週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ブロークンHOME > は~ほ・う゛ > ブロークン
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブロークン 
2008年11月25日 (火) | EDIT |
 テアトルタイムズスクエアにて鑑賞
ブロークンブロークン/THE BROKEN
2008年/イギリス、フランス/88分
監督: ショーン・エリス
出演: レナ・ヘディ/リチャード・ジェンキンス/ミシェル・ダンカン/メルヴィル・プポー/アシエル・ニューマン
公開: 2008年11月15日
公式サイト

放射線技師のジーナは、最近、内臓逆位の患者が多いことに気付き、奇妙に感じていた。自分の父親の誕生日に、恋人ステファン、弟のダニエル、ダニエルの恋人ケイトと共にホームパーティーを開くが、その最中に家の鏡が割れる。ジーナたちは「鏡が割れると7年間不幸が続く」という迷信を口にして笑い合うが、翌日、ジーナは自分と同じ車を運転する、自分そっくりの女を見る。ジーナは思わず女の後をつけるが、女のアパートはジーナとそっくり同じで、動揺したジーナは帰りに交通事故を起こす。幸い、大きな外傷は無かったものの、事故前後の記憶をなくしてしまう。やがてジーナは日常を取り戻すが、ステファンに対し、外見は同じだが別人ではないかと言う違和感を覚えるようになる―――――


「フローズン・タイム」の評判がかなり良かったので(未見です)、同じ監督の最新作ということで観て来ました。
サスペンスと思っていたんだけど、ホラーだったのね…。ちょっと拍子抜け。

全体的な雰囲気は悪くないし、映像的にもなかなか良かったと思うんだけど、何というかイマイチ…。脚本がイマイチなのかなあ。ジーナが忘れてしまっていた記憶を取り戻すところは、ほほーとは思ったけど。

題材的には悪くないとは思いますけどね。鏡ってちょっとホラー要素あるし(そういえば今度、「ミラーズ」ってのも上映されますね)、夜中の2時だかに鏡を見ると将来の結婚相手が見えるだとか、合わせ鏡をすると悪魔が現れるだとか、日本にも鏡にまつわる迷信はあるし、身近な恐怖感がある。でも、何と言うかイマイチ踏み込みが足りないと感じてしまって、どうもありがちなホラーという印象が拭えなかった。

評価:★★(2.0)
サスペンス・ホラーとして観ると、ちょっとザンネンな感じでした。映像は綺麗だったけど。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ブロークン [DVD]ブロークン [DVD]
(2009/05/22)
レナ・ヘディリチャード・ジェンキンス
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ショーン・エリス
出演者:レナ・ヘディ、 リチャード・ジェンキンス、 ケイト・コールマン、 アシエル・ニューマン
収録時間:88分
レンタル開始日:2009-05-22

Story
長編デビュー作『フローズン・タイム』で独自の映像センスを発揮した世界的フォトグラファー、ショーン・エリスが手掛けたサスペンス。ロンドンに暮らすX線技師のジーナは、職場からの帰り道に自分と同じ車を運転する“自分”とすれ違い…。PG-12作品 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ブロークンブロークンブロークンブロークン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ショーン・エリス レナ・ヘディ リチャード・ジェンキンス ミシェル・ダンカン メルヴィル・プポー アシエル・ニューマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
これ、なーんかいまひとつだったよねぇ、、、
やっぱり案の定ぜんぜんヒットしなかったみたいだし。
フツウな感じ。脚本がもっと面白かったらねぇ、、、
雰囲気は良かったのに、、、。
りおさん、是非「フローズンタイム」観て観てね♪
2008年12月08日 (月) 00:58 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

そう、イマイチという言葉がぴったりだったねえ。
「フローズン・タイム」は時間を見つけて観てみるよ。
「ファニーゲーム」はオンラインDVDレンタルに在庫がないみたいで、
リメイク観るのが先になりそう。
2008年12月11日 (木) 21:44 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今年の2月公開になった『フローズン・タイム』の監督、ショーン・エリスの最新作{/kaminari/} 『フリーズン・タイム』が面白かったので、その監督が撮るミステリーチックなサスペンスってコトで ちょっと期待してました、来月の公開を前にちょっとだけ早く試写で鑑賞{/hi...
2008年12月07日 (日) 11:49:17 |  我想一個人映画美的女人blog
2008年:イギリス+フランス合作映画、ショーン・エリス監督&脚本、レナ・ヘディ、メルヴィル・プポー出演。
2008年12月14日 (日) 00:31:00 |  ~青いそよ風が吹く街角~
映像の美しさ以外全てにおいて中途半端。鑑賞後にはそういう感想しか出てきませんでした。『フローズン・タイム』のショーン・エリス監督の新作ということで期待はしていたのですが、う~ん残念。この監督も映像だけに走る監督に成り下がってしまうのでしょうか? 鏡を...
2008年12月18日 (木) 18:05:38 |  めでぃあみっくす
鏡よ鏡 もうひとりの そこに自分  ファッション・フォトグラファーとして活躍するショーン・エリスが2004年に手掛けてその年のアカデミー賞にもノミネートされた短編作品を長編化した異色のロマンティック・ストーリー、それが「フローズン・タイム」。原題「CASHBA...
2009年02月01日 (日) 09:58:49 |  空想俳人日記
やっぱ鏡は割っちゃいかんですねぇ~・・
2009年09月01日 (火) 07:34:41 |  心の栄養♪映画と英語のジョーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。