fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 0~9 > 0:34 レイジ34フン
0:34 レイジ34フン 
2006年08月06日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
0:34 レイジ34フン0:34 レイジ34フン/CREEP
2004年/イギリス、ドイツ/85分
監督: クリストファー・スミス
出演: フランカ・ポテンテ/ポール・ラットレイ/ケリー・スコット/ケン・キャンベル/ショーン・ハリス

パーティに参加していたケイトは、あるハリウッドスターがこの場に来ていることを聞きつけ、VIP用の招待状を持っているジェマを探すが、彼女は帰ったと聞かされる。どうしてもハリウッドスターに会いたいケイトは、ジェマを追って外へ出るが、タクシーがなかなかつかまらず、地下鉄で彼女を追いかけることに。0:34発の終電をホームで待っている間、ケイトはうとうとしてしまい、気付くとホームに客はおらず、既に終電は出てしまっていた。慌てて駅の外へ出ようとしたが、既に閉鎖されていた。そこへ来るはずのない電車がホームに滑り込んできて、とっさに電車に乗り込むケイト。そこには、ケイトにちょっかいをかけてきていたガイが乗り込んでいて、彼女をレイプしようとする。しかし突然、ガイは何者かによって電車の外へ引きずり出され、ケイトは電車から降りて駅に戻る。すると、駅をねぐらにするホームレスのジミーとマンディというカップルに出会う。ケイトはジミーに警備室に案内してもらい駅から出ようとするが、血だらけのガイが線路際に倒れているのを見付ける。ケイトは警備室への呼び出しボタンを見付け、警備員と話をしている途中でガイが息を引き取り、警備員もまた何者かに襲われ殺されてしまう。ケイトとジミーは線路を伝い次の駅に行こうとするが―――――


劇場に観に行こうと思っていたんだけど、タイミングを逃してしまって、結局観られなかったのでした。ホラーは結構終わるの早いんだよね。ましてや、こういうマイナーものだとね…
正直、劇場で観なくて良かった(笑)
スプラッタホラーと思ってなかったもんで…。

地下鉄の構内を走っていたら、閉鎖された病院の跡に繋がっているって設定がそもそも ( ゚Д゚)ハァ? なんですけど…
イギリスでは、そんなに浅いところに地下鉄が走ってるんですか?

殺人鬼も、中途半端な描き方をされているので、何故彼があそこにいて、どうして人を殺すのかとかがまったくわからないんだよね。まぁ、殺人鬼に理由は必要ないと言われればその通りですが…。

ディセント」も同じなんだけど、この手のやつに殺人鬼なんか出てこなくていいんだよー
終電を逃した後で、来るはずのない電車がやってきて…ってだけで充分怖いじゃないか。何故それを上手くいかせないかなぁ。

そう言えば、来るはずのない電車がやってきてって言うのは、美内すずえの「妖鬼妃伝」が怖かったな。

評価:☆(0.5)
もうイギリスのホラーは信用しません(笑)


DVDの購入はコチラ
【amazon】

0:34 レイジ34フン [DVD]0:34 レイジ34フン [DVD]
(2006/07/19)
フランカ・ポテンテヴァス・ブラックウッド
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:クリストファー・スミス
出演者:フランカ・ポテンテ、 ヴァス・ブラックウッド、 ショーン・ハリス、 ポール・ラットレイ
収録時間:85分
レンタル開始日:2005-11-02

Story
『ラン・ローラ・ラン』のフランカ・ポテンテ主演、ある女性を不気味な地下鉄の恐怖が襲うホラー。ケイトは地下鉄の駅で0:34の終電を待つ間に寝てしまい、駅にひとり残されてしまう。しかし、その後来ないはずの電車が到着し…。R-15作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
0:34 レイジ 34 フン0:34 レイジ 34 フン0:34 レイジ34フン0:34 レイジ34フン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:クリストファー・スミス フランカ・ポテンテ ポール・ラットレイ ケリー・スコット ケン・キャンベル ショーン・ハリス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック