FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ら~ろ > レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで 
2009年01月29日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまでレボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/REVOLUTIONARY ROAD
2008年/アメリカ、イギリス/119分
監督: サム・メンデス
出演: レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン
公開: 2009年01月24日
公式サイト

1950年代、コネチカット州。あるパーティーで運命的な恋に落ちたフランク・ウィーラーとエイプリル。2人は結婚し、子供が出来たため、新興住宅街レボリューショナリー・ロードにある小さな家を買い求める。元陸軍兵のフランクは意に沿わない会社勤めをしており、エイプリルも女優への夢をあきらめきれず、市民劇団で舞台に上がってはいるものの、評判はいまいちで、現状の自分に不満を抱く2人の間には口論が絶えず起こっていた。2人が出会った頃、フランクがパリに住みたいと言っていたことを思い出したエイプリルは、フランクの30歳の誕生日に、今の家や仕事を捨て、家族でパリに移住することを提案する。最初は夢物語と相手にしなかったフランクも、エイプリルの説得に、次第にその気になってくる。そして周りの人たちに移住を宣言して準備を始めるが、フランクが片手間で行った仕事が評価され、大抜擢を受ける。また、エイプリルの身にも、思いもよらぬ出来事が起こり―――――


メロドラマっぽいなーと思ってあんまり観る気はなかったんだけど、ケイトがゴールデン・グローブ賞主演女優賞を獲ったってことで、一応観てみることにしました。
全然メロドラマじゃねえ… (-_-;)
何となく、「アメリカン・ビューティー」の一家にも通じるところがあるかも。観てて、なんだか凹みました。

主役の2人が終始怒鳴りっぱなしで辛かった。迫力ありすぎて、ちょっと怖いくらい。

エイプリルが移住を言い出した時に、わたしもミリーたちと同じく「何を言っておるんだこの女は」と思ってしまったので、あんまり同情というか共感は出来なかったかも。
夢を追い求めることは大事だけれど、子供を堕胎してまですることなのかどうか…。今の自分に不満があるとああなってしまうのかしら。自分だけが特別と思いたい気持ちもわかるけど、客観視すると特別ではないことの方が多いよね。それに耐えられなかったのか…
「逃げるんじゃなくて、本当の自分で生きられる場所を探していた」というようなエイプリルの台詞があるけれど、わたしには逃げとしか思えなかった。環境を変えることは大事なファクターだと思うけど、でも気の持ちようで、同じ環境でも新しく生きなおすことは可能だと思う。理想論かもしれないけど。
例えば、パリまで行かなくても、離婚したって良かったはず。2人の言い争いに、ボタンの掛け違えということをすごく感じた。

あと、空気を読まない(ある意味読みすぎ?)不動産屋の息子ジョンがすごかった。いい味出してた。
ギヴィングス家に、パリに行かないと告げた時のジョンの台詞が秀逸。

レオが普通のサラリーマンなんて初めてじゃない? 色々彼の出演作は観ているけれど、いつも一風変わった役が多かったので、ちょっと違和感(笑)

評価:★★★(3.0)
観終わった後に凹むので、あんまりオススメはしないな。今の自分に不満があって、現状打破したい、でも勇気が無いという人が観たら、全然評価が違う気がする。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
(2009/06/05)
レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット
商品詳細を見る

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [Blu-ray]レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2009/06/05)
レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:サム・メンデス
出演者:レオナルド・ディカプリオ、 ケイト・ウィンスレット、 キャシー・ベイツ、 マイケル・シャノン
収録時間:119分
レンタル開始日:2009-06-05

Story
『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに再共演した感動ラブストーリー。50年代のアメリカを舞台に、新興住宅地“レボリューショナリー・ロード”に住む夫婦が、理想と現実の狭間で苦悩する姿を描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
レボリューショナリーロード 燃え尽きるまでレボリューショナリーロード 燃え尽きるまでレボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまでレボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ヴィレッジブックス)レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ヴィレッジブックス)
(2008/12/15)
リチャード・イエーツ
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:サム・メンデス レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット キャシー・ベイツ マイケル・シャノン キャスリン・ハーン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
はじめまして。へこみはしませんでしたし、面白いなあと思って最後まで楽しく観賞しました。現実にありそうなことを時代背景と重ねて、エイプリルの憂鬱感が良く出ていましたし、隣人との対比が美味く描けていた気がします。要は悲喜劇ですから、それを読み取れない人が多いだろう日本ではヒットしない気がします。
2009年02月03日(火) 10:59 |   | ぽん #mQop/nM.[ EDIT]
ぽんさん
はじめまして、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございますv-411

> へこみはしませんでしたし、面白いなあと思って最後まで楽しく観賞しました。

わたしは面白いなあ、楽しいなあとは思えませんでした。
本当に人によって感想は色々ですね。
わたしにこの映画の面白さを読み取る能力がないのかもしれませんが、合わない映画というのもありますしね。
2009年02月07日(土) 10:19 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・?...
2009年01月29日(木) 08:06:51 |  ★YUKAの気ままな有閑日記★
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました~ 初日の夜なのにガラガラ~{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に流...
2009年02月01日(日) 22:11:07 |  我想一個人映画美的女人blog
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの熱演・好演に異論はないが、この主人公ふたりを引き立たせて、この映画の核心をついている脇役はキャシー・ベイツ演じるヘレンの息子ジョンである。心を病む人物であるが、二人の実体を見事に顕在化していくのである。...
2009年02月07日(土) 17:54:44 |  映画と出会う・世界が変わる
 アメリカの作家リチャード・イエーツの小説   『家族の終わりに』(\'61)を映画化。    個人評価 ★★☆  
2009年02月08日(日) 16:01:02 |  『映画な日々』 cinema-days
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」、機内上映で観ました。 1950年代の平凡な夫婦が平凡な生活を営む中、次第に人生のボタ...
2009年02月09日(月) 15:52:59 |  クマの巣
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
2009年07月12日(日) 22:36:30 |  Addict allcinema 映画レビュー