週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 今日も僕は殺されるHOME > か~こ > 今日も僕は殺される
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


今日も僕は殺される 
2008年09月15日 (月) | EDIT |
 銀座シネパトスにて鑑賞
今日も僕は殺される今日も僕は殺される/THE DEATHS OF IAN STONE
2007年/アメリカ/87分
監督: ダリオ・ピアーナ
出演: マイク・ヴォーゲル/ジェイミー・マーレイ/クリスティーナ・コール
公開: 2008年09月06日
公式サイト

アイスホッケー部の所属する大学生イアン・ストーンは、試合終了間際の17時3分で時計が止まってしまい、自分のプレイが原因で試合に負けてしまう。イアンは恋人のジェニーを送り届けた帰り道、踏み切り前で倒れている人を救助しようとしたところ、何者かに体の自由を奪われて線路に連れて行かれ、列車に撥ねられ―――――気が付くとイアンはオフィスでデスクワークをしていた。同僚のジェニーと雑談をし、仕事を終わらせ家に着いたイアンは、同棲中の恋人メディアに学生時代にホッケーをしていた話をするが、メディアは初耳だと言い、アルバムを見せるもそこにはイアンとは別人が写っていた。あるはずの無い記憶に混乱するイアン。翌日、会社へ向かう途中で、イアンは見知らぬ男に呼び止められる。男は「連中に命を狙われている。逃げろ」と言うが、何のことだかわからないイアンは男を問い詰める。しかしその時、男は得体の知れないモノに襲われる。イアンはその場を逃げ出して家にたどり着くが―――――そして気付くと、タクシードライバーのイアンは女性客ジェニーを家に送り届けるところだった…


チケット買った時は全然気付かなかったんだけど、これって2週間限定ロードショーだったのね… (;・∀・)
ってことで、慌てて行って来ました。本日は久々に3本梯子!
サスペンスかと思ってたんだけど、B級SFホラーって感じですね。ホラーでもないか。全く怖くは無かった。

殺されて、別の日常になって、また殺されて…のループがいい加減しつこくて ┐(´д`)┌ ウンザリ
ハーベスターたちが、イアンを何度も殺す意味がよくわからない。殺さなくてもイアンを“日常”に閉じ込めておくだけでいいんじゃないの?
こういう映画は、「何のために主人公がこんな目にあっているのか」というところに説得力を持たせないと面白くないよね。「バンテージ・ポイント」みたいに、同じ出来事でも、視点を変えることで別の事実が明らかになってくるならともかく、この映画の場合は何の意味もないように思える。

ストーリー的にも、恐怖を糧にしている化け物が、愛を知って生まれ変わるという展開が、どうにもベタで ( ´,_ゝ`)プッ って感じがしちゃうのです。

ハーベスターがちょっとハリポタシリーズの吸魂鬼ぽいなと思った。黒いから?

あ、上で全く怖くなかったと書いたけれど、メディア役のジェイミー・マーレイは魔女っぽくて怖かった(笑)
彼女は良かった。

評価:☆(0.5)
migさんのおっしゃるように、これはタイトル(邦題)勝ちだな。
アイディアというか思いつきは悪くないと思うんだけど…もうちょっと上手く膨らませて欲しかった。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]今日も僕は殺される デラックス版 [DVD]
(2008/11/21)
マイク・ヴォーゲルクリスティーナ・コール
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ダリオ・ピアナ
出演者:マイク・ヴォーゲル、 クリスティーナ・コール、 ジェイミー・マーレイ、 マイケル・フィースト
収録時間:88分
レンタル開始日:2008-11-21

Story
『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマイク・ヴォーゲル主演によるサスペンスホラー。アイスホッケーの試合を終え帰宅途中のイアンは、何者かに襲われ死んでしまう。ところが、目が覚めた彼は、洒落たオフィスの会社員として働いていて…。R-15作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
今日も僕は殺される今日も僕は殺される今日も僕は殺される今日も僕は殺される

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダリオ・ピアーナ マイク・ヴォーゲル ジェイミー・マーレイ クリスティーナ・コール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
No title
りおさーん

おはよ☆
いやーん、りおさんこれ事前にきいいてくれたら行かなくて良いよ!って言ったのに~(笑)
ありきたりだったよねー

こんなのわざわざ劇場でやらなくてもいいのに(笑)
2008年09月16日 (火) 09:47 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

いやー公開前にチケット買っちゃっていたのよ…
ホント、DVDスルーでいいよね。
2008年09月19日 (金) 00:58 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これはタイトル(邦題)勝ち{/atten/} たとえあやしいB級でも、事前に海外での評判も調べず、観たい!と思う直感でいつも選んでるわたしは これはもうタイトルみただけで鑑賞決定だった作品。 原題はイアン・ストーン(主人公)の死(それも複数形)で全くもってフツウの...
2008年09月16日 (火) 09:48:05 |  我想一個人映画美的女人blog
【THE DEATHS OF IAN STONE】R-152008/09/06公開製作国:アメリカ監督:ダリオ・ピアーナ出演:マイク・ヴォーゲル、ジェイミー・マーレイ、クリスティーナ・コール、マイケル・フィースト、マイケル・ディクソン、アンドリュー・バカン、チャーリー・アンソン──“...
2008年12月29日 (月) 21:43:06 |  映画鑑賞★日記・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。