fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > 炎のメモリアル
炎のメモリアル 
2006年07月09日 (日) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
炎のメモリアル炎のメモリアル/LADDER 49
2004年/アメリカ/116分
監督: ジェイ・ラッセル
出演: ホアキン・フェニックス/ジョン・トラヴォルタ/ジャシンダ・バレット/ロバート・パトリック/モリス・チェスナット

消防士ジャック・モリソンは、火災が起こっているビルに取り残された被害者を助け出す途中、12階部分から滑落してしまう。負傷したジャックはその場で救助を待ちながら、過去に思いを馳せる。新人としてマイク・ケネディ隊長の下へ配属された日のこと、初めて現場へ足を踏み入れた日のこと、リンダと初めて出会い恋に落ちた日のこと。そしてそれは、消防士として人の命を救うことへの誇りであり、常に危険と背中合わせで、家族を苦しめているということへの苦悩の日々でもあった―――――


火災もの って観たのは初めてかも。かの有名な「バックドラフト」も実は未見です。
消防士 ヽ(´ー`)ノバンザーイ な映画。
冒頭の、消防士たちの男子校ノリが結構可愛い。自分が女だからなのか、こういうのってちょっと羨ましいというか、憧れるというか。

惜しいのは、命の危険を冒しても、この仕事に誇りを持っているというエピソードがちょっと弱かったかなぁ。誇りを持っているけれど、恐怖も感じているというのも弱かった。自分が恐怖を感じたというよりは、家族が怖がるから止めたいという感じだしねえ。それさえも、割と軽く流された気がする。その辺りのエピソードに、もうちょっと深みを持たせて欲しかった。

家族が怖がる気持ちは理解出来る。ましてや、家族ぐるみで付き合っていた人が亡くなってしまったら…
リンダは、それでも「仕事に愛情を持っているあなたを誇りに思っているから」とジャック送り出す。ラストのリンダの微笑みが、ジャックを本当に誇りに思っていると思わせるいい笑みでした。

ホアキンはいい役者だよ。好きだけど、何というかやはり、兄貴に比べて地味というか…
ジョン・トラヴォルタは大嫌いなんだけど、最近、昔ほどはカンに触らなくなってきた。今回も、良き上司役を好演しています。
しかし、ホアキンって結構いい年なんだけど、何故か「青年」とか「新人」とかいう役が多い気がする。わたしのイメージの問題なのかなー

ジャシンダ・バレット可愛いっすね。好みかもー (・∀・) と思って調べたら、「ポセイドン」のマギー!? Σ(゚д゚lll)ガーン ええええええええ何か違う…

評価:★★★(3.0)
消防士の啓蒙にはいいかも(笑) そこそこ楽しめました。
しかし、この邦題のセンスと言ったらどうよ。そりゃ「はしご車49号」って訳にもいかんだろうけどさー。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

炎のメモリアル プレミアム・エディション [DVD]炎のメモリアル プレミアム・エディション [DVD]
(2005/09/22)
ホアキン・フェニックスジョン・トラボルタ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ジェイ・ラッセル
出演者:ホアキン・フェニックス、 ジョン・トラボルタ、 ジャシンダ・バレット、 ビリー・バーク
収録時間:115分
レンタル開始日:2005-09-22

Story
ホアキン・フェニックスとジョン・トラボルタ主演、9.11同時多発テロ現場で奮闘した消防士たちにリスペクトを捧げたい、と製作された感動アクション。レスキューに人生を捧げたひとりの消防士の生き様を、本物の炎を使った迫力の映像と共に描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
炎のメモリアル炎のメモリアル炎のメモリアル炎のメモリアル

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:ジェイ・ラッセル ホアキン・フェニックス ジョン・トラヴォルタ ジャシンダ・バレット ロバート・パトリック モリス・チェスナット 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック