週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > パコと魔法の絵本HOME > は~ほ・う゛ > パコと魔法の絵本
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


パコと魔法の絵本 
2008年09月22日 (月) | EDIT |
 シネフロントにて鑑賞
パコと魔法の絵本パコと魔法の絵本
2008年/日本/105分
監督: 中島哲也
出演: 役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アンナ/阿部サダヲ
公開: 2008年09月13日
公式サイト

患者も病院関係者も変わり者ばかりのとある病院。その中でも、一代で財を成した老人・大貫は、「お前が私の名前を知っているだけで腹が立つ!」が口癖の偏屈者。ある日、大貫は庭で、ひたすら絵本を読む少女パコと出会う。パコは、翌日会った時には大貫のことを忘れているかのような素振りをし、大貫が失くしたライターをパコが持っていたことから、パコが盗んだと誤解した大貫は、パコを殴ってしまう。しかしパコが交通事故で両親を亡くし、事故の後遺症で、一日で記憶が消えてしまう障害を負ったことを知り、さすがに反省する大貫。ふとパコの頬を触った時、パコは「おじさん、昨日もパコのほっぺ触ったよね?」と反応する。昨日のことを覚えていないはずのパコが、大貫の手のぬくもりを覚えていた―――――その出来事は大貫の中の何かを変え、大貫はパコのために何かしてあげたいと考えるようになるが…


あんまり観る気はなかったんだけど、評判がいいようだし、migさんに観ないの~?と言われたのもあって、渋谷で友人と遊ぶ約束をしていたのでついでだしと思って観てみることにしました。残業して0:30に職場を出たにも関わらず、朝の回で観たため、友人にびっくりされた(笑)
元は後藤ひろひとが書いた舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」。
そのせいか、どうも皆さん演技が大仰というか、舞台向きの演技だよねこれ…という気がしてならなかった。
ギャグの入れ方とかも、完全に舞台向け。舞台で観たら面白かっただろうなーという印象。

ファンタジーと思ってなかったので、突然始まった極彩色であり得ない世界、大仰な演技に完全に引いてしまいました。
最初からわかって観ていれば違ったんだろうけどね…
映像はポップでしたが、正直、CG部分はいらなかったんじゃないかなーとも思う。(これmigさんも書かれてますね)

最後、唐突にパコが重体になるのも、ちょっとえーー?? さっきまで走り回ってなかったか?って感じ。無理やりお涙頂戴路線に持って行っているようで、違和感ありました。

小池栄子にはびっくりした(笑) 彼女最近弾けてるね~(いい意味で)

評価:★☆(1.5)
話はわかりやすいし、CG満載で、子供には楽しいかもしれない。が、わたしにはどうも合いませんでした。
よくよく考えてみれば、「嫌われ松子の一生」も合わなかったんだったわ(笑)


DVDの購入はコチラ
【amazon】

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
(2009/03/06)
役所広司アヤカ・ウィルソン
商品詳細を見る

パコと魔法の絵本 特別版(2枚組) [DVD]パコと魔法の絵本 特別版(2枚組) [DVD]
(2009/03/06)
役所広司アヤカ・ウィルソン
商品詳細を見る

パコと魔法の絵本 [Blu-ray]パコと魔法の絵本 [Blu-ray]
(2009/03/06)
役所広司アヤカ・ウィルソン
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:中島哲也
出演者:役所広司、 アヤカ・ウィルソン、 妻夫木聡、 土屋アンナ
収録時間:105分
レンタル開始日:2009-03-06

Story
『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が、3DフルCG映像をふんだんに取り入れた奇想天外なハートウォーミングファンタジー。記憶が1日しかもたない女の子・パコのため、一風変わった大人たちが“忘れられない思い出”を残そうと奮闘する。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM】
パコと魔法の絵本パコと魔法の絵本パコと魔法の絵本パコと魔法の絵本


関連商品はコチラ
【amazon】

「いつもワガママガマ王子」のアニメ
映画「パコと魔法の絵本」スピンオフアニメ『いつもワガママガマ王子』 [DVD]映画「パコと魔法の絵本」スピンオフアニメ『いつもワガママガマ王子』 [DVD]
(2009/03/06)
近藤春菜(ハリセンボン)宮迫博之(雨上がり決死隊)
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:中島哲也 役所広司 アヤカ・ウィルソン 妻夫木聡 土屋アンナ 阿部サダヲ 後藤ひろひと 小池栄子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
No title
りおさんー
おはよ☆
そっかぁ、りおさんは松子もダメだったのね、
この監督のはダメなのかなー。
CGのキャラ部分はちょっと不要だよね、、、
笑いの部分は子供向けになりすぎていたかも。
お話は素敵っだったよ♪
2008年09月22日 (月) 10:27 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとv-411

「下妻物語」は観ていないんだけど
わたしはこの監督の作品が合わないのかもしれないね。。。

笑いの部分も、いかにも舞台って感じで、
舞台で観たら面白かっただろうになーって思うよ。
2008年09月22日 (月) 20:56 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
主役のパコちゃん以外、ほぼ全員、キャラ濃っ{/ee_1/}個性豊かすぎる面々が詰まったおもちゃ箱{/atten/} まるで、焼きそばとカレーと焼き肉とお寿司とチョコレートとエビフライと薔薇の花をごった煮した鍋みたい{/kaminari/} どんな鍋じゃ。 そんな気持ちワルくないよ{/ka...
2008年09月22日 (月) 10:25:02 |  我想一個人映画美的女人blog
□作品オフィシャルサイト 「パコと魔法の絵本」□監督・脚本 中島哲也 □原作 後藤ひろひと □脚本 門間宣裕 □キャスト 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、國村隼、上川隆也 ■鑑賞日 9月14日?...
2008年09月22日 (月) 12:17:07 |  京の昼寝~♪
 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、...
2008年09月26日 (金) 21:49:22 |  続・蛇足帳~blogばん~
だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけど・・・ ひらりん的にはヒロイン役のアヤカ・ウィルソンちゃ...
2008年09月28日 (日) 03:04:38 |  ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。
2008年09月30日 (火) 01:12:12 |  ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
中島哲也監督があまり好きではありません。 でもこの作品は観てみたい。 試写会で観ました。 会社を興し、一代で大企業に発展させ、 我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していたが 院内一の嫌われ者だった。 ある日、大貫は交通事故で入院している少女・パコ...
2008年09月30日 (火) 11:52:06 |  映画、言いたい放題!
パコと魔法の絵本は劇場で先月18日に鑑賞したが 結論は面白さの中に所あり良い感じだったね 内容は人間嫌い大貫が記憶障害の少女と出会って 少女のため他の入院患者と劇をする展開だった 役所が大貫でパコとの出会い変わる演技は流石で ウィルソンがパコで同じ事
2008年10月02日 (木) 21:07:08 |  別館ヒガシ日記
蛙チョコ ゲロゲ~ロ作る 工場かな  げろげーろ、で思い出したのは、漫才師の青空球児・好児、だったっけ。今どうしちゃったかな。決してキレイなギャグじゃなかったよな。えっ、なんですって? 球児の方が2003年に世田谷区議会議員に立候補し当選したんですって...
2008年10月04日 (土) 19:01:18 |  空想俳人日記
命きらめく絵本劇。  
2008年10月11日 (土) 17:39:20 |  Akira\'s VOICE
一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本
2008年10月17日 (金) 00:24:44 |  映画な日々。読書な日々。
子どもが大人に、読んであげたい物語。
2009年09月27日 (日) 10:21:05 |  Addict allcinema おすすめ映画レビュー
あらすじ舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日、パコという名の女の子と出会います・・・。感想『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の作品。後藤ひろひと...
2009年10月17日 (土) 15:35:28 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。