週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > サラエボの花HOME > さ~そ > サラエボの花
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


サラエボの花 
2007年12月13日 (木) | EDIT |
 岩波ホールにて鑑賞
サラエボの花サラエボの花/GRBAVICA
2006年/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、オーストリア、ドイツ、クロアチア/95分
監督: ヤスミラ・ジュバニッチ
出演: ミリャナ・カラノヴィッチ/ルナ・ミヨヴィッチ/レオン・ルチェフ/ケナン・チャティチ
公開: 2007年12月01日
公式サイト

内戦の爪あとが未だ深く残るボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボのグルバヴィッツァ地区。12歳の娘サラと2人暮しのエスマは、集団女性セラピーに通ってはいたものの、自分の傷についてはさらけ出せずにいた。
サラの目下の関心ごとは、もうじき行われる修学旅行。しかし、生活の苦しいエスマは旅費を捻出するため、あちこちに借金を頼んだが断られてしまい、子供がいることを隠して深夜のバーでウェイトレスとして働いていた。ある日サラは、「戦争で家族を亡くした者は旅費を免除される」と聞き、エスマに、父親が戦争で亡くなったという証明書を探すように言うが、エスマは生返事で証明書を探そうとせず、相変わらずウェイトレスを続けている。苛立ったサラは、エスマにも学校でも反抗的な態度を取るようになるが…


本編上映前に、上映中のマナーについてのテロップが出ていました。岩波ホールでも色々言わないと駄目になってるのかと思うと、ちょっと悲しいですね…。
すごく重い話…。
ボスニア・ヘルツェゴビナで内戦があった程度の知識しかなかったんだけど、これは内戦そのものではなく、その後そこで生きる普通の人の話。知識がなくてもわかるけど、ちょっと入れていった方が、より理解を深められると思います。

エスマの抱える過去は途中で何となくわかるんだけど、サラが「私のどこがパパに似てる?」って聞くシーンのミリャナ・カラノヴィッチがすごくいい。こっちも、ああ…って気持ちになる。このシーンが、サラが自分の父親について知ったシーンで生きてくる。上手いなぁと思いました。
この内戦では、レイプが組織的に行われていたということなので、エスマのような家庭は決して少なくはないんだろうと思うけど、そういう事情で生まれた子でも、娘を深く愛しているエスマの気持ちが伝わってきました。

サラ役のルナ・ミヨヴィッチはこれが映画デビューらしいんだけど、12歳と言う多感な年頃であるサラを上手く演じていました。

評価:★★★★(4.0)
号泣するとかそういう感じではないんだけど、じーんとくる映画です。
この監督はサラエボ出身の32歳の女性、これが初監督作品だそうな。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

サラエボの花 [DVD]サラエボの花 [DVD]
(2008/06/06)
ミリャナ・カラノビッチルナ・ミヨビッチ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演者:ミリャナ・カラノビッチ、 ルナ・ミヨビッチ、 レオン・ルチェフ、 ケナン・チャティチ
収録時間:91分
レンタル開始日:2008-06-06

Story
2006年ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した感動ドラマ。ボスニア紛争中に収容所でレイプされてできた子供・サラを女手ひとつで育てるエスマ。サラに父親のこと聞かれても詳しく話さずにいたエスマだったが、ついにそのことを告白する日がやって来る。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
サラエボの花サラエボの花サラエボの花サラエボの花
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ヤスミラ・ジュバニッチ ミリャナ・カラノヴィッチ ルナ・ミヨヴィッチ レオン・ルチェフ ケナン・チャティチ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんばんは♪
そーいえば岩波ホールってまだ未体験ですー。神保町はよくいくんだけどなー。
私は昨日シャンテ行ってきました。
なんとなくりおさんいるかなー?なんて思っていたんだよ☆
そのうちアップする予定だけど映画はつまらなかったなー。。。
これは高評価だね!岩波デビューしてみようかなあ~
2007年12月13日 (木) 20:43 |   | きらら #-[ EDIT]
きららさん
コメントありがとうございますv-411

岩波ホール未体験ですか!
設備は古いんですが、ここでしか観られない映画が多いので、たまに来るんですよね。
神保町によく行くなら、是非チャレンジしてみてくださいな。

職場の福利厚生でチケットを安く買えるようになったので、最近は混んでいるのを避けるためもあって、水曜日以外に行っているんですよ。。。
2007年12月14日 (金) 00:06 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
監督
TBありがとう。
初長編作品ですね。
体験者であるが故の必然と責任感のようなものも、メガホンをとる動機になっていたんでしょう。見ていませんが、その前の短編もサラエボを舞台にした作品を制作していたようです。
2008年06月30日 (月) 01:05 |   | kimion20002000 #fOhGkyB.[ EDIT]
kimion20002000さん
コメントありがとうございますv-411

>その前の短編もサラエボを舞台にした作品を制作していたようです。

そうなのですか。機会があれば観てみたいなー
2008年06月30日 (月) 03:02 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『母娘、 真実を 生きてゆく』  コチラの「サラエボの花」は、12/1に公開された\"ボスニア紛争から10余年、かつての戦火の街サラエボで、秘密を抱える母と真実に向き合う娘の、再生と希望の物語\"なんですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  2006年のベルリン国際映画...
2008年01月05日 (土) 20:12:00 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ベルリン映画祭で金熊賞ほか3部門を受賞し、そのほかの映画祭でも大絶賛されたヒューマンドラマ。ボスニア紛争の傷あとが残るサラエボを舞台に、秘密を抱える母親と驚がくの真実を知らされる娘の再生と希望の物語が展開する。監督はサラエボ生まれのヤスミラ・ジュバニッ?...
2008年06月29日 (日) 01:15:48 |  サーカスな日々
あらすじ12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と、つましく暮らすエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、修学旅行を楽しみにするサラのため、旅費の調達に奔走している。そんな中、戦死者の遺児は修学旅行費が免除されると知ったサラは戦死したと聞かされていた父親の戦...
2009年01月25日 (日) 22:46:04 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
『サラエボの花』を観ました第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となったボスニア・ヘルツェゴヴィナの内戦によってもたらされた深い爪痕に苦しむ母娘の再生と希望の物語を描く衝撃と感動のヒューマン・ドラマです>>『サラエボの花』関連原題: GRBAVICA    GR...
2009年10月30日 (金) 22:34:47 |  おきらく楽天 映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。