fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > さ~そ > 死刑台のエレベーター
死刑台のエレベーター 
2007年12月16日 (日) | EDIT |
 NHK-BS2にて鑑賞
死刑台のエレベーター死刑台のエレベーター/ASCENSEUR POUR L'ECHAFAUD
1957年/フランス/92分
監督: ルイ・マル
出演: モーリス・ロネ/ジャンヌ・モロー/ジョルジュ・プージュリー/リノ・ヴァンチュラ/ヨリ・ヴェルタン

カララ商会の社員ジュリアン・タベルニエと社長夫人であるフロランス・カララは不倫関係にあった。2人は社長を自殺に見せかけて殺す計画を立て、ジュリアンは社長を殺すことに成功するが、現場である社長室に証拠を残したことに気付き、慌ててビルに戻る。エレベーターに乗り込んだところで管理人にビルの電源を落とされてしまい、ジュリアンはエレベーターの中に閉じ込められてしまう。一方、フロランスは、ジュリアンと落ち合うことになっていたカフェで、花屋で働いている娘ベロニクを乗せたジュリアンの車が走り去るのを見る。ジュリアンが怖気づいてベロニクと逃げたと誤解したフロランスは、ジュリアンを探し回る。しかし実は、ベロニクが恋人ルイと共にジュリアンの車を盗みだし、乗り回していたのだった。ルイとベロニクはタベルニエ夫妻を名乗ってモーテルに泊まるが、居合わせたドイツ人観光客の車を盗もうとしてドイツ人を撃ち殺してしまう―――――


たまには古典も。さすがに生まれておりません。
モノクロなので、電源を落とされたエレベーターでのジュリアンの様子が、いまいち観え難かったのが辛かった。何となく推測は出来るんだけどね。

ストーリーは、今の時代から観るとそう目新しいところはないけど、最後にはどうなっちゃうんだろう?って展開は上手いですね。
ラスト、真相が明らかになるところでマイルス・デイビスのトランペットが流れるんだけど、これが非常に雰囲気があって良かった。
その割にはトリックが稚拙なんだよなあ。ジュリアンが、社長室の鍵に偽装工作をして自殺と言う状況を作り出したのに対して、あの間抜けな侵入方法はナニ? (;・∀・) あんなの、ビルを見上げる人がいたら一発でおしまいじゃん…真夜中って訳じゃないんだからさ。しかも、ロープをそのままにしてくるって…ねえ。

評価:★★★(3.0)
雰囲気はすごく良かった。ジャンヌ・モローが綺麗っす。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

死刑台のエレベーター【HDニューマスター版】 [DVD]死刑台のエレベーター【HDニューマスター版】 [DVD]
(2009/09/26)
ジャンヌ・モローモーリス・ロネ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【TSUTAYA DISCUS】

死刑台のエレベーター死刑台のエレベーター

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:ルイ・マル モーリス・ロネ ジャンヌ・モロー ジョルジュ・プージュリー リノ・ヴァンチュラ ヨリ・ヴェルタン マイルス・デイビス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック