fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > た~と > 誰にでも秘密がある[韓国公開版]
誰にでも秘密がある[韓国公開版] 
2005年11月08日 (火) | EDIT |
誰にでも秘密がある誰にでも秘密がある[韓国公開版]/누구나 비밀은 있다
2004年/韓国/101分
監督: チャン・ヒョンス
出演: イ・ビョンホン/チェ・ジウ/チュ・サンミ/キム・ヒョジン
公式サイト

男たちを弄び、自由奔放な三女、ミヨン。27歳になるまで恋をしたことがない、勉強の虫の次女、ソニョン。産婦人科医の夫と7歳の娘が居るが、夫とは倦怠期でセックスレスに悩んでいる長女、ジニョン。そんな三姉妹の前に、完璧な男、チェ・スヒョンが現れる。
最初に彼と出会ったミヨンは、積極的にアタックし、恋人の座を射止める。ミヨンの恋人として三姉妹の家を訪れたスヒョン。話をするうちに、ソニョンは博識なスヒョンに興味を持つ。夫から家族としてしか扱われないジニョンは、自分を女として見てくれるスヒョンに心魅かれる。三姉妹とスヒョン、それぞれ水面下で恋は進行する。
そして母親の誕生日パーティーの日、ミヨンはスヒョンにプロポーズする…


この映画、劇場で観たんですが、WOWOWで韓国公開版が放映されたので、観てみました。
これ、オリジナルがあったのね。「アバウト・アダム アダムにも秘密がある」という2000年の映画です。パンフレットまで買っているのに、全然知らなかったわ。
ミヨン役のキム・ヒョジンって、「秘密」に出てた子だったんだねー。この時は、脇役で全然目立たなかったのに、今回可愛くって、歌も上手くてびっくり。
イ・ビョンホンって、顔は好みじゃないけど、2枚目も3枚目も出来るところはすごいと思う。
チェ・ジウはコメディエンヌとしてもイケるよね。「冬のソナタ」とかで泣いてばっかりのより、結構こっちのが合ってると思うのだが。

韓国版と日本版は、スヒョンの正体が違います。従って、大筋は一緒だけどラストが全然違う。
日本版ではファンタジーっぽく仕上げてましたが、まぁアレはアレでいいんじゃないでしょうか。ユメがあって。韓国版と日本版で、特に変える必要もなかった気がするけど。

わたしはオリジナルを観ていないので、比べることは出来ません。erabuさんは、オリジナルと韓国公開版・日本公開版を観られたということで、それぞれの感想を書いておられます。面白いですよ。

評価:★★★(3.0)
まぁ、ちょっと下品(下ネタあり)なラブ・コメ。何も考えないで気楽に観られます。ただし、下ネタ駄目な人は観ない方がよろしいかと。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン [DVD]誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン [DVD]
(2006/06/23)
イ・ビョンホンチェ・ジウ
商品詳細を見る

誰にでも秘密がある デラックス・バージョン [DVD]誰にでも秘密がある デラックス・バージョン [DVD]
(2005/03/25)
イ・ビョンホンチェ・ジウ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:チャン・ヒョンス
出演者:イ・ビョンホン、 チェ・ジウ、 チュ・サンミ、 キム・ヒョジン
収録時間:101分
レンタル開始日:2005-03-25

Story
韓流2大スター、イ・ビョンホンとチェ・ジウの共演で贈るロマンティックラブストーリー。倦怠期の長女、恋愛経験ゼロの次女、自由奔放な三女の美人姉妹と、リッチで教養にあふれ、女性の気持ちが何でもわかる完璧な男との恋愛模様をコミカルに描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
誰にでも秘密がある誰にでも秘密がある誰にでも秘密がある誰にでも秘密がある


関連商品はコチラ
【amazon】

オリジナル
アバウト・アダム アダムにも秘密がある [DVD]アバウト・アダム アダムにも秘密がある [DVD]
(2005/03/16)
スチュアート・タウンゼントケイト・ハドソン
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:チャン・ヒョンス イ・ビョンホン チェ・ジウ チュ・サンミ キム・ヒョジン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック