週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > わが教え子、ヒトラーHOME > わ~ん > わが教え子、ヒトラー
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


わが教え子、ヒトラー 
2008年09月23日 (火) | EDIT |
 Bunkamuraル・シネマにて鑑賞
わが教え子、ヒトラーわが教え子、ヒトラー/MEIN FUHRER - DIE WIRKLICH WAHRSTE WAHRHEIT UBER ADOLF HITLER
2007年/ドイツ/95分
監督: ダニー・レヴィ
出演: ウルリッヒ・ミューエ/ヘルゲ・シュナイダー/シルヴェスター・グロート/アドリアーナ・アルタラス
公開: 2008年09月06日
公式サイト


1944年12月25日、ザクセンハウゼン強制収容所に入れられていたユダヤ人俳優、アドルフ・グリュンバウム教授は、突然、ヒトラーの側近、宣伝大臣のヨーゼフ・ゲッベルス博士に呼び立てられる。ゲッベルスは、戦局劣勢に陥っていたドイツを立て直そうと、新年にヒトラーの演説を行い、その様子をカメラに収めて国民の意気掲揚を計ろうとしていた。ところがヒトラー自身は鬱になっており、とても演説が出来る状態ではなかったため、以前ヒトラーに演説の指南をしたことがあるグリュンバウムに再び指南を頼むことを思いついたのだった。グリュンバウムは家族を収容所から呼び戻すことを条件に、演説指南を引き受ける。自分たちユダヤ人を窮地に追いやったヒトラーを目の前にして、グリュンバウムは葛藤するが、ヒトラー個人に接して彼の孤独に触れるうちに、グリュンバウムの心境も微妙に変化していく―――――


ウルリッヒ・ミューエの遺作です。あとは「善き人のためのソナタ」しか観たことがないので、今度色々観てみようかな~(時間が出来れば…)
なんだか…思ったよりもコメディですな。。。
コメディとは思っていなかったので、ちょっと戸惑いました。笑いも、ここで笑っていいのかな?みたいな感じで…

しかも監督はユダヤ人。こういう映画を作れるようになったということに、時間の流れを感じた。
エンドロールで、一般の人に「ヒトラーって知ってる?」って聞くシーンが流れて、「知らない」と答える人も意外に多かった(もちろん年配の人はそんなことないけど)。その点でも、時間の流れを実感しました。

コメディだからなのか、グリュンバウムがヒトラーを憎んでいるという気持ちが、いまいち感じ取れなかったかなー。ヒトラーの命を狙う場面は出てくるんだけど…あんまり切迫感がないと言うか。

人間ヒトラーを描いているんだけど、彼の孤独なら「ヒトラー~最期の12日間~」の方が感じたかな…

実際にヒトラーに演説指南をした人はいたらしいのだけれど、それがユダヤ人のグリュンバウムというのは、全くのフィクションだとか。目の付け所は面白いけど、ユダヤ人がヒトラーの演説指南をするということをヒトラーが受け入れたかな~ (^_^;) と思ってしまったり。

評価:★★☆(2.5)
最初からコメディと思って観れば大丈夫かな。わたしは、こういう映画で笑っていいのかどうかすごく迷ってしまったので…


DVDの購入はコチラ
【amazon】

わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]
(2009/04/24)
ウルリッヒ・ミューエヘルゲ・シュナイダー
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ダニー・レヴィ
出演者:ウルリッヒ・ミューエ、 ヘルゲ・シュナイダー、 シルヴェスター・グロート、 アドリアーナ・アルタラス
収録時間:95分
レンタル開始日:2009-04-24

Story
『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・ミューエ主演で描いたドラマ。類い稀な才能で巨大な権力者へとのし上ったヒトラーだが、第二次世界大戦以降は病に苦しみ、精神も不安定に…。そんな彼を再生させるため、グリュンバウム教授がやって来る。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM】
わが教え子、ヒトラーわが教え子、ヒトラーわが教え子、ヒトラーわが教え子、ヒトラー

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダニー・レヴィ ウルリッヒ・ミューエ ヘルゲ・シュナイダー シルヴェスター・グロート アドリアーナ・アルタラス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第二次世界大戦末期のドイツ。自信を失ったヒトラーと演説指南役として 彼に演説のノウハウを仕込むことになったユダヤ人俳優の苦悩と葛藤を 描く。敗戦間近の1944年12月のドイツ。宣伝相ゲッベルスは1月1日のヒトラーの 演説を大々的に行い、それをプロパガンダ映像とす?...
2008年10月29日 (水) 23:44:46 |  だらだら無気力ブログ
  あのヒトラーにこんなことが出来たのは彼だけかもしれない。 10月27日、京都シネマにて鑑賞。「善き人のためのソナタ」のウルリッヒ・ミューエが主演しています。そういえば、彼は2007年、7月22日に胃がんで死去。54歳の若さでした。多分この作品出演後...
2008年11月13日 (木) 10:16:06 |  銅版画制作の日々
アドルフという名を持つ男ふたり。 総統と呼ばれる男とユダヤ人俳優。
2009年01月05日 (月) 21:48:38 |  三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
「善き人のためのソナタ」に主演したウルリッヒ・ミューエの遺作である。第2次大戦末期、もはや敗戦の色濃くなって鬱状態になったヒトラーを再生させる任務を命じられたユダヤ人教授の物語。この設定だけでも異色なのであるが、これを全編にわたってブラックユーモア調で...
2009年01月30日 (金) 18:47:40 |  映画と出会う・世界が変わる
第2次世界大戦末期のドイツを舞台に、闘志を失ったヒトラーと、彼にスピーチを教えることになったユダヤ人元演劇教授の複雑な関係を描くヒューマンドラマ。監督は『ショコラーデ』のダニー・レヴィ。『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・ミューエが、同胞のためにヒト?...
2009年08月24日 (月) 02:46:58 |  サーカスな日々
かなりコメディ色が強い映画だったんですね~。知らなかった
2010年01月19日 (火) 10:34:28 |  心の栄養♪映画と英語のジョーク
80.わが教え子、ヒトラー■原題:MeinFuhrer-DieWirklichWahrsteWahrheitUberAdolfHitler■製作年・国:2007年、ドイツ■上映時間:95分■字幕:岡田壮平■鑑賞日:9月21日、ル・シネマ(渋...
2011年01月16日 (日) 11:41:53 |  KINTYRE’SDIARY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。