FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > か~こ
クリーピー 偽りの隣人 
2016年07月14日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
クリーピー 偽りの隣人クリーピー 偽りの隣人
2016年/日本/130分
監督: 黒沢清
出演: 西島秀俊/竹内結子/川口春奈/藤野涼子/戸田昌宏
公式サイト
公開: 2016年06月18日

元警視庁捜査一課の刑事だった高倉幸一は、ある事件がきっかけで警察を辞め、心機一転、新居を構えて、東洛大学の教授として犯罪心理学を教えることになる。高倉が妻の康子と近所に引っ越しの挨拶に行くと、田中家の女主人は近所付き合いはしないとけんもほろろの態度。すぐ隣の西野家は留守だったため、挨拶は日を改めることに。高倉は大学で、日野市一家失踪事件の文字を目にする。それは6年前、本多家の父親と母親、長男の3人が忽然と姿を消し、修学旅行中だった中学生の長女、早紀だけが残されたという未解決の事件だった。高倉は助手のと大川と事件現場に出向くが、何か異様な雰囲気を感じ取る。数日後、高倉の捜査一課時代の部下、野上が、高倉が本田家へ行ったことを知って大学へ訪ねてくる。この事件が引っ掛かっているという野上に頼まれ、高倉は早紀に会って話を聞くことになる。その頃、康子が再び西野家を訪れると、中から西野家の主人が現れる。上手く話がかみ合わず、康子は西野に不気味なものを感じるが―――――


黒沢清が扱う題材はすっごく好みなんですが、なんせ不条理ホラーがニガテ なので、観てはやっぱり合わないなって思うの繰り返しなんですよね。そんな訳でこれも観るのがすごく怖かったのですが、とりあえず。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:黒沢清 西島秀俊 竹内結子 川口春奈 藤野涼子 戸田昌宏 香川照之 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
殺されたミンジュ 
2016年02月09日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
殺されたミンジュ殺されたミンジュ/일대일
2014年/韓国/122分
監督: キム・ギドク
出演: マ・ドンソク/キム・ヨンミン/イ・イギョン/チョ・ドンイン/テ・オ
公式サイト
公開: 2016年01月16日

05月09日、ソウル市内で女子高校生ミンジュが何者かに殺される。それから1年後、恋人を送った帰り道で、オ・ヒョンは軍服を着た謎の集団に拉致され、去年の05月09日に何をしていたか、紙に書き出せと言われる。オ・ヒョンはミンジュ殺害に関わっていたうちの1人だったのだ。しらを切ったものの、拷問を受けたオ・ヒョンは耐えられずに自らの行為を紙に書き残す。そして口外したら殺すと言い含められ、オ・ヒョンは解放される。それから後、ミンジュ殺害に関わっていたメンバーが次々に謎の集団に拉致され、同じように拷問の末、05月09日の行動を紙に書き残すように強制される。オ・ヒョンは、自分たちを拉致した謎の集団の正体を探り始めるが、メンバーを拉致する時に軍服だったり、警官だったり、あるいはマフィアのようだったり、その時によって様子が違う。いったい彼らは何者なのか? 


ギドクの新作、観とかんといかんでしょう。ってことで、漸く行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:キム・ギドク マ・ドンソク キム・ヨンミン イ・イギョン チョ・ドンイン テ・オ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
クリムゾン・ピーク 
2016年01月30日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞
クリムゾン・ピーククリムゾン・ピーク/CRIMSON PEAK
2015年/アメリカ/119分
監督: ギレルモ・デル・トロ
出演: ミア・ワシコウスカ/ジェシカ・チャステイン/トム・ヒドルストン/チャーリー・ハナム/ジム・ビーヴァー
公式サイト
公開: 2016年01月08日

NYで製鋼会社を営むカーター・カッシングの娘、イーディスは作家の卵。幼い頃に亡くなった母の幽霊を見た経験から、幽霊を題材にした小説を書いているが、出版社には相手にされずにいた。そんな中、イーディスは、自分が発明した掘削機への投資を求めてロンドンからカーターに会いにきたトーマス・シャープ準男爵と出会う。イーディスは自分の小説に興味を示したトーマスを好ましく思うようになり、彼女を思う幼馴染の医者アラン・マクマイケルは、親密さを増していく2人を見ていることしか出来なかった。トーマスと姉のルシールを胡散臭く思うカーターは、2人のことを探偵に調べさせ、トーマスたちにはイギリスへ戻って娘には近づかないように申し渡す。意を汲んでトーマスはイギリスへ帰ると宣言するが、カーターが不審な死を遂げる。1人きりになったイーディスはトーマスと結婚し、彼の住むイギリスのアラデールホールへと移り住み、トーマスとルシールと3人の暮らしが始まる。この土地は、冬になると白い雪の上に赤い粘土が露出するため、深紅の丘(クリムゾン・ピーク)と呼ばれていることを知ったイーディスは、幼い頃に現れた母親の幽霊が「クリムゾン・ピークには気をつけなさい」と言っていたことを思い出すが…


ギレルモ・デル・トロの最新作ってことで、すっごく楽しみにしてたのよー  これもあんまり上映館が多くないので、行ける時間帯を狙って行ってきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ギレルモ・デル・トロ ミア・ワシコウスカ ジェシカ・チャステイン トム・ヒドルストン チャーリー・ハナム ジム・ビーヴァー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
キャロル 
2016年01月16日 (土) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
キャロルキャロル/CAROL
2015年/イギリス、アメリカ、フランス/118分
監督: トッド・ヘインズ
出演: ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ/サラ・ポールソン/カイル・チャンドラー/ジェイク・レイシー
公式サイト
公開: 2016年02月11日

1952年、クリスマスを前に華やぐNYの百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズ・ベリベットの前に現れた1人の女性客、キャロル・エアード。彼女は手袋を忘れて帰って行き、テレーズが手袋を送り届けたことをきっかけに2人は親交を深めるようになる。キャロルと夫ハードは、幼い娘リンディの親権は共同で持つという条件で離婚協議中だった。しかし離婚を望んでいないハードは、キャロルが幼なじみの女性アビー・ゲーハードと親密な関係にあることを理由に、リンディの単独親権を申し立てる。審問までの数か月の間、リンディに会えないと知ったキャロルは、旅に出ることにし、テレーズを誘う。リチャードという恋人がありながら、どうしても彼女に心惹かれてしまう自分に戸惑いながらも、テレーズはキャロルに誘われるまま、2人で旅に出るが…


ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの2人ともオスカーノミニー! ってことで、一足早く観てまいりました~
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:トッド・ヘインズ ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ サラ・ポールソン カイル・チャンドラー ジェイク・レイシー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
海難1890 
2015年12月28日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
海難1890海難1890
2015年/日本、トルコ/132分
監督: 田中光敏
出演: 内野聖陽/ケナン・エジェ/忽那汐里/アリジャン・ユジェソイ/小澤征悦
公式サイト
公開: 2015年12月05日

1899年07月14日、オスマン帝国のフリゲート艦エトゥールル号は、皇帝アブデュルハミト2世の親書を持ち、オスマン・パシャ提督以下618名の乗組員を乗せ、大日本帝国に向けてイスタンブールを出港する。11か月の航海を経て、エルトゥールル号は横浜へと到着する。そして1890年09月15日、横浜港を経ちオスマン帝国への帰路で台風に遭ったエルトゥールル号は、和歌山県沖で遭難する。沈没を回避しようとしたものの力及ばず、機関室担当のムスタファ大尉は、べキール兵曹から、爆発する恐れが高いため艦内に避難を促すことを託される。ムスタファは艦内を走るが、その時爆発が起きる。和歌山県の紀伊大島にある樫野村でその爆発音を耳にした村民たちは、慌てて海岸へとやってくる。そこには次々と打ち上げられる人の姿があった。田村元貞医師を始めとする村民たちは、必死で彼らを助けようと奔走するが、618名のうち生き残ったのはわずか69名だった。ムスタファは生き残った自分を責め続けていたが、田村の診療所を手伝うハルの献身的な介護や船員たちを必死で救ってくれた村の人たちの真心を感じ、次第に心を開いていく。
そして95年の時が経ち、1985年、イラン・イラク戦争の停戦条約が破られ、テヘランはミサイル攻撃を受けていた。フセイン大統領は、48時間後にテヘラン上空を飛ぶ飛行機への無差別攻撃を宣言し、テヘラン在留日本人たちはイランを出国しようとするが、どこの航空会社も自国民を出国させることで精一杯で、日本人にはチケットを売ってくれずにいた―――――


積極的に観る気はなかったのですが、yahoo!映画でも評価がいいし、ちょっと時間があったので、急遽鑑賞決定。観客はおっさん4人とわたしだけでした(笑)
映画の冒頭で、トルコ大統領のメッセージが流れました。日本・トルコ友好125周年なんですって。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:田中光敏 内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ 小澤征悦 竹中直人 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
グリーン・インフェルノ 
2015年12月12日 (土) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
グリーン・インフェルノグリーン・インフェルノ/THE GREEN INFERNO
2013年/アメリカ、チリ/101分
監督: イーライ・ロス
出演: ロレンツァ・イッツォ/アリエル・レビ/ダリル・サバラ/カービー・ブリス・ブラントン/マグダ・アパノヴィッチ
公式サイト
公開: 2015年11月28日

国連の弁護士を父に持つ女子大生のジャスティンは、ある日、大学で環境保全のデモを行っているサークルに誘われ、カリスマ性のあるリーダーのアレハンドロが気になっていたジャスティンはサークルに参加するようになる。サークルでは、ペルー未開のジャングルを開拓し、先住民ヤハ族を追い立てようとしている企業とその後ろ盾となっているペルー政府に抗議するため、ジャングルへと乗り込んで、その様子を動画に撮ってネットにアップし、世論の賛同を得ようとしていた。そして彼らは森林伐採の現場で抗議活動を始めるが、ジャスティンは人質となり銃を向けられてしまう。メンバーたちは、彼女の父親が国連の職員であることを訴え、伐採を止めるように脅す。ジャスティンは解放されるが、自身の立場を利用されてわざと人質になるように仕向けられたと悟り、憤っていた。メンバーは全員逮捕されて強制送還されることになるが、その道中、乗っていたセスナがエンジントラブルを起こし、彼らはジャングルの真ん中へ墜落してしまう。何人かは墜落の衝撃で死んでしまい、生き残った数人が助けを求めて歩き出したところに、何者かが近付いてきて襲われる。それは、先住民のヤハ族だった。気が付くとジャスティン、アレハンドロ、エイミー、サマンサ、ラース、ダニエル、ジョナの7人は捕らわれてヤハ族の村へと連れて行かれる。するとジャスティンたちの目の前で、ジョナは生きながらにして解体され、喰われてしまう。ヤハ族は食人の習慣がある民族だったのだ―――――


どうしようかな~と迷ったけれど、久しぶりのイーライ・ロスだし!と思ってやっぱり行ってしまいました。
武蔵野館、小さなお化け屋敷を設置していました。閉所恐怖症気味なわたしはああいうのは1人で入れないんだけど、恐る恐る入ってみたら、そんなに大したもんじゃなかった(笑)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:イーライ・ロス ロレンツァ・イッツォ アリエル・レビ ダリル・サバラ カービー・ブリス・ブラントン マグダ・アパノヴィッチ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
恋人たち 
2015年12月08日 (火) | EDIT |
 テアトル新宿にて鑑賞
恋人たち恋人たち
2015年/日本/140分
監督: 橋口亮輔
出演: 篠原篤/成嶋瞳子/池田良/安藤玉恵/黒田大輔
公式サイト
公開: 2015年11月14日

橋梁検査の会社で働く篠塚アツシは、3年前に通り魔に妻を殺されて以来、その痛手から立ち直れずにいた。ある日、アツシは犯人が心神耗弱で措置入院となったというニュースを目にする。
同居している姑とも馬が合わず、夫は自分に無関心で、鬱々とした日々を送っている高橋瞳子は、弁当屋のパート仲間と皇族の追っかけをしたり、小説や漫画を描くことで気を紛らわせていた。瞳子はひょんなことから、弁当屋へ肉を卸している業者の藤田弘と親しくなる。
企業法務専門の弁護士、四ノ宮はエリート意識が強く、他人を見下す態度を取りがちで、一緒に暮らしている同性の恋人に対しても高圧的な態度で接している。そんな中でも、学生時代からの友人、聡とは親しく付き合っていた。しかし、聡が家族を連れて、骨折した四ノ宮の見舞いに来て以来、聡の態度がよそよそしくなっていく―――――


混んでいるんだろうな~と思って行ったら、やっぱり混んでました。水曜日だったせいもあると思うけど、観に行く方はご注意を。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:橋口亮輔 篠原篤 成嶋瞳子 池田良 安藤玉恵 黒田大輔 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
コードネーム U.N.C.L.E. 
2015年11月10日 (火) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
コードネーム U.N.C.L.E.コードネーム U.N.C.L.E./THE MAN FROM U.N.C.L.E.
2015年/イギリス/116分
監督: ガイ・リッチー
出演: ヘンリー・カヴィル/アーミー・ハマー/アリシア・ヴィカンダー/エリザベス・デビッキ/ジャレッド・ハリス
公式サイト
公開: 2015年11月14日

1963年、東西冷戦真っただ中のドイツ、ベルリン。2年前から行方不明となっていたナチスの研究者だったウド・テラー博士が、最近ローマに現れたという。テラー博士はウランの濃縮過程の短縮を研究しており、この技術がソ連に渡るとまずいことになるため、CIAのスパイ、ナポレオン・ソロは、テラー博士の娘ギャビーことガブリエラ・テラーと接触し、博士の行方をつかんで、博士と研究内容が収められたディスクを保護することを命じられる。そして同様に、KGBのスパイ、イリヤ・クリヤキンもギャビーに接触しようとしていた。ギャビーを巡ってかち合った2人は死闘を繰り広げるが、決着がつかず別れた翌日、再び顔を合わせることに。海運会社ヴィンチグエラ海運がテラー博士の失踪に関わっているという情報をつかんだCIAとKGBは、一時的に手を組むことを決め、ソロとクリヤキンにコンビを組んで、ギャビーと3人でテラー博士の情報をつかむように命ずる。女に目がないプレイボーイのソロと生真面目なクリヤキンは肌が合わず、反目しながらも、アレグザンダー・ヴィンチグエラと妻ヴィクトリアが主催するパーティーへと潜り込むが―――――


ガイ・リッチーの新作なので、観ようとは思っていたのですが、試写が当たりましたので一足先に観てきました。
上映前にイベントがあって、とにかく明るい安村と福山雅治のモノマネ芸人の大山(すみませんが初めて観ました)と橋本マナミが来てなんかやってましたが、スベリまくってました。イベントはいいけど、呼ぶんだったら映画と関係のあるゲストにして欲しいわ。出てきた瞬間、会場は ( ゚Д゚)ポカーン でしたよ。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:ガイ・リッチー ヘンリー・カヴィル アーミー・ハマー アリシア・ヴィカンダー エリザベス・デビッキ ジャレッド・ハリス ヒュー・グラント 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
劇場版 MOZU 
2015年11月08日 (日) | EDIT |
 試写会にて鑑賞
劇場版 MOZU劇場版 MOZU
2015年/日本/116分
監督: 羽住英一郎
出演: 西島秀俊/香川照之/真木よう子/池松壮亮/伊藤淳史
公式サイト
公開: 2015年11月07日

妻子が死んだ謎を追っていた警視庁公安部の倉木尚武警部。捜査一課の大杉良太警部補と公安部の明星美希巡査部長と共に警察内部の闇を暴き出したが、倉木の妻子の死の真相と、“ダルマ”と呼ばれる都市伝説のような存在の謎は解けずに残っていた。
ある日、高層ビルで起こった立てこもり事件と同時刻、倉木は大使館ナンバーの車が襲われているのを目撃し、助けに入るが、乗っていた母親は重傷を負い、知的障害を持つ16歳の娘エレナは行方不明となっていた。大杉は一連の事件の後警察を辞め、探偵事務所を構えていたが、娘めぐみとの待ち合わせの途中で少女を見つける。その少女こそが行方知れずとなっていたエレナだった。大杉はエレナを元同僚の鳴宮啓介巡査長の元に預け、めぐみとの待ち合わせ場所へ向かうが、めぐみは大杉の事務所へ来ており、そこへエレナ奪還を狙ったテログループの権藤剛が現れる。めぐみは拉致されてしまい、大杉は娘と引き換えにエレナを連れてくるよう要求されるが―――――


ドラマは観ていたけれど、金を払ってまで映画を観るかどうか迷っていたんですが、ラッキーなことに試写会が当たりまして。一足早く観られたにもかかわらず、予定がコミコミで公開前にアップ出来ませんでした(泣)
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:☆試写会☆
GENRE:映画
TAG:羽住英一郎 西島秀俊 香川照之 真木よう子 池松壮亮 伊藤淳史 長谷川博己 松坂桃李 伊勢谷友介 ビートたけし 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
顔のないヒトラーたち 
2015年11月07日 (土) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
顔のないヒトラーたち顔のないヒトラーたち/IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS
2014年/ドイツ/123分
監督: ジュリオ・リッチャレッリ
出演: アレクサンダー・フェーリング/アンドレ・シマンスキ/フリーデリーケ・ベヒト/ヨハネス・クリシュ/ハンジ・ヨフマン
公式サイト
公開: 2015年10月03日

1958年、ドイツのフランクフルト地方検察庁。駆け出しの検事ヨハン・ラドマンは、扱う案件が交通違反などの小さいものばかりであつことにうんざりしていた。ある日、トーマス・グニルカという記者が、アウシュビッツの生存者である友人シモン・キルシュを連れ、ナチスの武装親衛隊伍長だったアロイス・シュルツが違法に教師として働いていると告発しにやって来る。その場では誰も相手にしなかったが、気になった ヨハンが調べると、シュルツの戦時中の記録がなかった。ヨハンは検事正にシュルツの免職を訴え、了承される。ヨハンはトーマスにそのことを伝えるが、免職はその場しのぎの嘘であり、ヨハンを始めとする若者たちは、アウシュビッツで行われていたことを知らないと指摘する。ヨハンはトーマスと親しくなり、アウシュビッツのことを知るにつれて、裁判で断罪しようと考え、捜査を始めるが―――――


別の作品を観ようと思って、間違ってチケット取っちゃったのね(笑) でも興味がなかった訳じゃないので、まぁいっかと観てきました。
[READ MORE...]

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジュリオ・リッチャレッリ アレクサンダー・フェーリング アンドレ・シマンスキ フリーデリーケ・ベヒト ヨハネス・クリシュ ハンジ・ヨフマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。