週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 氷の微笑HOME > か~こ > 氷の微笑
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


氷の微笑 
2007年12月24日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
氷の微笑氷の微笑/BASIC INSTINCT
1992年/アメリカ/128分
監督: ポール・ヴァーホーヴェン
出演: マイケル・ダグラス/シャロン・ストーン/ジョージ・ズンザ/ジーン・トリプルホーン/レイラニ・サレル

元ロック・スター、ジョニー・ボズがアイスピックで惨殺されるという事件が起こる。捜査線上に浮かび上がったのは、彼の恋人である女流作家キャサリン・トラメル。サンフランシスコ市警のニック・カラン刑事は相棒のガス・モランとキャサリンの事情聴取を行う。キャサリンは以前、引退したロックスターが恋人に殺されるという小説を書いており、両親や元婚約者など、彼女の身辺では不審な死が溢れていた。観光客を誤って撃ち殺したという過去があるニックに興味を持ったらしいキャサリンは、ニックを主人公として小説を書くと言う。ガスが止めるのも聞かずニックはキャサリンと接触し続け、ニックは次第に刑事と容疑者の枠を超えてキャサリンの怪しい魅力に翻弄されていく…


当時、劇場で観ています。母と観たんだけど、友だちにも「え? お母さんと観たの? (;・∀・) 」と言われたし、今の年齢なら別に平気だが、今考えるとちょっとアレだね…。親と観る映画じゃないな。(ウチはあんまりそういうの気にしない家庭でした)
さすが、これでスターダムにのし上がっただけあって、シャロン・ストーンはめちゃ綺麗 ヨダレ 若いしね(笑)

氷の微笑2」では、シャロンが歳を取りすぎているので(ファム・ファタールを演るにはって意味ですよ)、どうも喰っちゃうぞー Ψ(`∀´)Ψケケケ 状態にしか見えないけど、この1では相手役ニックが年上だから、ニックが若くて美しい女に翻弄されている感じが上手く出ている。
話自体は、ちゃんと観るとやっぱりツッコミどころはあるんだけど、最後までどうなるの?っていう飽きさせない作りではある。

あの足組み換えシーンは、ホント、一瞬、え? Σ(゚∀゚ ) って感じで上手いわ。実際、シャロンは下着は着けていなかったらしいんだけどね。(下着の色が映ってしまうとのことで、監督と話して脱いだらしい)

評価:★★★(3.0)
やっぱり2は作らない方が良かったねー


DVDの購入はコチラ
【amazon】

氷の微笑 [DVD]氷の微笑 [DVD]
(2004/11/25)
マイケル・ダグラスシャロン・ストーン
商品詳細を見る

氷の微笑 スペシャル・エディション〈2枚組/特殊パッケージ仕様〉 [DVD]氷の微笑 スペシャル・エディション〈2枚組/特殊パッケージ仕様〉 [DVD]
(2003/02/21)
マイケル・ダグラスシャロン・ストーン
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ポール・バーホー
出演者:マイケル・ダグラス、 シャロン・ストーン、 ジョージ・ズンザ、 ジーン・トリプルホーン
収録時間:128分
レンタル開始日:1997-12-21

Story
マイケル・ダグラス&シャロン・ストーン共演、超一級サスペンス! (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
氷の微笑氷の微笑氷の微笑氷の微笑

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ポール・ヴァーホーヴェン マイケル・ダグラス シャロン・ストーン ジョージ・ズンザ ジーン・トリプルホーン レイラニ・サレル 「氷の微笑」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
元ロックスターが惨殺された。被害者と関係のある、富豪で作家のキャサリンが容疑者として浮かび上がる。数ヶ月前、今回の事件そっくりの小説を彼女は発表していたのだ。 警察の追及を難なくかわすキャサリンだったが、刑事のニックは彼女への疑惑を拭い去れない。一方キ...
2011年09月03日 (土) 08:48:41 |  【徒然なるままに・・・】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。