FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > さ~そ > それでも恋するバルセロナ
それでも恋するバルセロナ 
2009年07月12日 (日) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
それでも恋するバルセロナそれでも恋するバルセロナ/VICKY CRISTINA BARCELONA
2008年/スペイン、アメリカ/96分
監督: ウディ・アレン
出演: ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス/スカーレット・ヨハンソン/パトリシア・クラークソン/ケヴィン・ダン
公開: 2009年06月27日
公式サイト

親友同士だけど、性格はまるで正反対のヴィッキーとクリスティーナ。慎重派のヴィッキーは堅実なボーイフレンドと婚約中、奔放なクリスティーナは自由な恋愛を楽しんでいた。ヴィッキーの親戚が住むバルセロナでひと夏を過ごすことになった2人は、元妻と刃傷沙汰を起こしたというセクシーな画家、ファン・アントニオと出会う。ファン・アントニオは2人をオビエドに誘い、クリスティーナは興味津々、ヴィッキーは彼に拒否感応を示すが、結局2人はオビエドへ向かう。クリスティーナとファン・アントニオはいい雰囲気になるが、クリスティーナが体調不良で倒れたことから、ヴィッキーとファン・アントニオは2人で観光することに。ファン・アントニオを毛嫌いしていたヴィッキーも、次第にファン・アントニオに惹かれていき、雰囲気に流されて関係を持ってしまう。何も知らないクリスティーナはファン・アントニオと付き合うようになり、2人は一緒に暮らし始める。ファン・アントニオを忘れられないヴィッキーは複雑な思いで2人を見つめていたが、そこへ、ファン・アントニオが精神的に不安定になったという元妻マリア・エレーナを連れてきたことから、恋模様は複雑に絡まり始め―――――


これが3本立ての3本目。
公式サイトでキャラ診断したら、クリスティーナでした(笑) それ違うから。どっちかってーとヴィッキータイプです。たぶん。
軽~く観られるラブコメ。正直、勝手にしてって感じ(笑)
クリスティーナは、マリア・エレーナが言うとおり、自分は普通ではない、特別だと思っていながらも、実は一番普通なんじゃないかなーと思ったり。クリスティーナがいなくなって、ファン・アントニオとマリア・エレーナが喧嘩ばかりになったというのも笑える。
ヴィッキーは普通にウザいですね(笑) うじうじして、自分に言い訳しながらでないと行動できない。こういう人は何か起こっても、決して自分のせいじゃない、相手が悪いんだと言うんだろうなー。

ペネロペはこれでアカデミー賞助演女優賞を獲得。エキセントリックな天才画家がハマっていた。…が、オスカー獲るほどなのかはなんとも…うーん。個人的には「ボルベール〈帰郷〉」の彼女の方が良かった。

実生活でもペネロペと恋人同士のハビさま。素敵です はあと これが、全身麻痺のハゲたおっさんで、おかっぱ頭の殺人鬼?嘘でしょ~??ってくらいの色男ぶり。あれで「オビエド行こう」って言われたらやっぱり行っちゃうな~(笑)

バルセロナの町並みは美しかったし、音楽も良かった。スパニッシュギターいいなあ。

評価:★★★(3.0)
ダレる暇もないほど展開が早いので、退屈はしない。軽く観られます。
悪酔いすることが多いので、あまりワインは飲まないようにしているんだけど、あまりにもワインを飲むシーンが多いので、ちょっと飲みたくなりました。

「成就しない恋だけがロマンティック」。確かにね。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

それでも恋するバルセロナ [DVD]それでも恋するバルセロナ [DVD]
(2009/11/27)
スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデム
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ウディ・アレン
出演者:スカーレット・ヨハンソン、 ハビエル・バルデム、 ペネロペ・クルス、 レベッカ・ホール
収録時間:96分
レンタル開始日:2009-11-27

Story
ウディ・アレン監督・脚本、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン共演で描くラブコメディ。バカンスで出掛けたバルセロナで、セクシーな画家にひと目惚れした親友同士の女性の前に男の元妻も現れ、複雑でスリリングな恋模様が展開していく。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
それでも恋するバルセロナそれでも恋するバルセロナそれでも恋するバルセロナそれでも恋するバルセロナ

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウディ・アレン ハビエル・バルデム ペネロペ・クルス スカーレット・ヨハンソン パトリシア・クラークソン ケヴィン・ダン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重な?...
2009年07月13日(月) 07:40:20 |  ★YUKAの気ままな有閑日記★
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVD...
2009年07月13日(月) 23:02:12 |  我想一個人映画美的女人blog
この作品で一番楽しみにしてたのが、ペネロペ・クルス 本作でアカデミー賞助演女優賞を獲ったんだもんね(^^) ――なのに、なかなか出てこない ウディ・アレンのミューズスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールそれとハビエル・バルデムの三角関係を観せられても、...
2009年07月20日(月) 01:12:47 |  honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
この恋、想定外
2009年07月25日(土) 20:46:40 |  Addict allcinema 映画レビュー
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞?...
2009年07月27日(月) 17:47:35 |  京の昼寝~♪
上映期間終了、ギリギリ。 公開直後に買って、お財布にいれっぱなしだった前売券、やっと出番だね。 『それでも恋するバルロナ』(ウディ・アレン監督・2008米) ウディ作品には珍しく、丸の内ピカデリーにて。なんで恵比寿じゃないんだろ?? なんてちょっと不思議...
2009年08月03日(月) 22:01:43 |  ここにあるもの
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞...
2009年09月22日(火) 10:20:35 |  シネマ・ワンダーランド
バルセロナを堪能いたしました♡
2010年02月19日(金) 10:09:28 |  心の栄養♪映画と英語のジョーク
『それでも恋するバルセロナ』 久々のウディ・アレン作品。 公開時に、観に行こうかなと思ってた作品です。 アメリカからバルセロナに遊...
2010年03月07日(日) 16:15:41 |  観・読・聴・験 備忘録
それでも恋するバルセロナ 性格の違う親友二人が旅先で 知り合った男性に恋をする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Vic...
2010年03月26日(金) 04:15:20 |  『映画な日々』 cinema-days
「それでも恋するバルセロナ」★★★DVD鑑賞 ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン主演 ウディ・アレン監督、107分 、 2009年6月27日公開、2008,スペイン、アメリカ,アスミック・エース (原題:Vicky Cristina Barcelona )       ...
2010年04月18日(日) 10:18:10 |  soramove