見る

ハンニバル・ライジング 下巻 (新潮文庫)ハンニバル・ライジング 下巻 (新潮文庫)
(2007/03)
トマス ハリス
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画原作・ノベライズ
GENRE:小説・文学
TAG:トマス・ハリス 「ハンニバル・レクター[小説]」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。