週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


リカ 
2008年05月14日 (水) | EDIT |
リカリカ
著  者: 五十嵐貴久
出版年: 2002年
出版社: 幻冬舎

平凡なサラリーマン、本間貴雄は、後輩に教えられた出会い系サイトにハマっていた。これと目をつけた女性とメール交換をし、実際に会うこともあったが、家庭を壊すことは考えていない本間は、やがてメール交換のみで実際に会うことはなくなっていた。近々昇進することが決まった本間は、レールに乗る前のささやかな抵抗として、最後に一度だけ、実際に会うことを前提としたメール交換をすることにする。そして本間は看護婦のリカという女性とメール交換を始め、いい感じで“メール恋愛”は進んでいた。しかし、電話番号を交換し、会う約束をした辺りからリカの様子が豹変する―――――


どこかで、ものすごく怖いという感想を読んだので、図書館で借りてみました。ホラー映画を観てもホラー小説を読んでも、これ怖いいいいいい (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル となることがあまり多くないので、ちょっと期待。
「座敷女」に似てるね。
「座敷女」は本当に、本人に非がなく、いきなり降りかかった災厄のようなものだけど、この本間は自分から出会い系サイトに手を出しているわけで…災厄かもしれないけど、自業自得ともいえるからなあ。しかも本間は、結婚しているしね。警察の冷たい対応はちょっと納得してしまうというか(笑)

リカが普通の人間で電波っていうのなら怖いんだけど、リカは人間じゃないでしょ? タクシーを走って追いかけるとか、ゴルフクラブで殴られてもピンシャンしているとか…。
人間じゃないんなら怖くて当たり前。要するに、お化けに感じる怖さで、生きている人間に対する怖さじゃないんだよね。そうじゃなくて、本当にこういう人いるかもっていう怖さが欲しかった。

評価:★(1.0)
「座敷女」に似ているなーと思ったからかもしれないけど、怖くはなかった。でも、出会い系にハマっている既婚者には怖いかもしれない(笑)


本の購入はコチラ
【amazon】

ハードカバー
リカリカ
(2002/01)
五十嵐 貴久
商品詳細を見る

文庫
リカ (幻冬社文庫)リカ (幻冬社文庫)
(2003/10)
五十嵐 貴久
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ホラー
GENRE:小説・文学
TAG:五十嵐貴久 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。