週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > おくりびとHOME > あ~お > おくりびと
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


おくりびと 
2008年09月18日 (木) | EDIT |
 丸の内プラゼールにて鑑賞
おくりびとおくりびと
2008年/日本/130分
監督: 滝田洋二郎
出演: 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子
公式サイト
公開: 2008年09月13日


チェロ演奏家の小林大悟は、所属していたオーケストラが経営難で解散したことをきっかけに、妻の美香と実家のある山形へ移り住む。持っていたチェロを売り、職探しを始めた大悟は「年齢問わず、高給保証、実質労働時間はわずか。あなたの旅のお手伝いをします。NKエージェント」と書かれた新聞広告に目を留める。旅行代理店だと思った大悟はさっそくNKエージェントに向かい、即採用となる。ところが社長の佐々木生栄から話を聞くうちに、NKエージェントは旅行代理店ではなく“納棺”、遺体を棺に納める会社だとわかる。戸惑う大悟だったが、美香には冠婚葬祭の仕事と偽り、NKエージェントで働き始める。2週間前に孤独死した老婆、美女と勘違いするほどのニューハーフ、ぐれてしまって事故死した少女…様々な人の死に触れ、大悟の中で何かが変わって行く…


今日も僕は殺される」を観る前に、「おくりびと」のお昼の回を買おうと思って劇場に行ったら、びっくりするくらい並んでいました。プラゼールのチケットカウンターがこんなに混んでいるのを初めて見た。まぁ連休だったせいもあると思うが…モントリオール世界映画祭でグランプリ獲ったしねえ。プラゼールじゃなくても、そこそこ混んでいると思われる。これから観る方は、時間に要注意です。
納棺師という、普段はあまり目にすることは無い仕事(目にしない方がいいんだろうけど)に目をつけたというのが、新鮮で面白かった。納棺師の技に魅せられました。肌が遺族の目に触れないように、とか色々気遣いしているんだね。非常に厳かで美しかった。

人の死に触れることで、生を感じ取る…
仕事を通じて人の死に触れていくうちに、最初は戸惑いながらこの仕事をしていた大悟が、段々と誇りに思っていく感じが上手かった。

ところどころ小ネタもきかせていて、シリアスなだけじゃないのも、緩急付いていていいかな。社長と上村さんのコンビが良かった。結構笑わされた。
全体的にはいいんだけど、ちょっと詰め込みすぎな感じはしたかな。大悟と父親のエピソードに特化するか、思い切って削ってしまっても良かった気がする。鶴の湯のおばちゃんのところだけでも十分伝わったし。

モックン、意外と(失礼?)いいですね。チェロの演奏シーンは吹き替えなしだそうな。
山崎努がいいのはもちろんのことですが、上村役の余貴美子をはじめ脇を固める俳優たちがかなりいい。広末以外。広末は今回イマイチ。。。

音楽も良かった。サントラは買いかもしれない。

評価:★★★★☆(4.5)
やさしい、あたたかい映画だなあと思いました。オススメ!


DVDの購入はコチラ
【amazon】

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:滝田洋二郎
出演者:本木雅弘、 広末涼子、 笹野高史、 余貴美子、 山崎努
収録時間:131分
レンタル開始日:2009-03-18

Story
『壬生義士伝』の滝田洋二郎監督が、本木雅弘主演で描いたヒューマンドラマ。遺体を清め棺に納める納棺師として働くことになった主人公の成長と周囲の人々の人間模様を綴る。広末涼子、山崎努が共演。モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
おくりびとおくりびとおくりびとおくりびと


関連商品はコチラ
【amazon】

原案
納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:滝田洋二郎 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 吉行和子 モントリオール世界映画祭 第81回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
【”My”アフィリエイト】パートナー提携のお願い
NTTコミュニケーションズ affiliate-p@ntt.com

【”My”アフィリエイト】パートナー提携のお願い

突然のご連絡失礼いたします。
『“My”アフィリエイト』と申します。
私どもはNTTコミュニケーションズが運営するアフィリエイトサービスです。
http://www.affiliate.ntt.com/

この度、一方的なご連絡となり大変失礼かとは存じますが、
是非とも【映画三昧、活字中毒】サイト様には個別にご紹介差し上げたい広告主様がおり、
ご連絡させて頂いております。

ご紹介させて頂く内容としては、弊社独自の「動画アフィリエイト」を
ご紹介させて頂きたいと思います。

動画アフィリエイト詳細
http://www.affiliate.ntt.com/topics/movie/index.html

ご関心御座いましたら、以下のフォームを切り取り、サイト名・URLをご記入の上、
「affiliate-p@ntt.com」宛にご連絡をお願い致します。
ご連絡を頂きましたら、成果報酬の詳細や、提携方法等優先的にご案内差し上げたく存じます。

--------------------【フォーム】---------------------------
TO: affiliate-p@ntt.com 
件名 :9/18 詳細案内希望

■サイト名:
■URL:


------------------------------------------------------------


以上 よろしくお願い申し上げます。
2008年09月18日 (木) 16:39 |   | NTTコミュニケーションズ #3/2tU3w2[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
2008年09月18日 (木) 15:42:26 |  MESCALINE DRIVE
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽...
2008年09月19日 (金) 12:50:35 |  to Heart
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★?...
2008年09月22日 (月) 21:14:50 |  京の昼寝~♪
今年の夏は私が女性として、人として尊敬していた人を亡くすという、とても哀しい夏になってしまった…。 最期まで弱音を吐かず、生きることを諦めず、懸命に生き抜いた彼女は、本当に素晴らしい人だった。 まだまだ教えて欲しいことはたくさんあったけれど、いまだに信...
2008年09月27日 (土) 18:01:42 |  honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
 彼女の知人の勧めもあり、本木雅弘氏主演の「おくりびと」を見に行くことに。 普段はすすんで映画を見に行くタイプではないが、これは泣け...
2008年10月13日 (月) 21:56:45 |  人間学を活学する為の名著選blog
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努?...
2008年10月24日 (金) 22:00:26 |  新!やさぐれ日記
滝田洋二郎監督の作品って初めて観ました。 山崎務さんは本当に素敵な俳優さんですね
2009年02月10日 (火) 09:33:05 |  オヨメ千感ヤマト
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
2009年03月02日 (月) 20:19:55 |  にき☆ろぐ
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
2009年03月04日 (水) 01:22:13 |  yanajunのイラスト・まんが道
いのち芽吹く物語。  
2009年03月08日 (日) 17:47:53 |  Akira\'s VOICE
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
2009年04月05日 (日) 05:56:25 |  サーカスな日々
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、橘ゆかり、 朱源実、石田太郎、小柳友貴美、岸博之、宮田早苗、大谷亮介、諏訪太朗、奥田達士、ト字たかお、藤あけみ、山中敦史、樋渡真司、?...
2009年04月06日 (月) 03:15:16 |  アヤは観た。
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ?...
2009年10月06日 (火) 22:12:35 |  ★YUKAの気ままな有閑日記★
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見...
2009年10月12日 (月) 17:22:38 |  必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。