週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ブレスHOME > は~ほ・う゛ > ブレス
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブレス 
2008年05月17日 (土) | EDIT |
 シネマート六本木にて鑑賞
ブレスブレス/숨
2007年/韓国/84分
監督: キム・ギドク
出演: チャン・チェン/チア/ハ・ジョンウ/カン・イニョン
公式サイト
公開: 2008年05月03日

主婦ヨンは、何となく付けていたテレビから流れたニュースで、死刑囚チャン・ジンが自殺を試みたことを知る。チャン・ジンは、自殺を図っては未遂で終わるということを繰り返していた。
ある日、夫の浮気の証拠を掴んだヨンは、衝動的にチャン・ジンが収監されているハンソン刑務所へ向かい、「昔の恋人だ」と偽ってチャン・ジンへの面会を申し出る。ヨンはチャン・ジンに、子供の頃、友人たちと潜水をしていた時に“5分だけ死んだ”という話をし、「自分に出来ることがあれば言って欲しい」と言う。それ以来、ヨンはチャン・ジンに春夏秋冬の風景の壁紙とそれぞれの季節の歌をプレゼントするために面会に行くようになり、2人は次第に心を通わせていく。ヨンの様子が変わったことに気付いたヨンの夫は、彼女が浮気していると思い、後を付ける…


キム・ギドクの最新作
しかし、何でこんなにハマっちゃったんだろうなー。謎だなー。
相変わらずギドクはギドク。…なんだけど、いつものギドクっぽい毒といいますか、グロテスクさといいますか、そういうのはちょっと抜けている感じがする。ファンにはちょっと物足りないところですが…
まー、でもストーリー的にはエグいけど。死刑囚に希望を与えてどうするよ。
ヨンは善意なだけに、自分のしていることが彼にとって非常に残酷なことだと気付いていない。生きる意味を見出してしまったチャン・ジンの絶望を思うと、うわー…という感じになる。

ギドク作品にはよくあるけど、チャン・ジンの台詞はありません。でも、表情や目で彼の心情はよくわかる。ヒロインであるヨンも台詞はかなり少ない。

保安課長は、モニターに顔がうっすら映るだけで、これってもしかしてギドクじゃないのか?と思っていたら、本当に本人でした。
すっごい意味深な役だよねーあの保安課長。
ヨンとチャン・ジンを引き合わせ、最初は2人が触れ合う直前に寸止めしたり(こうされたら盛り上がっちゃうよなー)、次からは止めなかったり、ヨンの夫にヨンの姿をモニターで見せたり…

チャン・ジン役のチャン・チェンはかなりイケメンですな。台湾の方らしいが(ウォン・カーウァイの作品に何本か出ているらしいです)、メヂカラありました。
ヒロイン、ヨン役のチアはお顔的にはちょっと残念な感じなんだけど、それがいい方に作用していたと思う。これが超美女だったら、絶対つまらなかった。最後のキスと、その後のヨンの表情は凄かった。。。

評価:★★★★(4.0)
弱くなってはいるものの、ギドク節がまったく消えている訳ではないので、観る人を選ぶ映画であることは間違いないでしょう。わたしはギドクに超ハマっちゃってるのでねー。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ブレス 【韓流Hit ! 】 [DVD]ブレス 【韓流Hit ! 】 [DVD]
(2010/03/26)
チャン・チェンチア
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:キム・ギドク
出演者:チャン・チェン、 チア、 ハ・ジョンウ、 カン・イニョン
収録時間:85分
レンタル開始日:2008-12-03

Story
世界的な注目を集める韓国映画界の鬼才、キム・ギドク監督が自殺願望の死刑囚と孤独な女の愛を描いた異色のラブストーリー。『レッドクリフ』に出演する台湾の若手実力派俳優、チャン・チェンと『春夏秋冬そして春』のチアが共演。R-15作品 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM】
ブレスブレスブレスブレス

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク チャン・チェン チア ハ・ジョンウ カン・イニョン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
NoTitle
りおさん、こんばんは^^
ギドク節は若干弱いかな?という映画でしたが、それなりに楽しめました。

チャン・チェン君は、ちと目をつけております☆ウォン・カーウァイの「愛の神、エロス」は、すんごくお薦めですよ~~!!

キムギドク監督は、数年に1本しか作ってくれないタイプの監督さんじゃなくて、次々と、毎年作ってくれるのが嬉しいです。
次回作はオダギリジョーが主演なので、すっごく楽しみです。
2008年05月22日 (木) 20:58 |   | latifa #SFo5/nok[ EDIT]
latifaさん
コメントありがとうございますv-411

ギドク節、やっぱりちょっと弱いですよねー。
物足りないけど(笑)、非常に美しい映画だなと思いました。

> チャン・チェン君は、ちと目をつけております☆

ほほう! 「愛の神、エロス」、機会があれば観てみますね。

>次回作はオダギリジョーが主演なので、すっごく楽しみです。

わたしはちと怖い…(笑) ギドク節が薄くなりそうで。
妙に人気が出たらどうしよう~~
2008年05月23日 (金) 01:32 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
初でした☆
りおさん、こんばんはー♪
初ギドク作品、初シネマロサでしたよー。シネマロサ、、、ヤバイ><

んで、りおさんはこの監督にはまっているのですね!
私はこの作品意味不明といえば意味不明だったけど結構好きかも☆なので過去作品あさってみますー。
他の作品はもっと濃いんだね。心してみなくては!
2008年05月23日 (金) 23:46 |   | きらら #-[ EDIT]
きららさん
コメントありがとうございますv-411

初ギドク&初シネマロサおめでとう!(←違う)
シネマロサ、ダメ? わたしは空いていて結構いいなと思うのですが。。。

この映画、ちょっと好きかもと思ったなら、是非別のギドク作品を観てちょーだい!
それで、語り合いましょう!
2008年05月24日 (土) 10:06 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
主演の2人、死刑囚を演じるチャン・チェンと、パク・チアの2人の演技で見せる映画でした。 この役に、チャンチェンはぴったり!、こういう...
2008年05月22日 (木) 20:52:23 |  ポコアポコヤ 映画倉庫
  ☆公式サイト☆『絶対の愛』『うつせみ』など繊細(せんさい)かつ大胆な作風でカルト的な人気を誇る韓国の映画監督キム・ギドクが放つ、生と死、そして愛の哀歓をつづる恋愛ドラマ。死刑囚のチャン・ジン(チャン・チェン)は生への希望を捨て、一刻も早く死にたいと...
2008年05月23日 (金) 23:44:11 |  きららのきらきら生活
ブレス 自殺を繰り返す死刑囚と 夫に浮気された陶芸家の 刹那的な逢瀬を描く。 【個人評価:★☆】 (自宅鑑賞)
2009年07月20日 (月) 16:39:46 |  『映画な日々』 cinema-days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。