週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 誰も守ってくれないHOME > た~と > 誰も守ってくれない
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


誰も守ってくれない 
2009年02月01日 (日) | EDIT |
 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞
誰も守ってくれない誰も守ってくれない
2008年/日本/118分
監督: 君塚良一
出演: 佐藤浩市/志田未来/松田龍平/石田ゆり子/佐々木蔵之介
公開: 2009年01月24日
公式サイト

東京都豊島区で発生した小学生の姉妹が殺された事件で、18歳の船村直人が容疑者として逮捕される。過去、容疑者の家族がマスコミや周りからのバッシングに耐えられず自殺を図る例があったため、警察は家族に別々の行動を取らせ、東豊島署の勝浦卓美刑事が直人の妹、沙織を保護することになる。追ってくるマスコミの目をかわし、警察が用意したホテルへ向かうが、そこもやがてマスコミにかぎつけられる。自らの身に起こったことを理解しきれない沙織は、勝浦にも容易に心を開かない。勝浦は、自分のアパート、友人である精神科医尾上令子のマンションと、沙織を連れて転々とし、家族と旅行に行くはずだった伊豆のペンションへ向かう―――――


録画はしたんだけど、「誰も守れない」はまだ観てないの。どっちを先にしようかと思ったんだけど、とりあえず映画を先にしました。
なかなか難しい問題です。同じ犯罪加害者の家族を描いた「手紙」とはまた切り口が違う。
もちろん一番悪いのは罪を犯した本人だというのはわかるけれど、その親に責任がまったくないかと言うと、そうとも言い切れず…。だからと言って彼らを糾弾するのはおかしいと思うけど、本庄のような犯罪被害者の家族が、加害者の家族も一緒に罪を償うべきだと思う気持ちもわかる。
本庄が、沙織を守る勝浦に対して「警察は犯罪者の家族は守るのに、うちの子は守ってくれなかった」「警察にとっては、犯罪者の家族も被害者の家族も同じなんですね…」という台詞、結構胸にきます。

一番怖いのは、マスコミと正義面した一般の人たち。被害者の家族ならともかく、彼らには、犯罪者の家族を責める権利は無いでしょう。
この辺は「ブラックサイト」で無責任に動画を楽しんでいたユーザーとも通じるものがある。

ちょっと盛り込みすぎ(達郎のエピソード)、描写を大げさにしすぎ(ネット上で家族の名前を晒されるとか)と思う部分もあるけれど、映画ということを考えると、許容範囲かな。佐々木蔵之助演じる記者は要らなかった気もするけど…

映画の冒頭で、警察が船村家に踏み込むシーン、沙織が学校ではしゃいでいるシーンなどがスローモーションで入れられるんだけれど、これが良かった。良くある演出なのかもしれないけど、上手く映画に入り込むことが出来ました。

志田未来いいなあ。将来有望です。
佐藤浩市と松田龍平のコンビもなかなか可愛くて(笑)良かった。

評価:★★★★(4.0)
ちょっと大げさかなと思う演出に目をつぶれば、なかなかいけると思います。
これから「誰も守れない」観まーす。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]
(2009/09/02)
佐藤浩市志田未来
商品詳細を見る

誰も守ってくれない プレミアム・エディション<初回生産限定> [DVD]誰も守ってくれない プレミアム・エディション<初回生産限定> [DVD]
(2009/09/02)
佐藤浩市志田未来
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:君塚良一
出演者:佐藤浩市、 志田未来、 松田龍平、 柳葉敏郎
収録時間:118分
レンタル開始日:2009-09-02

Story
「踊る大捜査線」シリーズの君塚良一が、佐藤浩市と志田未来共演で描いたヒューマンムービー。ごく平凡な4人家族の長男が殺人事件の容疑者として逮捕される。刑事・勝浦は、残された容疑者家族をマスコミと世間の目から保護するよう命じられるが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
誰も守ってくれない誰も守ってくれない誰も守ってくれない誰も守ってくれない

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:君塚良一 佐藤浩市 志田未来 松田龍平 石田ゆり子 佐々木蔵之介 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
そうそう
やりすぎじゃないのかな?
って思ったけど、、、その反面現実にもありそうで恐ろしかったねぇ。
ドラマもおもしろかったのでぜひぜひ☆
私もあの刑事コンビすきです♪
2009年02月03日 (火) 21:37 |   | きらら #-[ EDIT]
きららさん
こちらにもコメントありがとうv-344

> やりすぎじゃないのかな?
> って思ったけど、、、その反面現実にもありそうで恐ろしかったねぇ。
> ドラマもおもしろかったのでぜひぜひ☆

仕事が忙しい時期に入っちゃって、まだ観てないのー
この週末で観ます!
2009年02月07日 (土) 10:13 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
生きる。
素晴らしく感動的で、問題意識の高い秀作だと思いました。
加害者家族、というのはあれほどまでに糾弾され、酷いほどに追いつめられるんですね。衝撃です。どこまでが本当のなのか、分からないですが。
とにかく、本がいいですよね。そしてそれをリアリティーに溢れて映像化した演出。
佐藤浩市の「生きるんだ。」、その言葉が胸に沁みました。美しい。
志田未来も今後の活躍が期待されますね。しょうもない作品には出ないように願いますw
2009年03月13日 (金) 19:35 |   | マキシ #-[ EDIT]
マキシさん
コメントありがとうございますv-411

> 加害者家族、というのはあれほどまでに糾弾され、酷いほどに追いつめられるんですね。衝撃です。どこまでが本当のなのか、分からないですが。

ちょっと大げさに描いている部分はあると思いますが、近いものがあるんじゃないかな。
犯罪加害者の家族が自殺したっていうのは本当にあることですし…

> 佐藤浩市の「生きるんだ。」、その言葉が胸に沁みました。美しい。

「沙織、君が家族を守るんだ」とかね。勝浦と沙織の関係も良かったですよね。

> 志田未来も今後の活躍が期待されますね。しょうもない作品には出ないように願いますw

同じく願います(笑) まっすぐ育って欲しいわ。
2009年03月14日 (土) 09:33 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
明るいニュ-ス 志田“未来”のオスカー女優 志田“未来”のオスカー女優映画「誰も守ってくれない」(日本公開中、君塚良一監督)にヒロイン役で出演している女優・志田未来(15)が第24回サンタバーバラ国際映画祭で舞台あいさつに立った。海外映画祭は初参加で、?...
2009年02月02日 (月) 10:19:16 |  今日のトップニュース速報
   ☆公式サイト☆殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上...
2009年02月03日 (火) 21:36:36 |  きららのきらきら生活
 殺人犯の妹となった少女と  彼女を守る刑事の逃避行が始まる。。。    個人評価 ★★★  
2009年02月11日 (水) 16:33:23 |  『映画な日々』 cinema-days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。