週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > しゃべれども しゃべれどもHOME > さ~そ > しゃべれども しゃべれども
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


しゃべれども しゃべれども 
2009年06月18日 (木) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
しゃべれども しゃべれどもしゃべれども しゃべれども
2007年/日本/109分
監督: 平山秀幸
出演: 国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫
公式サイト

落語家、今昔亭小三文の弟子、今昔亭三つ葉こと外山達也は、二つ目になって5年目。今ひとつぱっとせず、行く末を模索していた。ある日、祖母のやっている茶道教室に通う生徒に頼まれ、関西から越してきてクラスに馴染めずにいるという彼女の甥っ子、村林優に落語を教えることになる。そこへ、美人だが無愛想な十河五月、元プロ野球選手で現在は野球解説者であるが、口下手ゆえに解説が上手く出来ない湯河原太一が集まり、落語教室が始まるが…


予告ではまぁ良さそうだったかな、って感じだったんだけど、そもそも落語に興味がないのと、予告で流れた香里奈の「どうやったら喋れるの。口のききかた」って台詞の回し方があまりにヒドくて、劇場で観る気をなくしてしまったのでした…
落語を習うことで喋りって上達するのかなあ。その辺がちょっと疑問。無理矢理落語と喋り方教室をくっつけたようで、違和感。まぁ、落語を習うっていうのは1つのきっかけなんだろうけどね。
十河の場合、口の聞き方というより人との付き合い方な気がするし、村林は根が明るい子だから、転校生ゆえの疎外感はあったにせよ、そのうち馴染んでいったと思うし(発表会にクラスの子が来てくれてたしね)。まぁ、湯河原は本当に口下手なんだけど。

落語を通じた成長物語としてはいいと思うけど、最後のラブフラグは余計だったね。普通の成長物にしておけば良かったのに。
そもそも、親しくはなっていっていても、三つ葉→十河のラブはあんまり感じなかったけど…(ま、そもそも郁子へのラブもあまり感じなかったけどさ)。ラストがすごく取ってつけたようで余計に感じました。

そもそも落語に興味がないので、上手い下手がよくわからないんだよ…。これは観る側の問題なので、本当に申し訳ないけど。三つ葉が「火焔太鼓」を演じるシーンがクライマックスなのだろうと思うけど、正直まったくわかりませんでした…。あれ、途中で切ったりしない(長回しでも全部流す)方が良かったんじゃないかな?

キャラクターはそれぞれそれなりに馴染んでいたと思う。国分太一が落語家に観えるかどうかはともかく(笑)頑張っていたと思うし。良かったのはやはり伊東四朗と八千草薫ですが。

評価:★★★(3.0)
まぁそこそこ。ラストの展開が台無しにしているけど、悪くはないです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
(2007/11/09)
国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:平山秀幸
出演者:国分太一、 香里奈、 森永悠希、 松重豊
収録時間:109分
レンタル開始日:2007-11-09

Story
2007年本屋大賞を受賞した佐藤多佳子の原作を、国分太一主演で映画化。東京の下町を舞台に、不器用な人間たちの友情と成長を描く。ひょんなことから「話し方教室」を始めることになった二つ目の落語家・今昔亭三つ葉の下に、ワケありの3人が集まる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
しゃべれども しゃべれどもしゃべれども しゃべれどもしゃべれども しゃべれどもしゃべれども しゃべれども


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
(2000/05)
佐藤 多佳子
商品詳細を見る

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:平山秀幸 国分太一 香里奈 森永悠希 松重豊 八千草薫 伊東四朗 佐藤多佳子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
落語家の数は上方を含めて600人以上という、本業にあぶれることも多く、結婚式での司会やカルチャー教室といった副業も多い・・人情噺の感動の物語・・ 今時珍しく常に着物をまとい古典しかやらないという二つ目の落語家今昔亭三つ葉(国分太一)は、師匠の今昔?...
2009年06月19日 (金) 00:31:33 |  茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
監督、平山秀幸。脚本、奥寺佐渡子。原作、佐藤多佳子。2007年日本。青春映画。出
2009年06月20日 (土) 07:42:32 |  erabu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。