週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > な~の > 西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ 
2008年06月05日 (木) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ
2008年/日本/115分
監督: 長崎俊一
出演: サチ・パーカー/高橋真悠/りょう/大森南朋/高橋克実
公式サイト
公開: 2008年06月21日


「魔女が倒れた。もうだめみたい」
魔女とは、ママのママ、つまりおばあちゃんのこと。ママに連れられておばあちゃんの元に向かう途中、まいは2年前、おばあちゃんの家で過ごした日々を思い出していた。
中学校に入学して間もない頃、学校へ行くのが苦痛になってしまったまいは、ママに学校へ行かないことを宣言。ママはまいの気持ちを酌んで、しばらくおばあちゃんの家で過ごすことを許してくれる。おばあちゃんは若い頃、英語の教師としてイギリスから単身来日し、同じ学校で理科の教師をしていたおじいちゃんと知り合い、結婚したのだった。おばあちゃんはまいを暖かく迎え入れ、2人きりの生活が始まる。ある日、おばあちゃんはまいに、自分の祖母が不思議な能力を持つ魔女で、代々魔女の能力が受け継がれている家系だという話をしてくれる。自分も魔女になりたいと願ったまいは、魔女修行をすることに。おばあちゃんの言う魔女の条件は、早寝早起き、食事はしっかり取って、適度な運動をすること、そして自分のことは自分で決めること。魔女修行に精を出すまいは、自然に囲まれたおばあちゃんの家で、少しずつ自分を取り戻していく―――――


予告を観てからずっと気になっていた映画。試写が当たったので観て来ました~
“魔女”と言ってはいるけれど、ファンタジー的なものではなく、ハリー・ポッターみたいに魔法も使わない(笑)
魔女修行と言う名目で、人として大事なことを孫娘に教えようとしたおばあちゃんと孫娘の交流を描いた話。このおばあちゃんがイギリス人だから成り立った話とも言える。日本人のおばあちゃんだったら、たぶんこうはいかないな。

サチ・パーカーって初めて観た(と思う)んだけど、シャーリー・マクレーンの娘なんだって。このおばあちゃんがかなり (・∀・)イイ!! 非常に可愛くて魅力的でした。
比べちゃいけないんだけど、主人公まいがなあ…。子役だからしょうがないと言えばしょうがないんだけど、下手すぎる。ほとんどまいとおばあちゃんの2人芝居みたいなものなので、ちょっと辛かったですね。外見は普通の子っぽくて良かったんだけどね。

ラストの展開も良かったなー。西の魔女から東の魔女へのメッセージ…思わず (゜Å) ホロリでした。
主題歌も雰囲気が合っていて良かった。「ゲド戦記」の人だよね。観てないけど。

評価:★★★☆(3.5)
おばあちゃんにやられたって感じだな。号泣はしないけど、ほろりとするいい映画でした。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

西の魔女が死んだ [DVD]西の魔女が死んだ [DVD]
(2008/11/21)
サチ・パーカー高橋真悠
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:長崎俊一
出演者:サチ・パーカー、 高橋真悠、 りょう、 大森南朋
収録時間:115分
レンタル開始日:2008-11-21

Story
梨木香歩のロングセラー小説を『八月のクリスマス』の長崎俊一監督が映画化。中学に進んで間もなく学校へ行けなくなった少女が、森で暮らす“西の魔女”の愛に包まれながら、生きることの素晴らしさを知り成功していく。サチ・パーカー主演。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩
商品詳細を見る

サントラ
フォレスト・ストーリー~Sound Scape from 映画「西の魔女が死んだ」フォレスト・ストーリー~Sound Scape from 映画「西の魔女が死んだ」
(2008/04/10)
サントラ
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:長崎俊一 サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック