fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > さ~そ > ザ・マジックアワー
ザ・マジックアワー 
2008年06月28日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ザ・マジックアワーザ・マジックアワー
2008年/日本/136分
監督: 三谷幸喜
出演: 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行
公式サイト
公開: 2008年06月07日


昔ながらの街並みを残す港町、守加護(すかご)。町を牛耳るギャングのボスである天塩幸之助の愛人、高千穂マリに手を出してしまったクラブの支配人、備後登。マリとの関係がボスにばれてしまい、マリと共に海に沈められそうになった備後は、咄嗟に、ボスが口にしていた幻の殺し屋、デラ富樫と知り合いだと言ってしまい、5日以内にボスの前にデラ富樫を連れてくれば、マリとのことは水に流すと言われる。備後はレストランの従業員と協力してデラ富樫を探すが、なかなか見つからない。窮地に追い込まれた備後は、無名の役者、村田大樹をデラ富樫に仕立て上げ、村田には映画の撮影と偽ってボスの前でデラ富樫を演じさせ、何とかこの窮地を逃れようとするが…


“マジックアワー”とは、「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」(Wikipediaより)のことを指す写真用語なんだって。三谷幸喜の造語かと思った。日本古来の言い方では、“逢魔時”と言いますね。写真をやらないわたしは、そっちの方が頭に浮かびます。
町が“いかにもセット”で、ギャングがいて…っていう設定が、あまりにも現代日本とかけ離れすぎているんだよなあ…。だったらとことん“映画っぽい設定”で通してしまえばいいのに、登場人物が携帯電話を持っていたりする中途半端なリアルさに違和感を覚えてしまって、なかなか入り込めなかった。最初の方は、「これは映画の撮影をしているという設定なんだろう」って思って観ていたくらい。
結局、入りきれないまま終わってしまったって感じ。当然、ほとんど笑えなかった。

佐藤浩市はすごーーーく良かった。脇を固める西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、みんな良かったんだけど、いかんせん主役が… (;・∀・)
ブッキーはともかく、深津絵里ってこんなんだったっけ?と思ってしまった。演技がクサすぎて、わざとかと思った。

相変わらず豪華なキャスティング。「THE有頂天ホテル」の時も思ったけど、あんまり出過ぎると、なーんか「これだけの俳優を集められるぼくちんってスゴイでしょ?」って感じがしちゃってどうもね…。
香川照之とか、すごい勿体無い使い方してるよなあ。あの役はもっと絡ませることが出来ると思うんだけど。

今回も、前回の映画と同じ役柄で出ている人がいます。ギターにちゃんとマスコットが付いていました。
個人的には、白いお顔の支配人に出て欲しかったけど(笑)

評価:★★(2.0)
全く笑えないって訳じゃないんだけど、イマイチ入りきれなかった。“マジックアワー”という言葉も、もっと劇中に絡んでいればともかく、取ってつけたようで萎えた。三谷幸喜がテレビで宣伝しまくっていたのにも萎えた。あれだけの豪華キャスティングなら、そりゃ人が入ってくれないと元取れないよなと勘繰ってしまった。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡
商品詳細を見る

ザ・マジックアワー スペシャル・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スペシャル・エディション [DVD]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡
商品詳細を見る

ザ・マジックアワー [Blu-ray]ザ・マジックアワー [Blu-ray]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:三谷幸喜
出演者:佐藤浩市、 妻夫木聡、 深津絵里、 西田敏行、 綾瀬はるか、 香川照之、 小日向文世
収録時間:136分
レンタル開始日:2008-12-03

Story
三谷幸喜監督によるコメディ最新作。ギャングのボス・天塩の愛人に手を出してしまったホテルの支配人・備後。天塩に伝説の殺し屋“デラ富樫”を連れて来れば許すとの条件を出された彼は、売れない三流役者・村田に富樫を演じさせることを思い付くが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ザ・マジックアワーザ・マジックアワーザ・マジックアワーザ・マジックアワー

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:三谷幸喜 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
パクリは消化しないとね・・・
こんにちは~
こんなレビューを探してました。
三谷監督作品はやらせが目に余るので今回の作品は観ていません。
ギャグ、コントとか好きなのですが、しつこいのはダメです。
いつか忘れた頃レンタルで確認しようと楽しみにしてます。
2008年08月05日(火) 10:37 |   | ワトソン #-[ EDIT]
ワトソンさん
コメントありがとうございますv-411

やらせというか、うーん…いちいちやりすぎなんですよね。
大げさと言いますか。

レンタルでちょうどいいと思いますよ(笑)
2008年08月05日(火) 23:44 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝?...
2008年06月28日(土) 07:19:10 |  ★YUKAの気ままな有閑日記★
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深...
2008年06月28日(土) 12:27:14 |      茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
It\'s Only A Paper Moon. But・・・  映画『ザ・マジック・アワー』 ここは港街・守加護(すかご)。  街を牛耳っているギャングのボス手塩...
2008年06月28日(土) 14:00:46 |  ほぼ 日刊 Anthony\'s CAFE 1.01
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ?...
2008年06月29日(日) 00:43:42 |  Thanksgiving Day
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
2009年03月01日(日) 16:23:09 |  ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
2009年04月20日(月) 06:52:51 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
最後に笑うのは誰だ?
2009年10月07日(水) 19:26:48 |  Addict allcinema おすすめ映画レビュー