週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


真相 
2007年12月04日 (火) | EDIT |
真相真相
著  者: 横山秀夫
出版年: 2006年
出版社: 双葉文庫/双葉社

10年前、殺人事件で息子を亡くした篠田佳男は、やっと犯人が捕まったと聞かされる。これで息子の死の真相がわかると思ったものの、犯人から思ってもみなかった息子の様子を聞かされて、篠田は激しく動揺するが―――――(「真相」)
他「18番ホール」「不眠」「花輪の海」「他人の家」収録


久々に横山秀夫を読んでみました。
とりあえず図書館で借りた本を読み終わったんで、当分は自分で買ったけどまだ読んでいない本を片付けなくちゃ。
横山秀夫には珍しい?警察小説以外の短編集。
「隠された犯罪が顕になる」というようなことが共通しているかな。警官でも新聞記者でもない、普通の人が犯した犯罪と言うので、ちょっと身近な感じがします。

表題作の「真相」は、死んじゃった息子が万引きしていたとか、「俺のオヤジはヤクザだ」とか暴言吐いたことがそんなにショックを受けることか?と思ったりもするけど…まぁ、死んじゃったものは余計に美化する傾向があるからな…

「18番ホール」はかなり救いがない感じ。こういうのが一番好きかも(笑)
普通の人が担ぎ出されて市長に立候補して、必死に選挙を勝ち抜こうとする。何故そんなに必死になるのか? もちろん県職員という職を辞して戦っているので、負けたら後がないということもあるけど、実はそれ以外にも大きな理由が、対立候補が進めようとしているレジャー施設開発の、ゴルフ場18番ホールになる予定の土地にあった…
結局こういうのって、最後は余計に自分を追い詰めることになるんだよね。何としても選挙に勝たないと身の破滅だと言う思いから、主人公が周りの人をどんどん疑い始める狂いっぷりがうまかった。

評価:★★★☆(3.5)
「18番ホール」が一番面白かった。他の短編集とはちょっと違った味わいがありました。


本の購入はコチラ
【amazon】

真相 (双葉文庫)真相 (双葉文庫)
(2006/10)
横山 秀夫
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ミステリ
GENRE:小説・文学
TAG:横山秀夫 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。