週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 屋敷女HOME > や~よ > 屋敷女
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


屋敷女 
2008年07月02日 (水) | EDIT |
 ライズXにて鑑賞
屋敷女屋敷女/A L'INTERIEUR
2007年/フランス/83分
監督: ジュリアン・モーリー
出演: ベアトリス・ダル/アリソン・パラディ
公開: 2008年06月21日
公式サイト

4ヶ月前、交通事故に遭い夫マチューを亡くした妊婦サラ。自身は助かったものの、悲しみのため人とのかかわりを避けて暮らしていた。出産予定日を翌日に控えたクリスマス・イヴの夜、サラの家へ「車が壊れてしまったので電話を借りたい」と女が訪ねてくる。サラは「旦那が寝ているから」と嘘をついて断るが、女は執拗にドアを開けるように要求し、「旦那は死んだんでしょう? サラ」と、サラのことを知っている様子を見せる。不審に思ったサラは警察へ通報するが、警察官が駆けつけた時には、女は立ち去っていた。サラはひとまずベッドへ入り眠りにつくが…


ライズX、初めて行きました。しかしすごい映画館ですな。トイレはスクリーンの下ですぜ。(黒いカーテンが引いてある) 1階の席だと、スクリーンの位置が上過ぎて微妙。映画館とは思えない施設なんだけど、元は別の施設だったのかなあ…(壁には落書きがいっぱいあった)
とりあえず、

これは
フランス史上
最も哀しい狂気の物語

というのは確実に間違ってる。
フツーのスプラッタ・ホラーでした。こんなスプラッタとは思わなかったので、意外だったけど。
グロというか、とにかく血だらけ。ある程度グロには耐性あるんで、手を鋏で刺されようが脳漿飛び散ろうが結構平気なんだけど、あの出産シーンはちょっとキたわ。妊婦は絶対これ観ちゃダメ。(観ないと思うが)

何が辛いって、とにかく画面が暗くて、何が起こっているのかわかりにくいのが一番辛かった…。撮り方なのか映画館の問題なのかわからないけど、目を凝らして観ていたため、非常に疲れた。特にブレーカーが落ちた後が辛い。

ストーリー自体は良くある展開だと思うし、犯人の正体も別に意外でもない。血とグロに力を注いじゃっているからか、どうもその辺がおろそかだなあ。この手の映画は皆そうなのかもしれないけど。
息が出来なくなったからって、自分で喉を突いて気道を確保ってちょっと無茶でしょーよ。あんなんで気道確保できるのか? (;・∀・) それで、息が出来るようになったからってガムテープで止血ってのもすごい。その後、ぴんしゃんして“屋敷女”に立ち向かう。お前、さっきまで死にそうだったじゃん…

ラストの警官?の展開がわからん。良く観えなかったし。サラは「お巡りさん?」と語りかけていたけど、警官はみんなやられてしまったんじゃなかったっけ(「MONSIEUR」と言っていたように聞こえたけど、どうなんでしょ)。

評価:☆(0.5)
とにかく、血、血、血、血、血。わたしはこういうのあんまり怖いと思わないので、出産シーンはウッと思ったものの、怖くはなかった。まぁ、スプラッタ・ホラー好きならいいんじゃないでしょうか。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

屋敷女 アンレイテッド版 [DVD]屋敷女 アンレイテッド版 [DVD]
(2009/01/07)
ベアトリス・ダルアリソン・パラディ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
出演者:ベアトリス・ダル、 アリソン・パラディ、 ナタリー・ルーセル、 フランソワーズ=レジス・マルシャン
収録時間:83分
レンタル開始日:2009-01-07

Story
『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のベアトリス・ダルが史上最凶の殺人鬼を演じたホラー。出産を控えた妊婦・サラは見知らぬ女の訪問を受ける。不審に思ったサラは警察を呼び女を追い返し一安心するが、いつしか女は再び家に侵入していた。R-18作品 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
屋敷女屋敷女屋敷女屋敷女

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジュリアン・モーリー ベアトリス・ダル アリソン・パラディ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。