fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > ナイロビの蜂
ナイロビの蜂 
2006年04月24日 (月) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
ナイロビの蜂ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER
2005年/イギリス/128分
監督: フェルナンド・メイレレス
出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ
公開: 2006年05月13日
公式サイト

ケニア駐在の英国外務省一等書記官ジャスティン・クエイルの元に、突然、妻テッサの訃報が届いた。テッサはスラムの医療を改善する活動をしており、2日前、その活動のために、友人の医師アーノルドとナイロビからロキへ旅だったばかりだった。ロキから車で数キロ離れたトゥルカナ湖のほとりで、テッサは見知らぬ男性と共に殺されており、アーノルドは行方不明だと言う。やがてテッサの遺品からパソコンや書類がすべて押収され、ジャスティンの同僚サンディがテッサに宛てた「君が持っていったものを返してくれ」という手紙が出てくる。何かがおかしいと思い始めたジャスティンは、テッサが生前何をしようとしていたのかを知るために、彼女が調べた後を追っていく―――――


帰りに、出口でアンケートのお願いをしていて、「ビデオ撮影にご協力いただいた方には、マスコミ用のプログラムをプレゼントします」と言っていました(紙のアンケートはボールペン進呈)。プログラムのプレゼントにはかなり心動かされたのですが、全国に姿を晒すのとどっちがいいかは、考えるまでもありませんでした。こういう風にして、あの「感動しましたぁ~」みたいなCMは作られるのね~
映画の方はというと…うーん、微妙… (-_-;)
アンケート項目に、「いずれかに○をしてください。1.感動した 2.泣けた 3.ハラハラした 4.ジーンとした」というのがあったんだけど、「感動も泣きもハラハラもジーンもしませんでした」って書いちゃった(笑) 実際、感動するような話じゃないし、サスペンスとしてはちょっと物足りないし…(目新しい展開ではない)。ラストなんか、えええーこれでいいのぉ!?って感じ。
どこが悪いという訳ではないんだけど、サスペンス仕立てにしたことで、返ってどこに焦点を当てているのか分かりづらくなったんじゃないかと思う。背景で渦巻く国家と大企業の陰謀なのか、食い物にされるアフリカの悲惨さなのか、次第に明らかになる妻の愛なのか。すべて中途半端な感じ。なんか色々詰め込みすぎ。

この監督、「シティ・オブ・ゴッド」の人なんだよね。わたしにはイマイチだったんだよなー…なんか合わないのかもしれない。

アフリカの雄大な景色はたっぷり堪能できます。映像は綺麗。あと、音楽の使い方も結構独特かな。これは「シティ・オブ・ゴッド」の時にもそう思った気がする(はっきり覚えてないけど)。

評価:★★(2.0)
過度な期待はせずに行くのがいいのかも。わたしは何でも期待しすぎるんだな…
あ、宣伝の「世界が絶賛した愛の奇跡」って、結構嘘。甘甘のラブ・ストーリーと思って行くと失敗します。基本的にはサスペンス。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
(2006/11/10)
レイフ・ファインズレイチェル・ワイズ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:フェルナンド・メイレレス
出演者:レイフ・ファインズ、 レイチェル・ワイズ、 ダニー・ヒューストン、 ピート・ポスルスウェイト
収録時間:128分
レンタル開始日:2006-11-09

Story
冒険小説の大家、ジョン・ル・カレの原作を『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督が映画化。妻の死をきっかけに慈善活動に目を向けるようになった外交官が、やがて国際的陰謀に巻き込まれていく様を、雄大なアフリカを舞台に描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ナイロビの蜂ナイロビの蜂ナイロビの蜂ナイロビの蜂

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:フェルナンド・メイレレス レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ダニー・ヒューストン ビル・ナイ 第78回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック