週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > スルースHOME > さ~そ > スルース
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


スルース 
2008年03月13日 (木) | EDIT |
 シネスイッチ銀座にて鑑賞
スルーススルース/SLEUTH
2007年/アメリカ/89分
監督: ケネス・ブラナー
出演: マイケル・ケイン/ジュード・ロウ
公式サイト
公開: 2008年03月08日

ロンドン郊外に住む推理小説家アンドリュー・ワイクの元を、マイロ・ティンドルと名乗る若い男が訪れる。ティンドルはワイクの妻マギーの不倫相手で、ワイクに離婚を応じさせるために乗り込んできたのだった。ワイクはティンドルの話を聞き、「妻は金のかかる女だ。贅沢に慣れている。無職の君に満足させられるか?」と言う。そしてある提案をティンドルに持ちかける…


久々にシネスイッチ銀座へ。金曜日はもんのすごく混むけど、今日はレディースデーではないので超余裕でした。
リメイクだということは知っていたけど、オリジナルは未見。オリジナルでティンドルを演じているマイケル・ケインが、リメイクではワイクを演っています。こういうのも面白くていいね。

登場人物はたった2人、屋敷の中で起こる密室劇。ケネス・ブラナーだし、これ舞台っぽいなあと思っていたら、本当に元は戯曲でした。
どんでん返しに次ぐどんでん返し!とかあちこちで見かけるんだけど、うーん…あんまりそんな感じはしなかったかなあ。
ティンドルは、本当は妻の浮気相手じゃなくて裏があるに違いない!と思っていたので、肩透かしというか、どうも深読みしすぎた気がする。美容師美容師と連呼していたので、何か関係あるのかと思っていたけど、別段何もなかったし…

第1マッチは、ティンドルがなんでこんなに簡単に乗っちゃうんだろう? ワイク、思いっきり怪しいじゃん… (^_^;) と思ってしまったのが敗因かも。
第2マッチの展開は良かったと思うけど、勘のいい人はすぐ気付くレベルではあるかもしれない。わたしは鈍いんで気付きませんでした(笑)
第3マッチもちょっとダメだった。なんだろうなあ…第1・2マッチと終わって、お互いにゲームを仕掛けてやろうとしていることはわかっているわけでしょ。だから、あのワイクの申し出も何か裏があるんじゃないかなーと思ってしまうんだよね。その後の展開も、おおっ! と言うよりは、ああ、そうね…って感じになっちゃった。展開に意外性がないというか。

評価:★★(2.0)
イマイチ乗り切れず…あまり深読みしないで観た方がいいと思う。
とは言え、89分を引っ張る2人の演技合戦は見ものです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

スルース 【探偵】 [DVD]スルース 【探偵】 [DVD]
(2008/09/26)
マイケル・ケインジュード・ロウ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ケネス・ブラナー
出演者:ジュード・ロウ、 マイケル・ケイン
収録時間:89分
レンタル開始日:2008-09-26

Story
傑作ミステリー『探偵<スルース>』を『魔笛』のケネス・ブラナーがリメイク。初老の推理小説作家・アンドリューと若手俳優・マイロが、アンドリューの妻を巡って高貴で不健全なゲームを繰り広げる。マイケル・ケインとジュード・ロウが共演。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
スルース 【探偵】スルース 【探偵】スルース【探偵】スルース【探偵】


関連商品はコチラ
【amazon】

オリジナル
探偵スルース [VHS]探偵スルース [VHS]
(1992/09/25)
ローレンス・オリビエ
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケネス・ブラナー マイケル・ケイン ジュード・ロウ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
No title
りおさん☆ありゃりゃ、、、!

ダメだったのね~
仕方ないね、好みあるし(笑)
っていうかデッドサイレンスで一緒だったのねー!
珍しい★びっくり、
コメントありがと!
2008年03月15日 (土) 00:03 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

ダメというか、深読みしすぎちゃったという感じですね。
もっと素直に観れば良かったv-390
2008年03月15日 (土) 09:50 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
No title
あれまー
こちらは評価ひくいんだー。
私は楽しめちゃいました。ジュードステキだったし♪

第二マッチ、私もすっかり騙されちゃいました☆
2008年03月18日 (火) 22:30 |   | きらら #-[ EDIT]
きららさん
こちらにもコメントありがと!

なんだか「バンテージ・ポイント」と「スルース」の評価が正反対だね(笑)
これはねー…深読みしすぎたせいで、意外性を感じなかったんだ。
素直に観ればよかった…v-390
2008年03月20日 (木) 01:12 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
No title
こんにちは~
そうそう、深読みしないほうが楽しめますよね!
第一・第二セットは予想通りの展開で、第三セットは・・イマイチよく解らずでした。

でも、独特のカメラワークとジュード・ロウの素敵さでかなりドキドキと惹きつけられました。
2008年04月03日 (木) 11:17 |   | hito #SFo5/nok[ EDIT]
hitoさん
コメントありがとうございますv-411

第2マッチが一番良かったかな…
第3マッチはいかにも裏がありそうって感じだったから。
どうも、オチがオリジナルと違うらしいんですけどね。

ジュード、素敵でしたね~
久々に「やっぱり格好いいv-344と思いました。
2008年04月05日 (土) 07:58 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
我想一個人映画美的女人blog のmigさんが2回も見たとい
2008年03月13日 (木) 22:17:20 |  Wilderlandwandar
1972年のオリジナル『探偵スルース』がスタイリッシュに蘇った! 夫VS妻の愛人{/atten/} ひとりの女をめぐり、男の嫉妬、羞恥心さらけだしバトル。 勝者はどっちだ?! 去年の秋、トロント映画祭で観てきたこの作品。 基となってるお芝居の方も過去に観たし、マイケル?...
2008年03月15日 (土) 00:03:43 |  我想一個人映画美的女人blog
久々のジュード・ロウかっこよかったです。 愛人の役だったけど、様になってた。 音楽が「ジェシー・ジェームスの暗殺」に似ていた。 詳...
2008年03月15日 (土) 01:30:27 |  ものみゆさん日記
  ☆公式サイト☆1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞台に、初老の推理小説家と彼の妻の若き浮気相手による心理戦が繰り広げられる。ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(...
2008年03月18日 (火) 22:29:33 |  きららのきらきら生活
監督:ケネス・ブラナー CAST:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ ロンドン郊外に住む有名な推理小説家、ワイク(マイケル・ケイン...
2008年03月22日 (土) 21:07:56 |  Sweet*Days**
  男の嫉妬は   世界を滅ぼす。   ■ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅に、招かれたのか、押しかけたのか、マイロ・ティンドルと名乗る若い男が現れた。彼らの関係は”夫VS妻の浮気相手”。作家が、若い男に持ちかける。「妻が
2008年03月23日 (日) 00:48:47 |  唐揚げ大好き!
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」にて1本。 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」・「こわれゆく世界の中で」と、 何気にジュード・ロウ出演作の3レンチャンになっちゃいました。 でもでも、この「ミニ・ジュード・ロウ特集」も、ネタ切れなので今回...
2008年03月27日 (木) 03:03:56 |  ひらりん的映画ブログ
男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 上映時間 89分 原作戯曲 アンソニー・シェイファー 脚本 ハロルド・ピンター 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 1972年に舞台から映画として好評を博したミステリー『探偵スルース』のリ...
2008年04月02日 (水) 02:38:07 |  to Heart
  男の嫉妬は世界を滅ぼす 監督:ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ 「ロンドンに住む初老の推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅にマイロ・ティンドルという若い男がやってきた。監視システムが張り巡らされた家に上がるティンドルは
2008年04月03日 (木) 11:15:17 |  日々のつぶやき
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  オリジナルは未見なのですが、オ...
2008年04月13日 (日) 19:36:14 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「スルース」それは知性と理性が勝敗を決める究極のゲーム、__お気をつけあれ!そのひと言には100通りの意味がある・・・ジュードの妖しさVSマイケル・ケインの怪しさの危うい対決! ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家アンドリュー・ワイク(マイケル・...
2008年04月15日 (火) 17:21:51 |  パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2007年 アメリカ 原題:SLEUTH 監督:ケネス・ブラナー 脚本:ハロルド・ピンター 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ シネスイッチ銀座...
2008年04月20日 (日) 17:56:43 |  KINOMANIE
4月18日、東京。 新国立美術館を後に、銀座へ。 合間に「シネスイッチ銀座」にて 映画「スルース」を観る。 この映画は「探偵スルース」という1972年の 作品のリメイク版だそう。 密室心理劇であり、舞台っぽい感じで 脚本がおもしろいというので?...
2008年04月25日 (金) 16:47:06 |  月影の舞
v 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 ? 4月15日、京都シネマにて鑑賞。元々舞台劇らしい。72年に故ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインによって映画化された「探偵《スルース》」。このとき、アカデミー賞4候補に上がった傑作ミステリーである。設定はそのままで、ま...
2008年04月27日 (日) 23:38:49 |  銅版画制作の日々
 人間は誰でもナルシストかな?ってな感じで観ていました。それにしてもジュード・ロ
2008年05月03日 (土) 17:39:19 |  eclipse的な独り言
36.スルース■原題:Sleuth■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:89分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:4月6日、シネスイッチ銀座(銀座)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ケネス・ブラナー□脚本:ハロルド・ピンター□原作:アンソニー・シ...
2008年05月08日 (木) 22:56:00 |  KINTYRE’SDIARY
ベストセラー推理作家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)が暮らすロンドン郊外の豪邸。 ここに、若い俳優マイロ・ティンドル(シュード・ロウ)が訪ねてくる。彼こそは、ワイクの妻マギーの 浮気相手。この日の来訪は、ワイクにマギーとの離婚を迫るためだった。そ...
2008年10月09日 (木) 21:30:07 |  心の栄養♪映画と英語のジョーク
【SLEUTH】PG-122008/03/08公開製作国:アメリカ監督:ケネス・ブラナー出演:マイケル・ケイン 、ジュード・ロウ 男の嫉妬は世界を滅ぼす。
2008年10月10日 (金) 12:50:17 |  映画鑑賞★日記・・・
スルース 犯罪小説家と間男の心理戦3セットマッチ 『探偵<スルース>』(\'72)のリメイク 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞)
2009年03月19日 (木) 03:36:14 |  『映画な日々』 cinema-days
あらすじロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案する・・・。感想スルーするには勿体...
2009年04月01日 (水) 06:46:52 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。
2009年06月17日 (水) 00:31:27 |  Addict allcinema 映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。